1. Home
  2. EAT
  3. 疲れたら鉄分やマグネシウムを! 気分にプラスの影響を与える食べ物

疲れたら鉄分やマグネシウムを! 気分にプラスの影響を与える食べ物

5,586

Mao SHIMONO

THE CURE

食べた物とその人の気分とは、互いに影響し合っている――。

食べ物に含まれるビタミンや栄養で健康管理ができるように、食べ物は人の気分をも左右するという考え方があります。これは「Mood Food」と呼ばれ、人の気分や健康にプラスの影響を与える食べ物をメニューに取り入れるレストランが、ヨーロッパで見受けられます。

気分や体調に合ったメニューが揃う場所

気分は食べ物を導き、食べ物が気分を導く

THE CURE RESTAURANTより翻訳引用」

パリ9区にあるレストラン「THE CURE」は、その名のとおり、人を「cure=癒す」効果があると言われるメニューを取りそろえています。

THE CURE

このレストランのオーナーは、以前は弁護士として活躍していたステファニーさんです。より意義ある人生をと、「Mood Food」の考えを軸にこの店を開きました。

STEPHANIE

医師の父を持ち、小さい頃から体によいものを食べるようにと教えられてきた影響もあり、ストレスや疲れなど、その日の心の状態を和らげてくれるメニューを人々に提供したいと考えたそうです。

メニューは、栄養士のアドバイスを受けながら、シェフとともにシンプルで受け入れられやすい料理を工夫。新鮮な素材を毎日手づくりで提供するため、季節によってメニューの中身は変わります。

鬱々とした気分のとき、リラックスしたいとき、疲れきってしまったときなど、人が抱きがちな気分にあったメニューが9種類そろっています

THE CURE

時間がないパリジャンには持ち帰りサービスも人気

心のバランスに働きかける「Mood Food」のヒント

体が重たくやる気が出ないときは、肝臓・腎臓のデトックスを

なんとなく体の不調を感じている人には、ステファニーさんは「Menu Détox(デトックス・メニュー)」をおすすめします。

「肝臓と腎臓に働きかけ、体内に溜まった毒素をデトックスすれば体の不調もとれ、気分もスッキリします。『デトックス・メニュー』では、ビタミンB2・C・E、ベータカロチン、亜鉛、セレニウムといった栄養素をバランスよく摂取できるようにしました」(ステファニーさん)

お酒や脂質を多く摂ったと思ったら、肝臓に毒素がたまり、負担がかかっている証拠です。また、血中の塩分や毒素をろ過する腎臓の働きがにぶると、何となくだるかったり気分がすぐれなかったりします。そのためには、この2つの臓器をいたわり、デトックスしてあげることが重要になってきます。

DETOX

冬の「デトックス・メニュー」の食材には、アブラナ科のケール、キャベツ、ムラサキキャベツ、ブロッコリー、ニンジン、アーモンド、ウコン、ショウガが使われています。

最近どうも疲れやすい……と思ったら、これらの食材を料理にとりいれてみては。

ヘトヘトに疲れたら、マグネシウムと鉄分が不足しているかも?

疲れきって力が出ないと感じるときは、「Menu TNT(TNT・メニュー)」が用意されています。

ひどい疲れには、鉄分、複合炭水化物、プロテイン、ビタミンC、マグネシウムを補ってあげることが不可欠です」(ステファニーさん)

複合炭水化物は、小麦製品(パスタ、パン)、穀類、玄米、豆類、根菜類などに含まれており、体の元となるエネルギー源を作ってくれます。

また、マグネシウムは体に不可欠なミネラルのひとつ。大豆製品、木の実、穀物、魚介類、海藻などに豊富に含まれており、骨、歯、筋肉、脳・神経にある成分です。

神経情報の伝達や体温・血圧調整に働きかけ、これが不足すると生活習慣病にもかかりやすくなると言われています。

ステファニーさんの冬の「TNT」メニューには、もやし、豆腐、エンドウ豆、小麦、クルミ、カリフラワー、じゃがいもが使われています。日本人におなじみの食材が名前を連ねるのも興味深いところです。

TNT

果物に豊富に含まれるビタミンC、プロテイン、複合炭水化物などはなんとなく摂取していることがありますが、鉄分やマグネシウムは意識して摂るようにしたいものです。

今回紹介した2つのメニュー以外にも、イライラしたときに選ぶ「禅メニュー」、冬を迎える前の「WICメニュー」、春になってスポーツを始めるための「EPSメニュー」などユニークかつ愛情たっぷりのアイデアメニューがそろっています。

THE CURE

家で手軽に! 疲れた体を癒すやさしいレシピ

風邪気味&肝臓がお疲れなときに飲みたい!簡単たら&ターメリックスープ

旬のたらをアレンジした、バリのアヤム風スープ。ターメリックやしょうが入りで、風邪予防をはじめ、年末年始に飲みすぎ、食べすぎた人にもおすすめです。

https://www.mylohas.net/2019/01/182446_kelly21.html

腸内環境の改善に。香ばしくてふわふわの納豆フリットのレシピ

日本人のソウルフードとも言える、納豆。身近な食材なのに、食べ方は「混ぜてごはんと一緒に食べる」の一辺倒になっていませんか? もしそうだったらもったい...

https://www.mylohas.net/2019/01/183375natto_recipe01.html

THE CURE

    specialbanner

    Ranking

    1. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. つらい断食はもうやめた。週1回、16時間のプチ断食で内臓リセット

    5. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    6. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    9. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら