1. Home
  2. EAT
  3. バレンタインに渡したい! おいしくてヘルシーなチョコ5選

バレンタインに渡したい! おいしくてヘルシーなチョコ5選

1,872

岩橋朝美

バレンタインチョコ

image via Shutterstock

今年もバレンタインデーの季節がやってきました。世界中から集まった逸品チョコレートを前に、大切な人に、自分へのごほうびに、どれを贈ろうか選ぶのも楽しいもの。

でも、チョコレートは一般的に糖質やカロリーが多いことから健康面が気になるという人も……。そこで、糖質の少ない高カカオタイプやオーガニック原料、スーパーフード入りなど、健康にもこだわった罪悪感の少ないヘルシーチョコレートをご紹介!

低GI食ココナッツシュガーを使用したオーガニックチョコ

ヴィヴァーニのチョコレート

ヴィヴァーニ オーガニックエキストラダークチョコレート(カカオ92%、80g) 702円(税込)

ヨーロッパ、アメリカを中心に高い人気を誇るドイツのチョコレートブランドVIVANIは、有機栽培100%の原料を使用。

香り・味わいともに高い評価を受けるパナマ産カカオを92%配合し、低GI食品として知られるココナッツシュガーでほんのり甘みをつけたチョコレート。高カカオながらマイルドな味わいで、ほんのり甘く食べやすいです。

チアシード、アーモンドのプチプチしたユニークな食感

choco2

NOX プレミアムオーガニックチョコレートAlmond&Chia(カカオ70%、バオバブ・アーモンド・チアシード、12粒入り) 1,944円(税込)

スウェーデンの製薬会社の研究者が開発した“食べないより食べたほうがいいチョコレート”

上白糖やトランス脂肪酸を含む植物油脂、香料や合成甘味料、安定剤などの添加物を避け、オーガニック栽培されたカカオに栄養素を豊富に含むスーパーフードを贅沢に配合

チアシード、アーモンドのプチプチした食感がユニークで、芳醇なカカオの香りが引き立ちます。

カカオの栄養分を残したローチョコレート

choco3

COCOA オーガニックピスタチオ・ローチョコレート(50g) 820円(税込)

カカオを焙煎ではなく冷砕して45度以下を保って加工することにより、抗酸化物質やフラボノイドなどを残したローチョコレート。

ミネラルや抗酸化物質が豊富なココヤシ花の乾燥蜜で甘みを出しています。乳製品、大豆、グルテン、精製糖フリー。オーガニックピスタチオと塩気のあるソルトチョコレートのコンビが後を引く味わい。

自然の風味たっぷり。消化によいとされるハーブをプラス

choco4

Antidote アンチドート ARTEMIS アーモンド&フェンネル(カカオ73%、65g) 1,404円(税込)

「カカオがこの世に存在するもっとも魅力的でパワフルなスーパーフード」という信念のもと、カカオの栄養素やおいしさを損なわないよう、50%ロー×50%ローストの自然の風味たっぷりのカカオを使用したチョコレート。

カカオ75%に、アーモンドや消化やダイエットによいとされるハーブ、フェンネルをプラス

ポリフェノールたっぷりなカカオ100%チョコレート

choco5

ダーデン 有機チョコレート ダーク(カカオ100%、70g、3枚入り) 2,350円(税込)

1897年創業のフランスの老舗ダーデン社によるオーガニックチョコレート。フェアトレードのペルー産カカオ100%で、少しの量でもポリフェノールをたっぷりとることができます。酸味が少なく、苦みもまろやか。カカオそのものの味わいを楽しめます。

今年のバレンタインは、おいしくてヘルシーなチョコレートを贈ってみてはいかが?

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた