1. Home
  2. STYLE
  3. 月の満ち欠けがわかる!2019年のリズムに乗れる手帳5冊

月の満ち欠けがわかる!2019年のリズムに乗れる手帳5冊

5,228

岩橋朝美

schedulebook_main

新月が満ちて満月になり、満月が欠けて次の新月へ。約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは、人間や動植物のリズムと深い関係があります。

「はじまり」の象徴である新月の日は、新しいことに挑戦することに適したタイミング、「豊かさ」の象徴である満月の日は、自分と向き合い冷静に考えることに適したタイミングといわれています。月のリズムを生活に取り入れることで、思考や行動がスムーズになる可能性があります。

そんな、月のリズムを取り入れた暮らしを手軽に実践できるのが「月の満ち欠け」が記載された手帳。予定だけでなく、その日に起こった良いことや悪いことを記載しておくと、月の満ち欠けと自分のバイオリズムの関係性が見えてくるかもしれません。

15周年のロングセラー! “月を味方にする”手帳

schedulebook_01

「MOON BOOK 2019」1,620円(税込)

発売から15周年のロングセラーを誇る、占星術の第一人者・岡本翔子さんによる“月を味方にする”手帳。毎日の月の満ち欠けと月が位置する星座が記され、月の満ち欠けに合わせた日々の生活のヒントが記されています。

schedulebook_02

占星術から見た「2019年の展望」、月を通じてほかの惑星についても学べるコラムなど読み物も充実。B6サイズ。

月の満ち欠けに合わせた生活のヒントが満載!

月のパワーを利用して開運を叶える!

schedulebook_03

「ムーン・ダイアリー'19」950円(税込)

月のパワーを利用して開運する方法を指南する手帳。こちらも発売から15周年のロングセラー月のサイクルを利用して開運できるよう、新月時・満月時の書き込み欄が設けられています。

schedulebook_04

また、月が入宮している星座名と、それに合わせた日替わりの行動アドバイスが記載されているので、毎日チェックするのが楽しみに。A6サイズ。

日替わりで親切な行動アドバイス付きの手帳

季語や食養生などのコラムも満載の旧暦手帳

schedulebook_05

「LUNAWORKS 和暦日々是好日 2019 旧暦手帳 B6(カバーなし)」2,484円(税込)

月の満ち欠けのサイクルをもとに作られた旧暦を採用した手帳。今年の旧暦に当たる2019年2月5日から2020年1月24日までを掲載しています。

schedulebook_06

二十四節気、七十二候、雑節のほか、季節ごとの植物や薬草、生き物、野菜などの情報が盛りだくさん。江戸~明治時代のの木版画から採用したビジュアルにも引き込まれます。B6サイズ。

季節の植物や野菜などのコラムも充実した手帳

使うほどに“身体観”を育くむ手帳

schedulebook_07

「2019 花の星座 旧暦美人月ごよみダイアリー(カバー:綿麻)」2,880円(税込)

西暦をベースに月の満ち欠けや旧暦の知恵、身体感覚のコラムを加えた、使うほどに“身体観”を育んでいくことができる手帳。身体感覚の視点による季節に応じた身体の整え方や、旬の食材によるレシピなども豊富。綿麻素材のレトロなカバーもオシャレ。四六判。

身体感覚が研ぎ澄まされる手帳

漠然とした夢を具体化して実現につなげる

schedulebook_08

「夢をかなえる人の手帳 2019 <青>」1,620円(税込)

夢のリストアップから実現するための計画、行動までをさまざまなアドバイスでサポートする手帳。

schedulebook_09

ワクワクリストやライフサークルなど、漠然とした夢を具体化するためのツールが充実。また、スケジュールには新月や満月の記載も。B6サイズ。

楽しみながら夢を叶えられる手帳

2019年は月のリズムを味方につけて、心も体も心地よく過ごしましょう!

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた