1. Home
  2. BODY
  3. 「たった1回の腕立て伏せ」から始めるダイエット成功の秘訣

「たった1回の腕立て伏せ」から始めるダイエット成功の秘訣

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

17,007

田邉愛理

「食べてはいけない」という思考はリバウンドのもと。自分の潜在意識に働きかけ、行動をほんの少し変えることで減量を成功させる、目からウロコの「小さな習慣」をお届けします。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

「私がやるべきことはたった1回の腕立て伏せです。だから、その1回をやりました。そして、やり終えたとき、私の人生は変わりました」

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』2~3ページより引用)

今度こそ運動を習慣にしようと思うのに、続けられない。多くの人がそんな経験をしていることでしょう。

小さなダイエットの習慣』の著者である、ライターのスティーヴン・ガイズ氏もその一人。自宅で30分の運動をするというチャレンジを始めたものの、どうにも無気力でやる気が起こらず、自分に嫌気がさしていました。

そこで思いついたのが、「たった1回だけ腕立て伏せをすること」。すると、「せっかくだからもう何回かやってみよう」「ほかのトレーニングもやってみよう」とやる気がわいて、難なく30分の運動を実行できたのです。

このとき著者が気づいたのは、「失敗のしようがないほど小さなことから始める」という習慣化のメソッド。これならできない罪悪感に悩まされることも、大きな目標に怖じ気づくこともありません。

この日以来、「毎日少なくとも腕立て伏せを1回すること」を自分に誓った著者。最終的には週2、3回のジム通いを習慣化したばかりか、「小さな習慣」を応用してさまざまな成功を手にすることに。ベストセラー作家となったこともそのひとつです。

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。まずは毎日1回の腕立て伏せを「小さな習慣」にしてみてください。きっと変化が感じられるはずです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

すぐ使えるダイエットのメソッド

おやつ、アルコール、運動はどうする? 40代が体重を減らす具体的な方法7つ

年齢を追うごとに増えやすくなる体重。40代過ぎから体重を減らすために押さえておきたいポイントをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/183587diet.html

40代の体重が落ちにくい理由と、きっちり減らすための基本ルール

年齢を重ねると痩せにくくなる?でも大丈夫。代謝が遅くなっても工夫さえすれば引き締まった身体を手に入れられます!

https://www.mylohas.net/2019/01/183475diet.html

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    8. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?