1. Home
  2. BODY
  3. 「たった1回の腕立て伏せ」から始めるダイエット成功の秘訣

「たった1回の腕立て伏せ」から始めるダイエット成功の秘訣

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

16,960

田邉愛理

「食べてはいけない」という思考はリバウンドのもと。自分の潜在意識に働きかけ、行動をほんの少し変えることで減量を成功させる、目からウロコの「小さな習慣」をお届けします。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

「私がやるべきことはたった1回の腕立て伏せです。だから、その1回をやりました。そして、やり終えたとき、私の人生は変わりました」

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』2~3ページより引用)

今度こそ運動を習慣にしようと思うのに、続けられない。多くの人がそんな経験をしていることでしょう。

小さなダイエットの習慣』の著者である、ライターのスティーヴン・ガイズ氏もその一人。自宅で30分の運動をするというチャレンジを始めたものの、どうにも無気力でやる気が起こらず、自分に嫌気がさしていました。

そこで思いついたのが、「たった1回だけ腕立て伏せをすること」。すると、「せっかくだからもう何回かやってみよう」「ほかのトレーニングもやってみよう」とやる気がわいて、難なく30分の運動を実行できたのです。

このとき著者が気づいたのは、「失敗のしようがないほど小さなことから始める」という習慣化のメソッド。これならできない罪悪感に悩まされることも、大きな目標に怖じ気づくこともありません。

この日以来、「毎日少なくとも腕立て伏せを1回すること」を自分に誓った著者。最終的には週2、3回のジム通いを習慣化したばかりか、「小さな習慣」を応用してさまざまな成功を手にすることに。ベストセラー作家となったこともそのひとつです。

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。まずは毎日1回の腕立て伏せを「小さな習慣」にしてみてください。きっと変化が感じられるはずです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

すぐ使えるダイエットのメソッド

おやつ、アルコール、運動はどうする? 40代が体重を減らす具体的な方法7つ

年齢を追うごとに増えやすくなる体重。40代過ぎから体重を減らすために押さえておきたいポイントをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/183587diet.html

40代の体重が落ちにくい理由と、きっちり減らすための基本ルール

年齢を重ねると痩せにくくなる?でも大丈夫。代謝が遅くなっても工夫さえすれば引き締まった身体を手に入れられます!

https://www.mylohas.net/2019/01/183475diet.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    2. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    3. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    4. 自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

    5. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    6. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    10. 塗って焼くだけ、15分の簡単おかず。鶏もも肉の酒粕味噌焼き

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    10. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    7. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?