1. Home
  2. EAT
  3. 驚くほどおいしい出汁が出る。新感覚「干物鍋」ってどんな鍋?

驚くほどおいしい出汁が出る。新感覚「干物鍋」ってどんな鍋?

2,450

古屋江美子

銀座伴助の干物鍋

寒さも本番。温かい鍋がおいしい季節ですね。近ごろは鍋の種類も多様化していますが、今冬のニューフェイスが「干物鍋」。普通の魚を鍋に入れるのとは、ひと味もふた味も違って驚きますよ。

具だくさんで栄養たっぷりな干物鍋

「干物鍋」を食べられるのが、東京・銀座の「銀座伴助」。干物の製造・販売を手掛ける創業65年の老舗「伴助」の旗艦店です。

骨取り干物(しまほっけ・赤魚)絶品だしちゃんこ鍋

骨取り干物(しまほっけ・赤魚)絶品だしちゃんこ鍋(2人前、4,860円・税込)

干物鍋は今年から提供している秋冬限定メニューで、その名のとおり、主役は干物。しまほっけと赤魚の干物が、ひとつの鍋に半身ずつたっぷり入っています。

干物をメインにしつつも、野菜や肉など具だくさんなちゃんこ鍋。岩手県岩中豚バラ肉や宮崎県日向鶏もも肉、白菜・春菊・椎茸・焼き豆腐・つみれ・油あげ・しらたき・長ネギなどが入っており、一度にたくさんの栄養をとることができます。

おいしい、ぷりぷりの「干物」に感動

銀座伴助の「特大とろきんきの干物」

銀座伴助の「特大とろきんきの干物」

一般的に、魚は良質の動物性タンパク質を含み、総じてカロリーが低いことで知られています。さらに干して干物にすることで、タンパク質がアミノ酸に分解され、うまみ成分が増すとも言われています。

干物は作る工程で臭みを含んだ脂分が排除されるため、魚の皮の内側までおいしく食べられます。脂ののった魚を厳選して使っていますが、脂っこくない、くどい味でないのもそのためです」(同店を運営する若竹代表取締役・田口優英さん)

干物専門店ならではのこだわり

鍋用のしまほっけの干物

鍋用のしまほっけの干物は、干物のイメージを覆す肉厚っぷり

昆布や鶏で出汁をとったシンプルなスープに、干物のうまみが加わると、なんとも上品かつ濃厚な味わい。

伴助の干物はシンプルな塩味ではなく、創業当初からの秘伝のタレに漬け込んで味付けしているため、一般的な干物よりうまみが強いのが特徴です。魚醤やホタテエキスなどが隠し味に使われているそうで、鍋に入れると驚くほどおいしい出汁が出ます。

また、干物は肉厚で、見た目には干物だと思えないほど。そのため煮込んでも身が崩れず、食感もしっかりしていて、うまみも濃厚なまま。職人が骨を一本ずつ丁寧に取り除いてくれているので食べやすいのもうれしいところ。

もともと干物は保存食として作られたものですが、一番味がよいのは、やっぱりできたて。伴助では製造から36時間以内で食べられるよう、冷凍ではなくチルドで店まで運んでいるとのこと。

また、乾燥工程では“2段階高温熟成法”を採用。最初に穏やかな高温を当てることで、干物の表面に膜を作り魚のうまみを凝縮したのち、冷風で締めて魚のうまみをじっくり熟成しているそうです。

一度食べるとやみつきになる新感覚の干物鍋。提供は2019年3月末までの予定です。

今年の鍋は、こちらもおすすめ!

茅乃舎の鍋シリーズが限定販売中。10分でごちそうが食べられます

寒くなると食べたくなる「鍋」。和風調味料を販売している株式会社久原本家から、だしとつゆで味わう「茅乃舎の鍋シリーズ」が期間・数量限定で発売中です。

https://www.mylohas.net/2018/11/177851kayanoya.html

和洋どちらも相性抜群。「白だし」の意外なレシピ

手軽なだけではなく、これ1本で味付けもOKという「深み鰹白だし」が発売。 人気ビストロ「オルガン」紺野真シェフに、フレンチとメキシカンの目からう...

https://www.mylohas.net/2018/11/179374dashi.html

高級ブランド干物「銀座伴助」銀座本店

住所:東京都中央区銀座5-14-8
TEL:03-6264-4746
営業時間:物販は11:00〜23:00、飲食は月〜金のランチ 11:00〜15:00(L.O.14:30)、ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)。土日祝のランチ 11:00〜17:00、ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:なし

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由