1. Home
  2. BODY
  3. おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)と食中毒はどう違う?

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)と食中毒はどう違う?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

30,019

MYLOHAS編集部

腹痛

image via shutterstock

普通の風邪やインフルエンザ、食あたりに至るまで、冬にありがちな病気は結構多いもの。身体にそんな問題を引き起こす原因はさまざまです。

吐いたりトイレに駆け込んだりしたら、何が原因なのかと思うかもしれませんね。食中毒とおなかの風邪(胃腸風邪、ウイルス性胃腸炎、感染性胃腸炎ともいう)は、どちらもそうした症状の原因になります。

ちなみに、アメリカでは毎年4,800万人が食べ物を媒介とする病気にかかっており、ノロウイルスによる胃腸炎は最大で2,100万件にも上るのです。

食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)がどのように違うのか、症状を見分けるにはどうすればよいか、医師に説明してもらいます

食中毒とは?

食事をとる女性

image via shutterstock

簡単にいえば、「食中毒は腐敗した食べ物、または毒素で汚染された食べ物を口にしたことが原因となる病気です」と、アメリカの有名な非営利医療機関、クリーブランド・クリニックの胃腸病専門医、クリスティン・リーさん。

食中毒を引き起こす細菌やウイルスは実にたくさん存在しており(大腸菌、リステリア菌、サルモネラ菌、ノロウイルスなど)、汚染源を特定するのはなかなか大変です。

「食べ物は処理中(不適切な洗い方や保存方法)、調理中(間違った取り扱いや調理不足)、またはテーブルに出されている間(温度や出し方)のどの時点でも、汚染される可能性があります」と、リーさん。

アメリカ衛生研究所(NIH)によると、学校のカフェテリア、社交の集まり、レストランなど、大勢に食事が出される場で食べた後に、食中毒になるケースが多いそう。

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)とは?

腹痛

image via shutterstock

ウイルス性胃腸炎とも呼ばれるおなかの風邪は、リーさんによると「ウイルス感染が原因の一時的な胃腸障害。ノロウイルスとロタウイルスがもっとも多く見られます

アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、ロタウイルスに感染するのは大部分が子どもです。成人では、ウイルス性胃腸炎も、食品を介して起こる病気のいずれについても、最も多い原因はノロウイルスです。

ノロウイルスは伝染性がとても強く、家庭や生活共同体、クルーズ船などの狭い空間で拡散するケースが一般的。感染した人が十分に手を洗わない、誰かがさわったところに触れる、人のために食事を作る、握手するといった行為を通じて広がります。

「インフルエンザのような症状もあるのですが、 おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)はインフルエンザと同じではありません」とノースウェスタン・メモリアル病院(イリノイ州シカゴ)の消化器センター医長、スティーブン・ハナウアーさん。

インフルエンザは呼吸器系を攻撃するウイルスですから、ワクチン接種を受けてもおなかの風邪の予防にはならないのです。

また、おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)は、英語で「stomach flu(胃のインフルエンザ)」と呼ばれますが、ウイルスが実際に付着して攻撃するのは、胃ではなく腸です。

連動記事は以下から。

医師が教える、食中毒と「おなかの風邪」(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方は?

おなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)を早く治すには? 積極的に摂るべきものとNGフード

おなかの調子を整えるレシピ

食物繊維が豊富な「もち麦」レシピ3選

食物繊維や栄養素が豊富で低カロリー、そしてなによりおいしいと話題の「もち麦」。炊くだけじゃなく、ひと手間加えたアレンジレシピとは?

https://www.mylohas.net/2017/10/065090mochimugi.html

ぽっこりおなかを解消するフルーツクレンズ活用法

満足感とすっきり感を味わえるフルーツクレンズにぴったりのトウモロコシとトマトを使ったレシピ2つをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2017/07/063647fruits.html

Emily Shiffer/Do You Have Food Poisoning or the Stomach Flu? Here’s How to Tell
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由