1. Home
  2. MIND
  3. 愛しているからこそ気をつけたい。「重い女性」を卒業するための3つのコツ

愛しているからこそ気をつけたい。「重い女性」を卒業するための3つのコツ

運命を変えるマインド革命

4,116

斎藤芳乃

愛

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。つい相手への態度が過剰になってしまい、負担に思わせてしまったり、なぜか冷たくされてしまったり、相手への好意はとても難しく、「好きだから」こそ問題が発生することもあるものです。

特に、大切だからこそ相手に「重い」と思わせてしまう態度や言動は避けたいものの、好きだからこそやってしまうことってありますよね。

今回は、こうした「重さ」を、男性にとっての嬉しい「配慮」に変えるためのコツについてお伝えしていきたいと思います。

重さの定義って?

強引

まず、相手にとって「重い」と思ってしまう理由は、どんなものがあるのでしょうか? 代表的なものを見ていきましょう。

  • 過剰な愛情を押し付けられている
  • 言葉ではなく、不機嫌さを態度や行動で示される
  • いつも何かしら期待をかけられている
  • 感情をぶつけられて慰めなければならないなど、情緒不安定な態度に合わせなければならない
  • 一方的に「幸せにしてよ!」と依存され、自由がない

愛しているからこそ、ついこうした行動をしてしまうこともありますよね。

しかし、「つい」やってしまうことが、あまりにも何度も繰り返されると、相手もうんざりして離れてしまう……ということが起こりがちです。

彼と、もっと重さを感じさせない健全な愛を育むためには、どのように行動していけばいいのかを見ていきましょう。

「犠牲女子」を卒業するための3つのコツ

1.愛情の押し売りをしない

気配り

つい、相手が好きだからこそやってしまうのが、「愛情を伴ってはいるけれど、自分も苦しむような行動」です。

好きだから、自分がちょっと犠牲になってもご飯を作ってあげたり、愚痴を聞いたり……、相手の世話を焼いてしまう

相手が言った一言に傷付いても、つい我慢をしてしまう。そして後になって我慢しきれなくなり、感謝をしてくれない冷たい相手に対して怒りを爆発させてしまったり。

このように、「良かれと思って辛いけれど頑張ってすること」は、無意識に相手に感謝を押しつけてしまったり、見返りを要求していたりと、後々無理が出やすくなります。

そのため、最初から自分が苦しい!と思わないことだけするように心がけてみましょう

気配り女子は、自分が辛くならない程度に相手に優しくしたり、体に負担のない手伝いをしたりと、愛情を与えるのが上手です。

2.思った以上に期待しない

わがまま

本当は素敵なお店にエスコートしてくれたらいいのに。本当はもっと、優しい言葉をかけてくれたらいいのに。誰しも、こうした相手への期待はあるもの。

しかし、こうしていつも「こうしてくれないかな」と心の中で思っていると、その期待が無意識に言葉や態度となって、相手にプレッシャーをかけてしまいます

やってもらいたいことがあるのは悪いことではありませんが、相手に無理をさせるようなワガママは控えるようにしてみましょう。

それよりも、相手のことを気遣ったり、小さなことに感謝をしたり、側にいてくれることを大切にしたり。

すでに与えられているものを感謝して相手に優しく接する方が、相手もあなたの存在に癒され、安心し、愛を与えてくれるようになります。

3.「相手はエスパーじゃない」を合い言葉に

素直

最後に大切なことが、「相手はエスパーじゃない」ということ。自分の心の中だけで思っているにも関わらず、それを「なぜ分かってくれないの?」と不満を持ったり、それを言葉にせず態度にしてしまったり。

こうした無言の圧力が、相手にとっては「コミュニケーションできない=いちいち感じなきゃいけないのが面倒だし重い」となってしまいます。

相手はエスパーではありません。自分が感じていること、思っていること、希望していることは、「わかってくれたらいいな」ではなく、きちんと言葉にすることが大切です。

特に、「こうしてほしい」、「今、こんな気持ちだったんだ」、「私は○○だと思っているけれど、あなたはどう思ってる?」というように、確認するようにしてみましょう。

それだけで、あなたの心遣いが伝わるようになります。ちょっとしたことで犠牲になってしまったり、その反対に「細やかに配慮できる素敵な女性だね」と評価されたり……、愛情って、加減が難しいですよね。

この機会につい重くなりがちなクセを修正して、華やかな気配り女子として、あなたも相手もHappyな関係を作っていってくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via shutterstock

私を輝かせるヒント

新しい世界への扉を開く!「潜在意識」を書き換える3つのステップ

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、潜在意識による思い込みを...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind03.html

マウンティングや他人の評価に振り回されずに、自分らしく生きる方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、マウンティングや他人の評...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind02.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた