1. Home
  2. BODY
  3. 15分でひきしめ。複数の筋肉をいっぺんに鍛える自宅トレーニング7つ

15分でひきしめ。複数の筋肉をいっぺんに鍛える自宅トレーニング7つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,992

Maya A. Kishida(翻訳)

ダンベルを持つ女性

運動する時間を見つけられそうにない? では、ここでちょっとした秘訣を教えます。

体重を減らして体を鍛えて、健康を促進するのに何時間もワークアウトを行わなくても大丈夫。カロリーを燃焼して全身に効果をもたらすワークアウトは、たった15分間で行うことができるのです。

わざわざジムに行く必要もありません。そのカギとなるのはコンパウンド(複合)エクササイズ。つまり、複数の筋肉群をいっぺんに刺激する動きで、限られたワークアウトの時間を最大限に活かすことができます。

これから紹介する15分間のトータル・ボディ・ワークアウトは、腕、足、コアの筋肉を強化するだけでなく、バランスを調整する力を鍛えるのに、かなり効果的です。

教えてくれるのは、20年の経験をもつパーソナルトレーナー、ラリサ・ディディオさん。数々のフィットネスの著作があり、セレブやオリンピック選手、プロのアスリートはもちろん、母親や父親、子どもたちなどの健康やフィットネスの目標達成を手助けしています。

ラリサ・ディディオさんが教える8つのコンパウンドエクササイズを見ていきましょう。

必要な道具

軽量のダンベルセット(1kg、2kg、3.5kg)と重いダンベルセット(4.5kg、5.4kg、6.8kg)

やりかた

それぞれのエクササイズを10〜12回行い、それからできる限り間に休憩を入れずに次のエクササイズに移ります。全体を通して2回繰り返します。これを1週間に3〜5回行ってください。

  1. スクワットからショルダープレス
  2. ランジからシングルアームロウ
  3. デッドリフトから二頭筋カール
  4. クロスランジからアップライトロウ
  5. ブリッジからヘッドバンガー
  6. 腕立てからプランクジャック
  7. ロシアンツイストからパイク

1. スクワットからショルダープレス

  1. 左右の手に重いウエイトを持ち、両手を肩の高さに上げます。
  2. スクワットをして、重心を落とします。
  3. 立っている姿勢に戻り、両腕を頭の上に持ち上げます。

2. ランジからシングルアームロウ

  1. 左足を前に出し、右足を後ろに引き、重いダンベルを体の脇で右手に持った姿勢で始めます。左手は左ももの上に軽く乗せます。
  2. 両ひざを曲げて、ランジの姿勢になります
  3. 両足を伸ばして立った姿勢に戻りながら、右のひじを天井に向かって引き上げます。このとき、腕は体のそばに引き寄せた状態をキープしてください。
  4. 10〜12回繰り返し、反対側でも同様に行います。

3. デッドリフトから二頭筋カール

  1. 左右の手に重いダンベルを持ち、足は腰幅に広げて立ちます。
  2. ダンベルをすねの前に下げながら、腰を沈めます。ダンベルは足に近づけた状態をキープします。
  3. 立ち上がったら、ひじを曲げて、ダンベルを肩に近づけるように腕をカールします。

4. クロスランジからアップライトロウ

  1. 左右の手に軽いダンベルを持ち、両腕を体の両脇にたらします。左足はマットの上に置きます。
  2. 左側に右足をステップバックします。
  3. 右ひざを曲げ、腰を落とします。
  4. 両足を揃えてつま先は正面を向けた状態で立ち、両ひじを持ち上げてアップライトロウの姿勢をとります。
  5. 反対側の足でも同じように行います。
  6. それぞれ10〜12回繰り返します。

5. ブリッジからヘッドバンガー

  1. 左右の手にダンペルを持ち、両腕は胸の上に伸ばし、両ひざを曲げた状態で仰向けに寝ます。
  2. 足のうらを地面に押しつけ、腰を持ちあげてブリッジの姿勢になります。
  3. ダンベルが耳の脇にくるように両ひじを曲げます。
  4. 両腕を再び上に伸ばし、腰を落とします。
  5. これを10〜12回繰り返します。

6. 腕立てからプランクジャック

  1. 両手を両肩の下においたプランクの姿勢から、両ひじを曲げて胸を床に近づけ、腕立てふせの姿勢になります
  2. 体を持ち上げ、はずみをつけて両足を左右に大きく開いて閉じます。
  3. これを10〜12回繰り返します。

7. ロシアンツイストからパイク

  1. 両ひざを曲げてマットに座ります。
  2. 後方に体を倒し、両足を十数センチ床から持ちあげ、お尻でバランスをとります。
  3. 次に、足を床にもどし、おへそのあたりで、両手でボールを抱えているかのような姿勢で胴体を左にひねり、次に右、左と交互にひねります。
  4. 体を中心に戻したら、両腕を前に伸ばします。
  5. 両腕をおへそのあたりに戻し、右、左、右、左と体をひねって、ふたたび中心に戻してから両足を持ちあげて両腕を伸ばします。
  6. これを10〜12回繰り返します。

短時間で効果的なワークアウトがしたい

たった5分でカロリー燃焼。やせるためのウォーキング、正しい方法は?

毎日の散歩をワークアウトに変えて、カロリーを効率的に燃焼させてみませんか? パワーウォーキングがもたらすメリットと方法をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/184123walking.html

1回13分の筋トレで筋肉は増強するという最新結果。その内容は?

筋トレは最低3セットとよく言われるけれど、1セットでも筋力アップに効果があることが研究で判明。1回13分、とてもハードなエクササイズを1セットするだ...

https://www.mylohas.net/2019/01/183171nyt_training.html

Larysa DiDio/This 15-Minute Total Body Workout Strengthens You From Head to Toe
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析