1. Home
  2. BODY
  3. 他人のウンチを移植して病気を治す!? 今注目の治療法

他人のウンチを移植して病気を治す!? 今注目の治療法

The New York Times

便微生物移植

image via shutterstock

今、欧米を中心に注目されている、健康な人の便を患者の腸に移植する治療法「便微生物移植」について、ニューヨーク・タイムズがわかりやすく解説します。

Q:便微生物移植とは何ですか? その効果は?

便微生物移植カプセル

image via shutterstock

A:便微生物移植とは病気の治療方法のひとつで、健康なドナーからの便を患者の腸に入れる医療行為です。ドナーの便に含まれる健康な腸内微生物群が、患者の腸に定着して健康にするという考えによります。

これを聞くとかなり引いてしまいますが、不衛生ではないのです。ドナーからの便、または医療用のために病原体の検査を受けて処理された便を所有する糞便バンクから便が提供されます

ドナーの便は、鼻から通されたプラスチック管を通じて、患者の胃または小腸へと送られます。浣腸や大腸内視鏡を通じて大腸へ入れられることもありますし、便のカプセル剤を飲む方法もあります。

大腸の重篤な感染症に効果あり

SOS

image via shutterstock

便微生物移植は、クロストリジウム・ディフィシル菌(以下、ディフィシル菌)の腸の重篤な感染症の治療に使われます。これは、抗生物質によって腸内の善玉菌が大幅に減少してしまい、悪玉菌が繁殖することで起こります。2011年、ディフィシル菌はアメリカだけで約50万件の感染症を起こし、2万9,000人が死亡、医療費には48億ドル(約4930億円)が費やされたのです。

便移植、医学文献では便微生物移植と呼ばれるものが使われるようになった転機は、1958年でした。ディフィシル菌で命の危険にさらされた4人の患者に、医師が最後の手段として大胆にもこの方法を用いたのです。

患者は全員一命を取り留めました。その成果たるや「即時で顕著であった」と報告されたのですが、便を摂取するという考えが一般に嫌悪されたため、便微生物移植が広く受け入れられることはありませんでした。

肥満や感染症にも使えるらしい

肥満

image via shutterstock

その流れが変わったのが2013年でした。便微生物移植が、現在ディフィシル菌感染症の治療に使われる定番薬バンコマイシンよりも、優れていることをつきとめた画期的な研究が発表されたからです。より大規模な研究も行なわれ、その成果が確認、拡大適用されました。

いまでは、便微生物移植は肥満、再発を繰り返す尿路感染症、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群を始め、いろいろな症状に対する治療法として研究されているところです。

だけど、副作用もあります。下痢や腹痛など……

トイレ

image via shutterstock

その予備データは有望なのですが、喜ぶのはまだ早いようです。アメリカ食品医薬品局は、便微生物移植を「investigational new drug(治験薬)」とみなし、一般的な使用にはまだ許可していません。医療保険会社も、再発性で完治しにくいディフィシル菌感染症の治療としてのみおおむねカバーしています(訳注:米国の場合を指します)。

報告されている副作用はそれほどひどくはなく、下痢、腹痛、吐き気、便秘、鼓腸などがあります。これまで 行なわれた治験は小規模なため、重篤な問題点は見つかっていません。

最後に専門家からの賢明なアドバイスを。「医者の指導なしで、自宅で便移植をすることはオススメしません」

ウンチのこと、きちんと知ろう

うーん、これって大丈夫? うんちの色と形でわかる健康状態

子どものトイレトレーニング中でもないかぎり、あまり話題にしないかもしれませんが、便の色、臭い、サイズは、食生活や実際の健康状態について多くのことを物...

https://www.mylohas.net/2018/08/174273poop.html

胃腸の専門医が解説! ウンチの長さや頻度、ベストタイミングはいつ?

食事のすぐ後にトイレに行きたくなるのは普通なの? 聞きにくいけど知っておきたいウンチに関することを胃腸科専門医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/01/182972poop.html

©2019 New York Times News Service[原文:What Is a Fecal Transplant, and Why Would I Want One?/執筆:Richard Klasco, M.D. (医学博士)](翻訳:ぬえよしこ)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法