1. Home
  2. BODY
  3. 医師が教える、食中毒と「おなかの風邪」(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方は?

医師が教える、食中毒と「おなかの風邪」(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

26,877

MYLOHAS編集部

聴診器

image via shutterstock

普通の風邪やインフルエンザ、食あたりに至るまで、冬にありがちな病気は結構多いもの。身体にそんな問題を引き起こす原因はさまざまです。

吐いたりトイレに駆け込んだりしたら、何が原因なのかと思うかもしれませんね。食中毒とおなかの風邪(胃腸風邪、ウイルス性胃腸炎、感染性胃腸炎ともいう)は、どちらもそうした症状の原因になります。

今回は、食中毒とお腹の風邪(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方を、医師が説明します。

基礎編「食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)の違い」についてはこちらの記事を。

食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)の症状

迷う女性

image via shutterstock

食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)(ウイルス性胃腸炎)の症状はとてもよく似ているため、どちらなのか判断しにくい場合があります。

食中毒の症状

野菜

image via shutterstock

  • 胃の不快感
  • 胃けいれん
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)の症状

風邪をひいた女性

image via shutterstock

  • 下痢
  • 胃の痛みとけいれん
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • ときには発熱
  • 疲労感
  • 極度の喉の渇き(脱水状態の場合)
  • 頭のフラつき
  • 頭痛または身体の痛み

食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)の見分け方

トイレ

image via shutterstock

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、低めの発熱はどちらもあります」と話すのは、アメリカの有名な非営利医療機関、クリーブランド・クリニックの胃腸病専門医、クリスティン・リーさん。

でも、おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)では、吐き気と嘔吐、食中毒のとき、下痢になることが多いようです。

ノースウェスタン・メモリアル病院(イリノイ州シカゴ)の消化器センター医長、スティーブン・ハナウアーさんは、「細菌性の食中毒は、小腸ではなく大腸の方に影響が出ますから、それが症状の違いになっています」と言います。症状の開始時期と持続期間にも注意するとよいそう。

食中毒は普通、急速に現れ(たいていは汚染された食べ物を取ってから数時間後)、「1〜3日しか続かないはずです」(ハナウアーさん)。

反対におなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)は、ウイルスが“宿主”(つまり、あなた)に感染する時間が必要ですから、一般的にもっとゆっくり始まります(おおよそ1、2日)。「その後3〜10日、症状が続きます」(リーさん)。

疲れたおなかには、やさしいものを

自家製ココナッツミルクヨーグルトを使ったパンプキンムースの作り方

旬のフルーツをヘルシーに美味しくアレンジ。今回は、カボチャと自家製ココナッツミルクヨーグルトで作るパンプキンムースのレシピをご紹介します。ココナッツ...

https://www.mylohas.net/2017/11/065930fruit_recipe.html

からだポカポカ。冬のホームパーティで喜ばれる「フレンチ薬膳」

忘年会やクリスマスなど、パーティシーズンに欠かせないコース料理のひとつとして、フランス料理は外せません。フランス料理といえば、ホテルのレストランや三...

https://www.mylohas.net/2015/11/050593french_yakuzen.html

Emily Shiffer/Do You Have Food Poisoning or the Stomach Flu? Here’s How to Tell
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由