1. Home
  2. BODY
  3. 理学療法士も愛用! 筋膜を心地よく解きほぐすフォームローラーとは?

理学療法士も愛用! 筋膜を心地よく解きほぐすフォームローラーとは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,578

フォームローラー

毎朝、腰の痛みとともに目が覚める、あるいは週に何度も午後になると凝っている肩のあたりをさすってしまう……そんな思いをしているのは、あなただけではありません。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の最近の調査結果によれば、およそ5千万人のアメリカ人が何らかの慢性痛に苦しんでいるそう。これはアメリカの人口のおよそ20パーセントにあたります。つまり、あなたには仲間が大勢いるということ。だからといって痛みが消えるわけじゃないけれど。

でも、そんなあなたに朗報です! この悩みも安価な道具ひとつと、ほんの数分の時間さえあれば解決するかもしれません。

筋肉の緊張をほぐして痛みを軽減するために、理学療法士が長らく活用してきたのが、フォームローラー(ジムでよく見かける、黒や青の長い円筒形をしたウレタンフォームのこと)です。

フォームローリングのメリット

ストレッチ

image via shutterstock

フォームローリング(自己筋膜リリースともいう)は、組織の上にある層をより柔軟にすることによって筋肉の緊張をほぐすというもの

「身体の組織には筋肉を包み、筋肉群をつなぐ筋膜と呼ばれる層があります」と説明するのは、ニューヨークにあるBeFit Therapyでトレーナーをしている、スポーツ臨床専門医のブライン・ガーニーさん。

「よくある例だと、筋膜内にトリガーポイントが成長するのですが、そのトリガーポイントこそがコリや痛みの原因に。そこでフォームローラーを使って、これらのトリガーポイントをリリースし、筋肉をやわらかくするのを助けるわけです」

フォームローラーのエクササイズとストレッチを組み合わせて筋肉をほぐせば、もっと自由に身体が動くようになり、痛みもやわらぐことに気づくはず。

また関節周りの筋肉はそれほど硬くないので、フォームローリングは可動域を広げるのにも役立ちます。多くのトレーナーが、ワークアウト後の痛みの予防だけでなく、エクササイズ前に関節の準備を整えるためにフォームローリングを推奨しています。

注意すること

肩の痛み

image via shutterstock

鋭い痛みやチクチクするような痛みがあり、それが1週間以上続いている場合や、あるいは何か外傷を負う出来事の後に痛みが起こるようになった場合は、医師の診断を受けてください

理学療法士は問題の要因となる身体の動きを分析することができますが、医師であればもっと深刻な筋肉の損傷や骨のけがなどについて診断が可能です。

うずくような痛みが現れたりおさまったりする、痛みが消える、あるいはエクササイズをすると改善するといった場合なら、軟部組織が硬くなって可動性を制限している兆候で、フォームローリングが役立ちますね」と言うのは、シカゴにあるReact Physical Therapy創立者で理学療法士のデイヴィッド・リーヴィーさんです。

おすすめのフォームローラーは?

フォームローラー

image via shutterstock

クッションのようにやわらかいものから硬いものまで、ローラーにはさまざまな種類があります。

どれがよいのかは、筋肉がどのくらいセンシティブで、どのくらい深くまでマッサージを行いたいかによって変わってきます。したがって購入を考えているなら、どれがおすすめか理学療法士に相談しましょう。

ガーニーさんの好みは、やわらかめのマッサージにはMELTメソッド社製のやわらかいローラー筋肉の奥深くに届くようなものを探しているなら、トリガーポイント社製のカーボンフォームローラーだそう。

具体的なエクササイズは、次回に。

マッサージで身体スッキリ

占い師が、慢性的なコリ解消のために寝転んだまま使うものは?

占い師のLUAさんが、慢性的なコリを解消するために寝転んだまま使うものは? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者の方々に、「体調管...

https://www.mylohas.net/2019/01/181808health_lua.html

女性医療ジャーナリストがマッサージ要らず、むくみ知らずになったアイテムは?

女性医療ジャーナリストの増田美加さんが、マッサージ要らず、むくみ知らずになったアイテムは? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者の...

https://www.mylohas.net/2019/01/181652health_masuda_mika.html

Laurel Leicht/5 Foam Roller Exercises to Ease All of Your Aches and Pains
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    5. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン