1. Home
  2. EAT
  3. ごはん・パン抜きでも腹持ちよし! 野菜中心のおしゃれなお弁当5つ

ごはん・パン抜きでも腹持ちよし! 野菜中心のおしゃれなお弁当5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

26,323

MYLOHAS編集部

お弁当

image via shutterstock

日本のランチでは定番のお弁当ですが、最近アメリカでも大流行しています。それもそのはず、お弁当なら量を調整できますし、見た目も華やか。大人も子どもも楽しめますよね。

なかでも一番の魅力は、好みに合わせてカスタマイズできること。ひとつのお弁当ボックスに自由に食材を詰め合わせられるので、簡単に準備できて飽きません。おかずを仕切っておけば栄養管理もしやすく、タンパク質、食物繊維、良質な炭水化物が十分に摂れているか一目でわかります。

今回は、ごはんやパンを使わないお弁当アイデアをご紹介します。

  1. ベジタリアン・タコスラップ
  2. ほうれん草とベーコンのミニキッシュ
  3. ピコ・デ・ガヨのキヌアボウル
  4. チキンシャワルマとさつまいものフライ
  5. アボカドのデビルドエッグ

1. ベジタリアン・タコスラップ

タコスラップ

お肉は食べないけれどタンパク質はしっかり摂りたいという食通の方におすすめなのが、こちらのベジタリアン・タコスラップ。

タンパク質たっぷりの黒豆や、ヘルシーな葉物野菜のロメインレタスが含まれます。お好みのフルーツ、野菜、エネルギーバイツと一緒にお楽しみください。

詳しいレシピはこちら(英語):Living Lou

2. ほうれん草とベーコンのミニキッシュ

キッシュ

簡単なランチと言えばこれ!このレシピで24個のミニキッシュが作れるので、1週間以上楽しめます。これらのひと口サイズの小さなご褒美を、新鮮なフルーツと一緒に召し上がれ。

炭水化物を抑えたランチですが、とてもおいしく、混ぜ合わせるだけでとっても簡単に作れます。

詳しいレシピはこちら(英語):Momables

3. ピコ・デ・ガヨのキヌアボウル

キヌア

フレッシュなピコ・デ・ガヨ(サルサ)が嫌いな人はいないはず! 少し準備に手間がかかりますが、その価値はあります。このマイルドなサルサは、トマト、赤玉ねぎ、ハラペーニョのみじん切りを混ぜ合わせ、コリアンダーなどの調味料で味付けします。

お弁当を食べる際に、ピコ・デ・ガヨ(サルサ)と黒豆をキヌアと混ぜ合わせれば、カラフルで華やかな食事を楽しめます。もちろん、半熟卵やアボカドスライスなど、ブリトーボウルに合うお気に入りのトッピングを加えても構いません。

詳しいレシピはこちら(英語):One Lovely Life

4. チキンシャワルマとさつまいものフライ

シャウレマ

中東料理のこちらのレシピは、風味豊かで栄養たっぷり。

チキンシャワルマ(肉をグリルした中東料理)、さつまいものフライ、アスパラガス、乾燥トマトに、オリーブやニンニクとタヒニ(ごまペースト)入りのヨーグルトをかけて食べます。間違いなくおいしいので、何度も何度も作りたくなるお弁当レシピです!

詳しいレシピはこちら(英語):Half Baked Harvest

5. アボカドのデビルドエッグ

エッグ

ゆで卵を使ったデビルドエッグは、やみつきになるおいしさ。うれしいことに、こちらのブログでは毎日のランチに使えるヘルシーなデビルドエッグレシピが紹介されています。

飽和脂肪酸を含むマヨネーズの代わりにアボカドを使うことで、良質な脂肪を摂取できます。一般的なデビルドエッグのクリーミーさと味わいを残しつつ、緑色が加わり色合いも華やかです。お好きな野菜やプランテンチップス(青バナナチップス)と一緒に食べてみてください。

詳しいレシピはこちら(英語):Eating Bird Food

糖質を上手にコントロール

がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

ガン細胞は、仲間を増やすために力強く増殖していきますが、その主なエネルギー源が、なんと糖質なのです。

https://www.mylohas.net/2018/10/177348cancer.html

糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

糖質制限で痩せるとは聞くけれど、どう始めたらいい? 糖質ってどんなものに含まれているの? やってみたいけれど頭の中に「?」が浮かぶ人に、糖質にまつわ...

https://www.mylohas.net/2018/09/175279carbohydrate02.html

Alexis Jones/12 Simple Ways to Prep a Bento Box for Lunch
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    2. 「幹細胞コスメ」って何がいいの? 専門家に聞く選び方のポイント

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. お腹を引き締め「くびれ」をつくる、山登り風のエクササイズ

    5. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    6. 彼女の夜の営みが「年に一度」から「週に一度」に増えたのはなぜ?

    7. 脇腹のぜい肉にかなり効く「ひざタッチ」

    8. 便秘・むくみを解消したいときのメニュー3選、管理栄養士が教えます

    9. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    10. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?