1. Home
  2. MIND
  3. 忘れっぽい、集中できない……医師が考えた「頭のもやもや」を追い払う方法&食べ物は?

忘れっぽい、集中できない……医師が考えた「頭のもやもや」を追い払う方法&食べ物は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

8,125

MYLOHAS編集部

雲を持つ女性

image via shutterstock

ブレインフォグ」というのは、医学的な病名ではありませんが、医師が相談を受けるよくある症状のひとつで、忘れっぽい、思考が遅い、「ここまで出かかってるのに思い出せない」感じ、集中できない、といった状態になります。

今回は、医師の考えたブレインフォグを追い払う方法をご紹介します。

ブレインフォグの原因については、こちらの記事を。

  1. 地中海食を取り入れる
  2. よく眠る
  3. 活動的に過ごす
  4. もっとたんぱく質を摂る
  5. ローズマリーの香りを嗅ぐ

01. 地中海食を取り入れる

地中海料理食材

image via shutterstock

地中海食を強くおすすめします」と、ジョージア州アトランタにあるエモリー大学脳健康センターの神経科教授で博士のフェリシア・ゴールドスタインさんは話します。

研究によると、成人で魚、果物・野菜、ナッツ、豆類、全粒穀物、オリーブオイルを取っていた人は、それほどちゃんと食べていなかった人に比べて、記憶と注意力のテストでスコアが高い結果が出たのです。

鮭(サーモン)は神経の機能に大切なビタミンB12が豊富で、魚に含まれるオメガ3系脂肪酸は、軽度認知障害の人で注意力と処理速度を改善する可能性があるそう。抗酸化物質たっぷりの農作物も、脳の健康に有効です。

02. よく眠る

寝不足の女性

image via shutterstock

睡眠不足のときは集中して注意力を保つのが特に大変になります」と、ボストンにあるマサチューセッツ総合病院の医師、ジョナサン・ロザンドさん(マカンス脳健康センター共同ディレクター)は言います。

寝る前のいつもの手順を守り、ベッドに入る1時間前にはスマホやパソコンから離れます。このような電子装置から出るブルーライトに接していると、睡眠をうながすホルモン、メラトニンが作られにくくなるからです。

03. 活動的に過ごす

階段を登る女性

image via shutterstock

運動すると、頭が冴えます。

脳に運ばれる血液と酸素が増え、よく眠れるようになり、思考がくもるような病気になるリスクも低下します。中くらいの強さの有酸素運動を、毎週150分が目標です。

研究によると、低〜中強度の階段昇り降りを10分間行うと、カフェイン50ミリグラムを摂るよりも、女性で作業記憶(ワーキングメモリー)、注意力、反応時間がよくなりました

04. もっとたんぱく質を摂る

タンパク質

image via shutterstock

エネルギーが急に下がってしまわないように、炭水化物の多い食事やスナックは避ける方がよさそう。脳内で注意を喚起する神経の活動が邪魔されます。

この神経を刺激するアミノ酸が含まれている高たんぱく質の食品を選びましょう。そして、脳に血液を送り続けるために、十分に水を飲みます。10〜20分の昼寝も、認知機能の混乱を直すために有効。

05. ローズマリーの香りを嗅ぐ

ローズマリー

image via shutterstock

本格的な研究の前に行われる予備的な研究の結果ですが、ローズマリーのエッセンシャルオイルの香りをかぐと、暗算の成績が上がるとわかりました。

「私は家庭療法を高くかっていて、害になるという証拠がない限り、試してみるよう奨励しています」とロザンドさんは評価しています。

記憶力をよくするコツは?

意外と簡単! 科学に裏づけされた記憶力UPの秘訣38 vol.01

年々衰える気がする記憶力。実は打ち手はあるかもしれません。記憶力をよくする38個の秘訣を紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178899memory.html

認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

脳のはたらきが低下して、日常生活に支障を来す「認知症」。予防策としては生活習慣を改善し、若いうちから脳の「認知予備力」を鍛えることが大切です。認知症...

https://www.mylohas.net/2018/12/180215milk.html

Richard Laliberte/5 Shockingly Simple Ways to Get Rid of Brain Fog, According to Doctors
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ