1. Home
  2. EAT
  3. スパゲッティ。イチゴを一緒に食べると味が締まる【こぐれひでこの「ごはん日記」】

スパゲッティ。イチゴを一緒に食べると味が締まる【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

7,247

こぐれひでこ

スパゲッティ

あさごはん

【1月12日】朝ごはん:暗い。寒そう。雪が降りそう。生ジュース、マフィン、目玉焼き、トム(チーズ)、ウインナーソーセージ、茹でキャベツ、苺、ヨーグルト、café au lait。

キャベツ

本年初めての買い物ドライブに出発。煮込み料理に使うと美味しいサボイ・キャベツ。綺麗な形だ。珍しく大粒の雨が降った。

スパゲッティ

昼ごはん:アンチョビとニンニクと小松菜とイチゴとパルミジャーノのスパゲッティ。イチゴを一緒に食べると味が締まる。

ドーナツ

しばらく食べていなかった「すかなごっそ」のあんドーナツ、復活しました。

刺身

夜ごはん:太刀魚の刺身(皮を炙ったものと炙っていないもの、食べ比べ。炙った方が身がぷるんとするような気がした)。

焼き魚

太刀魚の塩焼き。すだちと塩で食べる。ああ、美味しい。

牡蠣

焼いた牡蠣(牡蠣が持つ塩気だけでとても美味しい)

手巻き寿司

甘エビの手毬寿司(醤油につけておいた甘エビ。甘味料を使っていないのに、甘い。なるほど、だから甘エビというのか)。

赤だし

身を出した残りの甘エビの頭や殻をグリルで焼いてから、昆布と鰹節の出汁に加えて、さらにダシをとったものの、セリの赤だし味噌汁(う〜、説明が長すぎ!)。でも、とっても旨い。

アイス

最後は苺のアイスで締めました。野菜が少ない。生食料理が多い。反省すべき点、あります。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

卵、乳製品、小麦を食べない人も楽しめる! ひよこ豆粉クッキー

今回は、低脂肪&高タンパク質の「ひよこ豆の粉」が主役。ヴィーガン&グルテンフリーのクッキーをご紹介します。かめばかむほど味わいのあるクッキー!

https://www.mylohas.net/2019/01/183277cookie.html

風邪気味&肝臓がお疲れなときに飲みたい!簡単たら&ターメリックスープ

旬のたらをアレンジした、バリのアヤム風スープ。ターメリックやしょうが入りで、風邪予防をはじめ、年末年始に飲みすぎ、食べすぎた人にもおすすめです。

https://www.mylohas.net/2019/01/182446_kelly21.html

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由