1. Home
  2. MIND
  3. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,924

MYLOHAS編集部

泣く女性

パートナーがあなたをいつの間にか完璧にコントロールしてしまう「感情的虐待」

あなたが直面した際どうすべきか、気を付けるべき感情的虐待の7つのサインをご紹介します。

「感情的虐待とは何か?」は、こちらの記事で。

  1. パートナーがあなたをコントロールしようとしている
  2. 意地悪をする、侮辱をする
  3. 脅されている
  4. 怒りが暴力にエスカレートする
  5. パートナーが責任を取らず、あなたのせいにする
  6. パートナーが、都合よく話を作っている気がする
  7. 薄氷を踏む思いがする

01. パートナーがあなたをコントロールしようとしている

ゲームする男性

image via shutterstock

感情的な虐待の代名詞が、“コントロール”です。アメリカ保健福祉省は以下のことを、すべてコントロールが目的の感情的虐待の兆候と公表しています。

  • あなたが友達や家族に会うことを妨げる、または嫌がる
  • あなたが仕事や学校に行くことや、医者に会うのを止めようとする
  • あなたがどこにいて、何をしているのかを常に知ろうとする
  • 電話、メール、ソーシャルメディアなどの個人アカウントのパスワードの共有を要求する
  • 激しい嫉妬を見せたり、あなたが浮気をしていると非難することもある
  • あなたの資産状況やお金のやり繰りを、完全にコントロールしようとする
  • 着るもの、食べるものなど、あなたがすべき意思決定をする

また、あなたを罰するために愛情を控えるようなことも。「対等に問題に対処するより、明らかにコントロールしようとしています」とダイアン・ゲハートさん(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の教授、博士)。

02. 意地悪をする、侮辱をする

噂

image via shutterstock

感情や言葉による虐待には、侮辱も含まれます。これは自尊心を傷つけ、コントロールを強いる別の方法です。

これは他人の前でわざと恥をかかせたり、あなたを「アホ」「キモい」「カス」などのあだ名で呼んだりすることも。

03. 脅されている

喧嘩

image via shutterstock

脅迫と圧力はパートナーをコントロールするアンフェアな手段。相手を無力にしようとするもの」と、ゲハートさん。

カリフォルニア州立大学フラトン校の心理学教授で博士のマインディー・B・メカニックさんは、「パートナーが、あなたやあなたの所有物、愛する人、ペット、資産に危害を加えると脅すこともあり得ます」と言います。

また、アメリカ保健福祉省によると、あなたの非行について通報すると脅したり、あなたへの怒りで自傷すると脅したりすることもあると解説しています。

「被害者のコントロールのためには、実際の暴力に訴えなくとも危害を与えると伝えるだけでもいいのです」(メカニックさん)。

04. 怒りが暴力にエスカレートする

壁を壊す手

image via shutterstock

パートナーとのケンカでは、壁に穴を空けたり、テーブルを壊したりすることもあります。

「こんな恐ろしい目にあってしまうと、被害者はおとなしくするしかありません。また、虐待側の要求を飲んだり、暴力を振るったりしてこないよう、行動に気をつけるしかないのです」(メカニックさん)。

恐ろしい手段を使って怒っているとしたら、それは感情的な虐待のサイン

05. パートナーが責任を取らず、あなたのせいにする

喧嘩する男女

image via shutterstock

あなたは、何もないのに謝っていませんか? 「パートナーに苦情を伝えても、責任を取らないばかりではなく、突然会話の矛先をあなたへの攻撃にすり替える。それは感情的虐待の明確なサイン」(ゲハートさん)。繰り返しますが、これはパワープレイです。

虐待する人は、被害者が過敏すぎたり、真面目に考えすぎたりして、非難されても仕方がないと責めるのです。支配力を保ち、被害者の不安や自責の念を導くことになります。

06. パートナーが、都合よく話を作っている気がする

メガネの男性

image via shutterstock

パートナーが、都合よく話を作っている気がすることは? 自分の家の物が知らないうちに移動していることは?

そんなことが過去にあったかなかったか自問自答していませんか?「被害者に間違った情報を押しつけ、自分の記憶や知覚、究極的には正気を疑うように仕向けるのが『ガスライティング』と呼ばれる行動です」(ゲハートさん)。

これは被害者を混乱させ、究極的には虐待者のパワーを維持するテクニックです。自分の記憶を疑ってしまうと、依存的関係をキープするためにパートナーに頼りたいと感じるのです。

07. 薄氷を踏む思いがする

氷をふむ

image via shutterstock

「被害者側は、パートナーの怒りを避けるために、自分自身のことを“薄氷を踏む思い”などとよく表現します」(ゲハートさん)。

虐待行動の結果、恐怖のなかで生活し、波風を立てまいとするようになるのです。それは、感情的虐待関係のサインですよ。

心の持ち方も大切に

2019年、自分の幸せに100%コミットするマインドレッスン

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、2019年を素晴らしい年...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind01.html

マウンティングや他人の評価に振り回されずに、自分らしく生きる方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、マウンティングや他人の評...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind02.html

Cassie Shortsleeve/7 Terrifying Signs Your Partner Is Emotionally Abusive, According to Psychologists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由