1. Home
  2. EAT
  3. 生理不順やお腹ぽっこり……30代が気になる“なんとなく不調”を、納豆パワーでサポート

生理不順やお腹ぽっこり……30代が気になる“なんとなく不調”を、納豆パワーでサポート

ポジティブ栄養学

6,797

ぐったりしている女性

image via Shutterstock

疲れやすい、生理が不規則になってきた、徹夜するとリカバリーが遅くなっている……。30歳を過ぎると、こんな“なんとなく不調”を感じることも増えてくるのでは。

さらには、やんわり体重が増え続けている、お腹がぽっこりしてきた、なんてことも。この裏にはホルモンバランスの乱れが潜んでいることも少なくありません。

そんなときに頼りたいのが大豆のチカラ。

大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと構造がよく似ていることから、「ファイト(植物性)エストロゲン」とも呼ばれているほど。エストロゲンと似たはたらきをしてくれます。

身体にある量に合わせて調整するはたらき

大豆製品

image via Shutterstock

イソフラボンがすばらしいのは、その人の身体にあるエストロゲンに合わせて量を調整してくれること。不足しているときはよりパワフルに、多すぎるときは弱めに……。なかでも納豆は、発酵の力により体内への吸収がよくなっているのも注目したいところです。

食事からとったイソフラボンは体内に入ったあと、腸内細菌によってエクオールに変化してはたらきます。日ごろから大豆製品をとっている人ほど、エクオールを作ることができる割合が高いと考えられているので、コツコツととっておきたいところです。

みそ汁に入れたり、卵と一緒に食べたり

納豆

image via Shutterstock

こまめにとりたい納豆。わたしはみそ汁に納豆を2パックほど入れて食べるのがお気に入りです。七味をひとふりすれば冷えた身体もポカポカに。味噌と納豆、ダブルで大豆製品をとることができるのもメリットです。

納豆にしらすを入れて食べればプロテインスコアがアップ。タンパク質を体内で有効活用できます。

身近な食材である納豆は、アンバランスに悩む私たちの強い味方といえそうです。もちろん、タンパク質や野菜、海藻、質のいい油などをしっかりとるのもお忘れなく

納豆パワーに注目!

納豆ごはんがダイエットをサポート。食べて痩せる4つのパワー

和食の定番メニュー「納豆ごはん」。発酵食品の納豆が健康によいイメージを持つ人は多いと思いますが、実はダイエットにも役立つことを知っていますか? 納豆...

https://www.mylohas.net/2018/12/181457natto_rice.html

腸内環境の改善に。香ばしくてふわふわの納豆フリットのレシピ

日本人のソウルフードとも言える、納豆。身近な食材なのに、食べ方は「混ぜてごはんと一緒に食べる」の一辺倒になっていませんか? もしそうだったらもったい...

https://www.mylohas.net/2019/01/183375natto_recipe01.html

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン