1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. あなたは大丈夫? デリケートゾーンのケアでやりがちな6つの間違い

あなたは大丈夫? デリケートゾーンのケアでやりがちな6つの間違い

6,423

田邉愛理

01GettyImages-544479722

人前ではなかなか話しづらく、誤解や間違いが多いのがデリケートゾーンのお手入れ方法。スウェーデンで、先進的なデリケートゾーンのケア製品を開発しているアサディ姉妹が教えてくれた、トラブルにつながる6つのNGケアについてご紹介します。

デリケートゾーンケアの6つの間違い

お話をうかがったのは、スウェーデンから来日したへディエ・アサディさんとハスティ・アサディさん姉妹。

2013年にデリケートケア製品のブランド「DEODOC(デオドック)」を設立し、女性たちに正しいケア方法を広める活動をしています。

アサディ姉妹によると、デリケートゾーンのケアでやりがちな間違いは次の6つとのこと。

1.肌の「pHバランス」を軽視している

「pH」とは肌の酸性とアルカリ性を判断する数値です。人間の肌はおよそ「pH5」。このバランスが乱れ、アルカリ性(pH8以上)に傾くと乾燥、酸性(pH7未満)に傾くとかゆみなどのトラブルが起きるのです。

とくに繊細なデリケートゾーンは影響を受けやすく、「pH5」を厳密に維持する必要があります。ちなみに、アルカリ性(pH8-14)、酸性(1-6)、pH7は水などの中性。

弱酸性をうたっていても、実はpH5でないものもたくさんあります。デリケートケア製品は「pH5」のバランスを保つことにこだわり、品質管理が徹底されたものを選びましょう。

2.膣内まで洗ってしまう

膣内は自浄作用があるので、洗浄剤で洗う必要はなし。洗うのは大陰部・小陰部とその周囲だけでOKです。

3.「香りつき」アイテムが好き

deriketo3

香料はアレルゲンになることも。香りの原料からアレルゲンやアルコールが取り除かれているかをチェックしましょう。

4.安易にオーガニックを選んでいる

オーガニックの商品は、スキンケアやデリケートゾーンのケアアイテムでも人気ですが、その性質ゆえに安定性が低く、またアレルゲンが多く含まれているものもあります。

センシティブなデリケートゾーンのケアに最適とは言い切れません。

5.ほかの肌と同じケアをしている

deriketo5

「pH5」でない洗浄料を使ったり、アルコール入りのアイテムを使っていたりする人が多く見られます。使う前に、成分表示を確認しましょう。

6.生理中はデリケートケアをしていない

生理中はとくにムレやにおいが気になるので、専用のケア製品を使ったほうが快適。肌へのダメージも緩和できます。

0GettyImages-184980531

デリケートゾーンのトラブルについて話したがらないのは、日本も欧米も同じとアサディ姉妹。恥ずかしがらずに正しい知識を持ち、肌荒れや感染症を起こさないために、専用のアイテムを使ってケアすることが大切だと話します。

医師が開発したデリケートケア製品

これまでのデリケートゾーンケア製品の品質に満足できず、「デオドック」を立ち上げたというアサディ姉妹。最大の特徴は「医師が開発したデリケートケア製品」であるということです。

deriketo1

姉のへディエさんは泌尿器科の医師であり、約50年のキャリアを持つ70代のベテラン産婦人科医も商品開発に携わっています。

さまざまなパターンのトラブルを看てきた2人の女性医師の経験と、マーケティングを担当する妹のハスティさんの感性が、徹底的に安全性を確認するという「デオドック」のこだわりを生んだのです。

deriketo6

インティメイト デオスプレー 50mL 3,780円(税込)(写真左から:バイオレットコットン、フレッシュココナッツ、ジャスミンペアー)

一番人気のアイテムは、デオドラントスプレー「インティメイト デオスプレー」。気になるニオイを中和し、シードオイルとコーンスターチが肌をしっとりサラサラに保ってくれます。じつはデリケートゾーンだけでなく、汗腺がある脇のケアにもおすすめとのこと。シンプルでシックな純白のパッケージも素敵です。

deriketo8

インティメイト ウォッシュ 100mL 3,240円(税込)(写真左から:フレッシュココナッツ、ジャスミンペアー、バイオレットコットン)

バスルームに常備したい「インティメイト ウォッシュ」は、デリケートスキンに優しいpHバランスを追求し、シルキーな肌に洗い上げてくれる洗浄剤。毎日使っても肌にやさしく、アサディ姉妹は顔やボディの肌にかゆみや揺らぎを感じるときにも使っているそう。

deriketo9

インティメイト デオワイプ 10枚入り 3,024円(税込)(写真左から:フレッシュココナッツ、ジャスミンペアー、バイオレットコットン)

「インティメイト デオワイプ」は、個包装されたデリケートゾーン用のリフレッシュシート。まるでティーバッグのような優雅なパッケージで、メイクポーチに入れておくのにぴったりです。

この3商品は、フレッシュココナッツ、バイオレットコットン、ジャスミンペアーの香りから選ぶことができます。どれも甘すぎず、落ち着いた大人の香り。アルコールや刺激の強い香料はもちろん、EUで規制されているアレルギー物質26種類は完全に取り除いており、100%ヴィーガン処方である点も安心です。

シェービングは3ステップで

0GettyImages-520875172

デリケートゾーンのケアといえば、アンダーヘアの処理も気になるところ。アサディ姉妹によると、スウェーデンではシェービング派が多いそう。

「デオドック」では、「プレオイル」で皮膚とヘアをやわらかくしてから「シェービングフォーム」で剃り、「アフターバーム」で鎮静&保湿するという、3ステップケアを提案しています。

oil

インティメイト プレシェーブオイル フレッシュココナッツ 30mL 4,104円(税込)

foam

インティメイト シェービングフォーム フレッシュココナッツ 100mL 3,780円(税込)

balm

インティメイト アフターシェーブバーム フレッシュココナッツ 30mL 4,104円(税込)

こちらも、ムダ毛処理後の肌の赤みや、ポツポツ毛穴が悩みだったという姉妹のアイデアから生まれたもの。「アフターバーム」には育毛抑制効果があり、毛の生え始めに起きがちな炎症にも効果的です。

0GettyImages-518866798

「エレガントでシック、清潔好きな日本人女性にこそ、デオドックを使ってほしい。インティメイトスキンは、もっとも敏感でセンシティブ。顔の肌トラブル以上に、デリケートゾーンのトラブルは女性を落ち込ませます。ぜひ専用の製品でケアしてあげてください」

とアサディ姉妹。医師の知見と大人の女性の感性がつまった「デオドック」のアイテム、ぜひ試してみてください。

デオドック

黒ズミや乾燥をケアしたい! デリケートゾーン専用ソープ4選

デリケートゾーンも顔と同じように老化していくって知っていますか? 加齢とともに顔のお手入れに力を入れるように、デリケートゾーンのケアにもこだわってい...

https://www.mylohas.net/2018/12/179897delicate_zone.html

セックスのときに痛い!排尿時にヒリヒリ。その悩みの原因と対策

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。性交時に痛い…、排尿時にヒリヒリすることがある…、自転車に乗ると擦れて痛い…などの悩みが...

https://www.mylohas.net/2018/11/strategy36.html

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?