1. Home
  2. MIND
  3. 親しい人があなたの行動や自尊心を妨げていない? それ、「感情的虐待」かも

親しい人があなたの行動や自尊心を妨げていない? それ、「感情的虐待」かも

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,195

MYLOHAS編集部

喧嘩

image via shutterstock

もしも人と関わるなかで、虐待にあうような目に陥ったら、簡単にわかると思うでしょう?

でも、実は虐待であると特定することは、難しいものなのです。「多くの人は“家庭内暴力”イコール“けがをするような肉体的暴力”と考えています」と説明するのは、マインディー・B・メカニックさん(カリフォルニア州立大学フラトン校の心理学教授、博士)です。

メカニックさんによると、パートナーをコントロールしようとする“感情的虐待”の場合、「暴力」「冷たい目」「傷」などを残さないそう。その代わりに、感情的虐待者は相手の「自尊心」「自由」「行動力」を非暴力的に傷付けてコントロールしようとするのです。

それだけではありません。「加害側のパートナーは申しわけなさそうに、ロマンティックに、魅力的にふるまい、あらゆることをしてきます。そうして被害者のパートナーが許し、虐待を忘れるよう手を尽くすのです」と説明するのは、ダイアン・ゲハートさん(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の教授、博士)。

泣く女性

image via shutterstock

聞いたことがありましたか? 感情的虐待の方法は残酷なのです。「この影響は深刻なものです。目に見えないからです。これは本質的な価値観と能力を損なってきますから、身体的暴力よりも痛みを感じる被害者もいるほどです」とメカニックさんは指摘します。

専門家によると、すべての感情的虐待が身体的暴力までいきつくものではありませんが、そのリスクもあるそう。「感情的虐待が起きていると示す早期のサインが、身体的暴力の前兆と示唆する研究もあります。なぜならそれらは、一方のパートナーがもう一方を支配して、コントロールしようするシグナルですから」と、メカニックさんは言います。

あなたをはずかしめる、屈辱を与える、自尊心を傷つける、もしくはうつにさせるなど、心を操るあらゆるふるまいが、感情的虐待のサインになりえます。

感情的虐待の関係になったら、どう助けを求める?

セラピー

image via shutterstock

メカニックさんによると、もし感情的虐待の関係に陥ったら、虐待行動の特定に協力してくれ、それを癒してくれるセラピストを探します

また、その関係のままでいたいのか、解消すべきなのか、もしくは虐待側のパートナーがセラピーでよくなるのか(虐待側が行動に責任を負い、非暴力的な関係作りを学ぶ可能性があれば、ですが)といった重要な判断も導いてもらいます。

ゲハートさんによると、あなたが現在経験している関係性を扱ったことのあるセラピストを探すとよいそう。そのセラピストのウェブサイトを探したり、経歴を知ったりするために気軽に訪問するのもよいでしょう。

ふたりで受けるカップル療法にはリスクがあります。これはふたりが関係を保っていくために治療に取り組もうと決心をし、治療後にも問題に取り組む場合のみ、有効なのです。ふたりの関係に何らかの虐待がある場合は、おすすめできません」(メカニックさん)

関係のカウンセリングはふたりが対等の力と立場を持ち、行動とふるまいに責任を持つ前提で始まります。虐待は虐待側に有利なように物差しを作るものですから、関係カウンセリングはおおむね、おすすめできません」(メカニックさん)

パートナーといい関係を

カップルのピンチ!? 不倫をプラスに変える方法 [The New York Times]

全米での調査で、結婚している女性の15%、同じく男性の25%が不倫の経験があると回答しているそう。The New York Timesによると実は不...

https://www.mylohas.net/2018/04/166433nyt_adultery.html

デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

反社会性パーソナリティ障害をもつソシオパス。つきあっている相手がソシオパスだった場合の兆候をいくつか紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/180012lover.html

Marygrace Taylor/7 Terrifying Signs Your Partner Is Emotionally Abusive, According to Psychologists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由