1. Home
  2. EAT
  3. 生理不順やお腹ぽっこり……30代が気になる“なんとなく不調”を、納豆パワーでサポート

生理不順やお腹ぽっこり……30代が気になる“なんとなく不調”を、納豆パワーでサポート

ポジティブ栄養学

7,806

吉川圭美

ぐったりしている女性

image via Shutterstock

疲れやすい、生理が不規則になってきた、徹夜するとリカバリーが遅くなっている……。30歳を過ぎると、こんな“なんとなく不調”を感じることも増えてくるのでは。

さらには、やんわり体重が増え続けている、お腹がぽっこりしてきた、なんてことも。この裏にはホルモンバランスの乱れが潜んでいることも少なくありません。

そんなときに頼りたいのが大豆のチカラ。

大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと構造がよく似ていることから、「ファイト(植物性)エストロゲン」とも呼ばれているほど。エストロゲンと似たはたらきをしてくれます。

身体にある量に合わせて調整するはたらき

大豆製品

image via Shutterstock

イソフラボンがすばらしいのは、その人の身体にあるエストロゲンに合わせて量を調整してくれること。不足しているときはよりパワフルに、多すぎるときは弱めに……。なかでも納豆は、発酵の力により体内への吸収がよくなっているのも注目したいところです。

食事からとったイソフラボンは体内に入ったあと、腸内細菌によってエクオールに変化してはたらきます。日ごろから大豆製品をとっている人ほど、エクオールを作ることができる割合が高いと考えられているので、コツコツととっておきたいところです。

みそ汁に入れたり、卵と一緒に食べたり

納豆

image via Shutterstock

こまめにとりたい納豆。わたしはみそ汁に納豆を2パックほど入れて食べるのがお気に入りです。七味をひとふりすれば冷えた身体もポカポカに。味噌と納豆、ダブルで大豆製品をとることができるのもメリットです。

納豆にしらすを入れて食べればプロテインスコアがアップ。タンパク質を体内で有効活用できます。

身近な食材である納豆は、アンバランスに悩む私たちの強い味方といえそうです。もちろん、タンパク質や野菜、海藻、質のいい油などをしっかりとるのもお忘れなく

納豆パワーに注目!

納豆ごはんがダイエットをサポート。食べて痩せる4つのパワー

和食の定番メニュー「納豆ごはん」。発酵食品の納豆が健康によいイメージを持つ人は多いと思いますが、実はダイエットにも役立つことを知っていますか? 納豆...

https://www.mylohas.net/2018/12/181457natto_rice.html

腸内環境の改善に。香ばしくてふわふわの納豆フリットのレシピ

日本人のソウルフードとも言える、納豆。身近な食材なのに、食べ方は「混ぜてごはんと一緒に食べる」の一辺倒になっていませんか? もしそうだったらもったい...

https://www.mylohas.net/2019/01/183375natto_recipe01.html

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら