1. Home
  2. BODY
  3. 専門家が伝授! いつもの散歩を脂肪燃焼タイムに変える3つのコツ

専門家が伝授! いつもの散歩を脂肪燃焼タイムに変える3つのコツ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,007

MYLOHAS編集部

歩く女性

image via shutterstock

ウォーキングを最適なワークアウトと考えるには、あまりに単純すぎると思っていませんか?

でも、それは大きな間違い。たった5分から10分程度歩くだけでも有酸素運動になりカロリーを燃焼させるというメリットがあるのです。

「総合的な健康やフィットネスの観点からすると、ウォーキングのメリットは非常に多いのです」と語るのは、ACE(American Council on Exercise)のリソースセンターでマネージャーを務めるクリス・ガリヤルディさんです。

CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)のガリヤルディさんいわく、「(ウォーキングは)カロリーを燃焼させることに加えて、筋肉を強くし、コレステロールや心機能を改善し、全身に酸素が流れるのを助けます。また一日中座り続けたことによる炎症や悪影響なども軽減します」とのこと。

毎日少し歩くだけでも価値がありますが、ジョギングと同じくらいのレベルのメリットを得たいと本気で思うなら、さらにレベルアップさせてパワーウォーキングを始める必要があります。

ウォーキングのメリットをすべて引き出し、カロリーをどんどん燃焼させて体重を減らすパワーウォーキングのコツを紹介します。

パワーウォーキングのコツ、前編はこちら

  1. 歩幅を変える
  2. ウェイトを持つ
  3. インターバルを入れる

01. 歩幅を変える

歩く人

image via shutterstock

エクササイズのためにウォーキングをしているとき、より早く距離をかせげると思って、なるべく大股で歩くようにしているかもしれません。でも実際には、その反対のほうがよく、短い歩幅はより効果的です。

大きさの違う歩幅を混ぜればメリハリがつき、よりカロリーを燃焼させることができます、とガリヤルディさん。5分間短い歩幅で歩いてから、次の5分間はより大股に変えてみる、といった具合です。

02. ウェイトを持つ

ダンベル

image via shutterstock

歩く際に軽いダンベルを両手に持つのは、まるで昔のエアロビのステップかのようにも思えますが、この作戦はいまでもよい考えだとガリヤルディさんは言います。

ウェイトを持ってウォーキングすると、体重よりも重いものを動かすことになり、カロリーの燃焼が増えるのです。そして、その結果もかなり目覚ましいものがあります。

2013年の研究では、体重の少なくとも10%の重さのベストを着用すると、カロリー燃焼を13%も増加させることがわかりました。

ダンベルを使用して歩く場合、安全によく注意することと、1.3kg以上のウェイトは持たないことと、ガリヤルディさんは指南します。1.3kg以上のウェイトは歩きながら振るのには重すぎるし、関節に余計なストレスを引き起こしかねないからです。

ウェイトを取り入れる別の方法もあります。ダンベルを持ってウォーキングをするなら、コンパウンドエクササイズの動きを合間に入れてみてはどうでしょう、とガリヤルディさん。

5分毎あるいはトラック1周毎にウォーキングをいったん止めて、二頭筋カールをしながらレンジをしたり、オーバーヘッドプレスをしながらスクワットをしたりするのもいいでしょう。ワークアウトがよりおもしろくなるし、燃焼するカロリーもぐんと増えます。

03. インターバルを入れる

腕時計

image via shutterstock

決まった状態でウォーキングするのは、退屈しやすく、燃やせるカロリーにも限度があります。しかし、インターバルを入れると、運動後過剰酸素消費量(EPOC)が増えて、ワークアウトの最中と終了後によりカロリーを燃やすことができます

インターバルを入れるにはさまざまな方法があります。決まった時間や距離でペースを増やしていくのもありです。「たとえば一時停止の標識など、遠くに見える目印を決めて、そこに着くまでは話すのも難しいほど速いスピードで歩いてみます」とガリヤルディさん。

あとはその調子で、楽な歩き方ときつい歩き方を交互に変えながら続けていきます。あるいは、両手を頭の上で組むなど、目印に到着するまで大げさに腕を動かすようにして歩いてもいいでしょう。

もっと本格的にやりたいなら、ヒル・リピートを行ってもいいでしょう。まず心地よいペースで近所の坂まで歩きます。それから、話すのが難しいくらいの勢いで坂を登り、楽なスピードで坂を下りながらリカバーする、というのを繰り返します。

ただし、これらを全部いっぺんに行う必要はないということだけ覚えておいて、とガリヤルディさん。「エクササイズを始めたばかりの人や、ウォーキングの強度をアップさせようとしている段階なら、まずはゆっくりしたペースから徐々にはじめてみましょう。それでも得られるメリットはすばらしいものですよ」

やってみよう! 強度別ワークアウト

さあ、歩く準備はできましたか? 次のインターバルウォーキングのプランを試してみてください。運動のレベルは10段階あり、運動レベル1は休んでいる状態、運動レベル10は息切れするほどの状態です。

クラシックピラミッド

ウォーキング

image via shutterstock

徐々に強度を高めていき、最高潮からゆっくりとペースを落としていくシンプルなインターバルウォーキングです。

  • ウォームアップ・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5
  • 適度なスピードで歩く(5分間)……運動レベル 6
  • ふだんの歩くスピードよりも速く歩く(4分間)……運動レベル 7
  • できる限り速いスピードで歩く(2分間)……運動レベル 8
  • ふだんの歩くスピードよりも速く歩く(4分間)……運動レベル 7
  • 適度なスピードで歩く(5分間)……運動レベル 6
  • クールダウン・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5

ピークアンドバレー

動く人のイラスト

image via shutterstock

速くて勢いのあるスピードと、ゆっくりとしたリカバリーを組み合わせたワークアウトです。

  • ウォームアップ・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5
  • 適度なスピードで歩く(3分間)……運動レベル 6
  • できる限り速いスピードで歩く(2分間)……運動レベル 8
  • 適度なスピードで歩く(3分間)……運動レベル 6
  • できる限り速いスピードで歩く(2分間)……運動レベル 8
  • 適度なスピードで歩く(3分間)……運動レベル 6
  • できる限り速いスピードで歩く(3分間)……運動レベル 8
  • 適度なスピードで歩く(4分間)……運動レベル 6
  • クールダウン・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5

クレイジー8

ウォーキング

image via shutterstock

中程度から高強度のインターバルを組み合わせた楽しいワークアウトです。

  • ウォームアップ・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5
  • ふだんの歩くスピードよりも速く歩く(8分間)……運動レベル 7
  • 適度なスピードで歩く(4分間)……運動レベル 6
  • ふだんの歩くスピードよりも速く歩く(4分間)……運動レベル 7
  • できる限り速いスピードで歩く(2分間)……運動レベル 8
  • 適度なスピードで歩く(2分間)……運動レベル 6
  • クールダウン・ウォーキング(5分間)……運動レベル 5

ウォーキングでもっとカロリー消費!

1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

ウォーキングは多くの慢性疾患のリスクを減らすことができます。1週間、毎日30分間歩くだけで感じられる効果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/06/169127walking.html

【体幹ウォーキングのススメ】金さん指南! 運動効果を上げる正しい歩き方・階段ののぼり方

「体感ウォーキングのススメ」の後編となる今回は、プロランニングコーチの金哲彦さんに正しいウォーキングのフォームと、階段ののぼり方を教えていただきまし...

https://www.mylohas.net/2018/05/167086.html

Laurel Leicht/Power Walking Tips to Turn Your Stroll into a Calorie-Blasting Workout
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由