1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 老化防止のカギは? 皮膚科医・友利新先生が愛用する2つのコスメ

老化防止のカギは? 皮膚科医・友利新先生が愛用する2つのコスメ

9,981

_EMI9053_02

健康から美容まで、テレビや雑誌などで医師の観点からさまざまなアドバイスを行っている友利新先生

2004年に準ミス日本に選出、現在は仕事と2児のママ業で多忙を極める友利先生ですが、40歳を過ぎても疲れを見せない美肌をキープしているのはなぜ? 毎日の美容習慣をお聞きしました。

「炎症」を起こさないことが老化防止のカギ

_EMI9021_02

「肌ケアで最も重要なことは、紫外線対策です。なぜなら、肌が老化する原因の約7割は、紫外線によるダメージだから。

そのほか、食生活や乾燥、大気汚染、ホルモンの乱れなども老化の原因です。これらの肌へのダメージは、『炎症』を引き起こし、老化させていきます」(友利先生)

炎症とは、血管に細かいダメージが起き、それがどんどん広がっていくようなイメージ。見た目にはわかりませんが、体内でじわじわと進行しているのだそう。肌が老化する=炎症が起きていると言えます。

「炎症が起きると、そこからダメージを助長する化学物質などが入り込みやすくなり、さらに炎症が広がってしまいます。まるでドミノ倒しのような状態です。

炎症がひとつのシグナルになって『シミをつくりなさい』『コラーゲンやエラスチンを切りなさい』など、いろいろなことが起きてきます」(友利先生)

ただし、炎症は悪いことばかりではないようです。

「たとえば日焼けをするとメラニン色素が生成され、肌が黒くなりますね。あれも炎症作用のひとつです。肌は紫外線に対して、メラニンを作る、という炎症を起こして対抗しているのです。人間には、異物が入ってきた時に免疫が反応して炎症を起こし、正常に戻すという機能も備わっています。

炎症が起こらない体は外的刺激に弱かったりするので、炎症で異物を外に出すことは大切。つまり、炎症が“過剰に”起きないバランスが重要なのです」(友利先生)

友利新先生が愛用し続けているアイテムは?

_EMI8998_02

紫外線は炎症の元。友利先生のスキンケアは、とにかくUVケアを意識したもの。

季節を問わず、天気を問わず、雨が降ってもUV対策は必要です。顔だけでなく、肌が露出しているところはすべて。男性にもUVクリームを塗ることをおすすめします。

SPFの数字が高いと肌に負担、と思っている人が多いようですが、そんなことはありません。SPF1=10分の持続性ですので、SPF20なら200分、SPF50なら500分(約8時間)の紫外線防止効果がある、ということです。

私は一年中、SPF50のクリームを使っていますが、肌に強すぎるということはありません」(友利先生)

UVケアアイテムは、自分の肌に合うものなら、どんなものでもOKとのこと。最近は肌に優しい処方のものもたくさん出ています。

友利新先生愛用コスメ2つ、クリニークとラロッシュポゼ

左から:クリニーク フレッシュ プレスト C10 デイリー ブースター ビタミンC*をフレッシュなうちに使い切る「集中ケア」シリーズ 8.5ml(商品は4包入り) 10,800円(税込) *アスコルビン酸:製品の抗酸化剤、ラロッシュポゼUVイデア XL 普通肌~乾燥肌 日やけ止め・化粧下地(無色)SPF50/PA++++ 30g 3,672円(税込)

「この<ラロッシュポゼUVイデア XL>は医師が開発し、元々医療従事者のために作られたという歴史があるもの。敏感肌の人でも安心して使えるように、皮膚科でも取り扱っています。私はこれを手放せず、もう何十本も使い続けています

そして、浴びてしまった紫外線をなかったことにしてくれるのがビタミンC。

クリニークの<フレッシュ プレスト C10 デイリー ブースター>を導入美容液として使っています。1本を7日で使い切るフレッシュタイプ。ビタミンCは抗酸化作用がとても強い一方、酸化もしやすいので個包装になっているものがおすすめです。

この2つのアイテムは、炎症を起こさないようにするための必須2アイテム。朝晩使っています」(友利先生)

スキンケアでは化粧水と美容液を2種類ずつ使う。その理由は?

_EMI9085_02

ちなみに、友利先生の毎日のスキンケアを聞いて驚き。

洗顔後、ブースター→化粧水2種類(保湿と美白)→美容液2種類→クリームという贅沢スキンケアなのだそうです。

「忙しくてスペシャルケアをする時間が取れないため、朝晩のスキンケアをたっぷりおこないます。美容液は目的に応じてさまざまな商品がありますので、シミに効くもの、しわ改善のものなど、目的に応じて使い分けています」(友利先生)

でも、自分は何を使えばいいか悩んでしまいますよね。

「最近の化粧品は、各社かなり研究が進んでいて本当によくできています。雑誌などで“ベストコスメ大賞”の審査員をさせていただく機会も多いのですが、よい商品が多すぎて悩んでしまうほど。

『昔から、スキンケアはこれだけ』と、アップデートしていない人も多いのですが、年齢に応じてアイテムは変えたほうがいいし、最新のものは効果も実感しやすくなっています。

シミ悩みなら美白、たるみ悩みならハリ美容液など、肌悩みに合ったスキンケアを積極的に試してみて。スキンケアに関しては、ミーハーになることをおすすめします」(友利先生)

後編は、炎症を改善する食事法についてお届けします。

インタビュー後編はこちら

医師・友利新先生が話す「間違いだらけのオイル選び」。本当に摂るべきは?

医師の友利新先生インタビュー後編。現代人は、体内に炎症を起こしやすい=老化しやすい食生活になりがちなのだそう。体の中から老化を予防するために気をつけ...

https://www.mylohas.net/2019/02/183918tomori_arata02.html

友利新先生

友利新(ともり・あらた)先生

医師(内科・皮膚科)。日本内科学会会員、日本糖尿病学会会員、日本皮膚科学会会員、抗加齢学会会員。沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・テレビなどで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数あり、近著に『Dr.友利の美容科へようこそ マタニティ外来偏』(講談社発刊)がある。

撮影/山辺恵美子、取材・文/島田ゆかり、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)

島田ゆかり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?