1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

Sponsored by ELGC株式会社

20190123_0001

仕事が終わり、楽しみなのは家で過ごす夜のひととき。疲れを癒すだけでなく、好きなことやセルフメンテナンスもして翌日のモチベーションアップにもつなげたい大切な時間です。

しかし、片付けや洗濯といった家事、残した仕事などに追われてしまい、やりたいことができていないというのが多くの女性たちの実情ではないでしょうか。

慌ただしく過ぎていく夜時間を管理する方法は?

002shutterstock_1114359287

やるべきタスクをスムーズに済ませ、夜の時間を有意義に過ごすためのメソッドがあるなら頼りたいもの。今回お話をうかがったのは“習慣化”のコンサルティングを行う古川武士さんです。

時間に追われてしまうのは「完璧主義」のせい?

「時間がない人に共通するのは、何につけても“完璧”にやろうとしてしまうこと」と古川さん。夜にやりたいことを挙げればキリがありませんが、帰宅してから寝るまでの時間はじつに限られています。

001shutterstock_475732807

「 そこで大切なのが、夜にやりたいこととやらないといけないことを“見える化”することです。自分の理想と現状のToDoリストを書き出してみてください。

いつも忙しくて時間に追われがちな人は、明らかにToDoリストが多すぎるということに気づくはずです」(古川さん)

夜の時間を有意義に使うためには、夜だけではなく“24時間”をトータルで見直してみることも大切。

夜だけでは時間が足りないならタスクを朝や週末にまわしたり、できなかったことを吸収する「自由時間」を設ける工夫をしたりして、“完璧”という理想を捨てましょう

タスクをスマートにこなすカギは「魔法の15分」

003shutterstock_1007491573

片付け、仕事のメールチェック、入浴といった夜のタスクをテキパキとこなすために、古川さんがすすめるのはひとつのタスクを「15分」で区切ること。

自由時間と睡眠時間を犠牲にすることなく、タスクは「できるところまで」と割り切ることが大切だそうです。

「5分だと物足りないし、30分を捻出するのはなかなか大変。でも15分を意識してタスクに向き合ってみると、30分かけるよりむしろ効率よく動けるんです。僕は『魔法の15分』と呼んでいますよ」(古川さん)

実際に古川さんのアドバイス通りに15分で片付けに挑戦してみたところ、「よーいドン!」とゲーム感覚で楽しむことができ、いつもより片付けがはかどりました。

アラームが鳴ったら次のタスクに取り掛かるもよし、時間があるならあと15分続けるもよし。自分のなかでいったん区切りをつけることを意識してみましょう。

“これだけはやる”という「センターピン」があるとうまくいく

自分が思い描く通りに時間を使うために、設定したいのが「センターピン」これさえやれば全体がうまく行くという流れを決めるカギとなるものです。

「たとえば、帰ってすぐテレビをつけてしまうとその後の“ダラダラ”につながりかねません。

帰ったらすぐお風呂に入る、まず洗濯をするといったタスクのひとつをセンターピンにして先に済ませてしまうのもいいかもしれません。

『これから始めれば、そのあとの流れが変わってくる』というタスクをご自身なりに探ってみてください」(古川さん)

00shutterstock_243577255

また、一番楽しみなことを「センターピン」にするのも効果的。録画しておいたドラマ、大好物のスイーツなどといった楽しみが待っているのであれば、早くタスクを片付けちゃおうという励みになります。

「行動を自分で管理できるようになると、時間に余裕が生まれるだけでなく、時間をうまく使えなかったことへの罪悪感やストレスからも解放され、いい循環が生まれてくることを感じるはずです」と古川さん。

自分を輝かせる時間の使い方3つ

自由に使える時間が増えたらどんなことをして過ごそうか、考えるだけでワクワクします。新しいことに挑戦したり、いつものリラックスタイムをブラッシュアップしたりと、せっかくなら、モチベーションアップや自分を輝かせるために使いたいもの。そこで、おすすめの習慣を紹介します。

004GettyImages-882412086

その1:スマホを置いて、本を手にする時間を

スマホに流れる情報をピックアップするのもためになるけれど、意識的にスマホから離れて、本を手に。小説、歴史物、旅、料理、写真集と、その日の気分に任せて本の世界に浸るのも、いつもと違った視点を持つことができる、豊かな時間の過ごし方です。

その2:こころまで空っぽにする入浴を習慣に

せっかく時間ができたなら、マッサージや角質ケアといったセルフケアにかけられる時間に充てて。 さらに湯船につかりながら瞑想や呼吸法を取り入れ、自分と対峙したりこころを空っぽにしたりする時間にあてるのも、気分転換やリフレッシュにつながる有意義な過ごし方といえます。

その3:おうちヨガで、そのまま上質な眠りへ

0shutterstock_1195338439(1)

タスクを終えた1日の最後にヨガのポーズを見直したり、新しいポーズに挑戦したり。最後は究極のリラックスポーズといわれる“シャバーサナ”で心身ともに深くリラックスしたら、そのまま休んでしまえるのも“おうちヨガ”のいいところ。いつもより質の高い眠りにつくことができそうです。

睡眠中の「肌の自己修復力」に注目! 夜のスキンケアこそ美肌へのカギ

005GettyImages-896820002

そして、もうひとつ習慣にしたいのが「夜のスキンケア」。忙しいとどうしても“タスク”になってしまいがちですが、肌細胞の修復機能は夜の睡眠中にもっとも高まることが研究(※1)により明らかになっているので見過ごすことはできません。

夜時間を有意義にするカギとして、習慣にしたいのはESTĒE LAUDER(エスティ ローダー)のアドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ眠っているときの肌の自己修復力に着目した “リペア発想(※2)”の美容液です。

020181010_ANR_REPROMOTE_STUDY-0-527136f7-ef8a-450b-92d1-81f02fe00a51-461047433(2)

アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ 30mL 10,260円、50mL 14,580円(税込)

アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ」は、肌の自己修復力が高まる夜にうるおいを補給するだけでなく、紫外線やエアコン、ストレス、乾燥といった日中のダメージからの修復をサポートすることも特長です。(参考:エスティ ローダー社による研究より)

女性たちの悩みに寄り添い、乾燥による小ジワ、キメの乱れによるくすみなどにアプローチ。あらゆる肌タイプに対応し、使い続けることで肌のサイクルを整えて肌が本来持つ力を引き出すことを目指します。

配合されているヒアルロン酸ナトリウム(保湿成分)は、保水能力に優れており、磁石のように水分を引き寄せて蓄えることから「モイスチャー マグネット」と称されるほど。

また、「ビフィズス菌発酵エキス(整肌成分)」はスキンケアにおいてポジティブな働きで肌を整えることが解明されています。

006shutterstock_1218090544

とろみのあるみずみずしいテクスチャーで、肌なじみのよさも抜群。いつもの化粧水と乳液(クリーム)の間にプラスするだけというシンプルケアなので、続けやすいのもうれしいですね。

エスティ ローダーでは、2019年2月21日(木)まで「インスタグラム プレゼント キャンペーンを実施中です。

公式Instagramアカウント@esteelauderjapanをフォローし、@esteelauderjapanをタグ付けした上で、ハッシュタグ「#PowerOfNight」を付けてインスタグラムに投稿いただいた方の中から抽選で10名さまに「アドバンス ナイト リペア ナイト ボックス」をプレゼント。この機会をお見逃しなく!

明日の美しさは、今日の夜に育まれる――。そんなエスティ ローダーの思いが込められた「アドバンス ナイト リペア SR コンプレックスⅡ」を夜の習慣に取り入れれば、明日はもっと自分らしくポジティブでいられるはず。

有効な夜の時間の使い方がこころとカラダの健康、そして肌の美しさにつながるのであれば、さっそく今日からスマートな夜習慣をスタートして、人生を自分の思う通りに輝かせたいですね。

※1. エスティ ローダー社による研究
※2. うるおいを与え、すこやかな肌を保つお手入れの重要性に着目した

古川 武士さん

furukawa_prof

大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。日本で唯一の習慣化をテーマにした「習慣化コンサルティング株式会社」を設立し、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに、個人や企業へ幅広く習慣化や働き方改革のコンサルティングを行う。近著『こころが片づく「書く」習慣』(日本実業出版社)ほか多くの著書を持ち、翻訳されるなどして海外でも高い人気を得ている。習慣化で人生を変える!「続ける習慣」ブログ

エスティ ローダー

image via Shutterstock , Photo by Getty Images

イラスト/古荘風穂

Sponsored by ELGC株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは