1. Home
  2. STYLE
  3. 花粉の季節到来!インテリアに合わせやすくパワフルな「±0」の空気清浄機

花粉の季節到来!インテリアに合わせやすくパワフルな「±0」の空気清浄機

1,096

いよいよ今年も本格的な花粉の季節がやってきます。敏感な人は、すでに症状が出始めていますよね。そろそろしっかり対策しなければと思ったときに、欠かせないものとしてだけでなく、インテリアに溶け込むとより使いたくなります。そんな空気清浄機が「±0(プラスマイナスゼロ)」にありました。

インテリアになじむデザイン

空気清浄機C030

“ちょうどいい”がコンセプトの「±0」。機能やデザイン、さらに価格もちょうどいいを考えてデザインされているブランドです。

魅力的だけど高価すぎるとなかなか手に入れられませんが、まさにそのあたりが絶妙。15周年を迎え、新商品として発表された「空気清浄機C030」も、機能を追求しつつも、リビングのインテリアになじむデザインです。

円形で66本のスチール製の中空パイプをなんと1本ずつ溶接して取り付けられたという外観は、竹かごがイメージで和洋どちらの部屋にも合わせやすく、空気清浄機は部屋の隅の壁側に置くという概念も変わります。

360度から集塵できる効率の良さと、天面は空気の流れが整いやすいように異なる向きのスリットが入れられています。スイッチも目立たないので、空気清浄機といわれなければ、オブジェと間違えるかも。

フィルターを遮るものを極力なくしたパワフル設計

空気清浄機C030

4層一体型フィルターで、花粉やPM2.5などをキャッチし、菌やカビを抑制し、気になる臭いも脱臭できます。また、フィルターが床に接していないため、フィルターの下にも空間があります。

まさに、360度フィルターを遮るものがなく全方向から空気を吸い上げるため、このサイズでパワフルさが実感できます。「30畳まで対応可能で、リビングにつながるお部屋のドアもオープンにすれば、みなさんが集まるスペース丸ごとクリーンにできますよ」と、教えていただきました。

運転モードも5種類あり、静音や花粉モードなど、そのときのシチュエーションで変更できるのも便利です。

空気清浄機C030

リビング、玄関、寝室など、花粉のピーク時にはいくつも空気清浄機が欲しくなりますが、これならパワフルで、かなりのエリアをクリーンにしてくれますね。コンパクトなので、女性でも持ち運べるから、使いたい場所に移動させるのも簡単です。

本格的な花粉の季節を前に、そろそろ準備するのもいいかもしれません。

空気清浄機C030

「空気清浄機C030」ホワイトとディープブルーの2色展開。各45,360円(税込)

そろそろ花粉対策をはじめましょう

鼻水をぴたっと止める! 花粉症ケア&インフルエンザ対策は、ビタミンDの力を借りて。

気づけば花粉症のシーズンはすぐそこ。今年の飛散量は全体的に去年よりやや少ないものの、例年に比べてやや多め、といった様子のようです。2月中旬あたりから...

https://www.mylohas.net/2019/01/182910hayfever.html

占いライターが5年飲み続ける、鼻炎対策と風邪予防のためのお茶は?

占い師、ライターの涼月くじらさんが、鼻炎対策と風邪予防、ダイエットもサポートする飲みものは? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者...

https://www.mylohas.net/2019/01/181854health_ryogetu_kujira.html

±0

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン