1. Home
  2. BODY
  3. 胃腸の専門医が解説! ウンチの長さや頻度、ベストタイミングはいつ?

胃腸の専門医が解説! ウンチの長さや頻度、ベストタイミングはいつ?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

26,181

MYLOHAS編集部

うんち

今日はウンチについて、マジメに語りたいと思います。この話題は以前にも取り上げたので、健康的なウンチについてはすでにご存知の方もいると思います。

では、排便の仕方についてはどうでしょうか? かかる時間や頻度、トイレに入っている時間など、きちんと理解できていますか?

正しい知識をつけるため、信頼できる胃腸科の専門医に話を聞きました。ウンチの習慣に関する専門家の意見をご紹介します。

毎日ウンチをしないといけないの?

カレンダー

image via shutterstock

1日1回が絶対というルールはありません

「平均的に、1日1~2回行く人が多いですが、もっと回数の多い人も大勢います」と、ニューヨークプレスビテリアン病院/ワイル・コーネル医療センター、消化管疾患ジェイ・モナハン・センターの理事長を務める、フェリス・シュノール-サスマン博士は言います。

また1~2日、さらには3日間排便がなくても問題はないそう。胃の不快感を感じたりトイレに間に合わないということがなく、体調が良ければ心配する必要はありません。

排便のルールに標準はありません。その人にとっての標準があるだけです」とシュノール-サスマン博士。

では、普段は1日1回なのに、突然1日3~4回行くようになってしまった場合はどうでしょう? シュノール-サスマン博士によると、単に食事のせい(少し古くなった肉を食べたなど)の場合もありますし、ひどくなると下痢を伴う感染症による場合が多いとのこと。

逆に、食物繊維を多めに摂るようになったなど、いい変化によって回数が増える場合もあります。ただし、胃の不快感が続いたり、トイレの回数があまりにも多く気まずい思いをするような場合には、きちんと病院に行った方がいいでしょう。

でも……定期的にウンチをするのはいいこと?

女性のお腹

image via shutterstock

はい。いつも同じ時間にトイレに行く人は、消化器系が健康的に機能していると言えます。でも、そうでない人も心配ありません。トイレに行く時間はいつでも構いませんが、専門家によると便器に向かうのは朝というのが一般的なようです。

「多くの人は、夜に一番たくさん食べます」とシュノール-サスマン博士は言います。「そのため、朝起きるまでに、何時間もかけて食事が消化され、腸に溜まっていきます」。寝そべっているときは腸が閉じているので、目を覚ますほどの便意は感じません。でも立ち上がると腸が開いて、溜まったものが下に降りてくるのです。

次に一般的な時間帯は、生物学とは関係なく、人間の性質に関わるものです。多くの人は、仕事から家に帰ったときにトイレに行くそうです。「これは単にリラックスして便通が促されるためです」と、ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター医学の臨床准教授であるリサ・ガンジュ博士は言います。

食後すぐにウンチをするのはよくないの?

食事

image via shutterstock

夕食が体を通り抜けてそのまま出てしまっていると感じている方。あなたの消化器系が特別で、すごく効率的に動いているわけではありません。

ガンジュ博士によれば、むしろ消化器官が成長していない可能性があると言います。「食後すぐに便意を感じるのは、赤ちゃんの反射作用です」と彼女は言います。この反射作用が一生抜けない人もいるそうです。

理想的とは言えませんが、食後トイレに行きたくなるのはまったく正常で、心配することではありません、とシュノール-サスマン博士は話します。

夕食に食べたものがすぐに排便されるわけではありません。食事が便意を感じる反射作用のきっかけとなっているだけで、体はたっぷり時間をかけて栄養を吸収しています。

問題があるのは、ウンチがゆるい、浮いてしまう、臭いがひどいなどの場合です、とシュノール-サスマン博士は言います。脂肪をうまく吸収できていない、または下痢の可能性があります。

下痢の場合は便意をコントロールできません。食事をしたかどうかに関わらず、すぐにトイレに行かないとこらえきれない状態になるのが普通です。下痢の主な症状は次の通りです。

  • 便がゆるゆる
  • 腹部の痛み
  • おなかの張り
  • 吐き気
  • トイレを我慢できない
  • 血便

ただし、忘れないでほしいのは、食後すぐにトイレに行くことが「標準」のタイミングではないということです。食物繊維がたくさん含まれている食品など、消化に時間のかかる食べ物もあります。

過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患(IBD)、セリアック病などを患っている方は、食べることによって症状が出ることがあるため、ほかの人より食後すぐに便意を感じる方が多いかもしれません。

排便時間はどのくらいが適切?

ストップウォッチ

image via shutterstock

新聞を読んだり、ゲームをしたり、トイレに長居しますか? ゆっくり時間をかけるという方も、ものすごく早いという方も、特に問題はありません。5分で済むならすばらしいですが、20分かかっても大丈夫です、とシュノール-サスマン博士。

「大抵の場合、頭で考える必要はありません。腸が空っぽになれば終わったと教えてくれます」とガンジュ博士は言います。

とは言え、きばりすぎて延々とトイレから出られない場合や、座り方を変えて腸を刺激したり、場合によっては、肛門に指を入れないとできないという場合は、胃腸科専門医に相談した方がいいでしょう。

あまりにも辛いという場合、直腸に影響を及ぼす解剖学的異常がある可能性があります」とシュノール-サスマン博士は言います。

おいしく食べて、おなかスッキリ

便秘解消をサポート! いつものヨーグルト+αでできる簡単パフェの作り方

夜ご飯を食べすぎてしまったり、便秘気味だったりすると、ついつい朝ごはんを抜きがちですよね。そんなとき、一気にカラダをデトックスするために、いつものヨ...

https://www.mylohas.net/2018/11/178674chiagurt.html

便秘解消の味方「さつまいも」。冷やすと〇〇がパワーアップ

太りそうと思いがちな、さつまいも。実はダイエットや美肌作りをサポートする、女性にうれしい食べ物だってご存知ですか? ダイエット中のおすすめの食べ方も...

https://www.mylohas.net/2018/11/178934diet_sweet_potato.html

Kasandra Brabaw/8 Completely Normal Poop Questions You've Been Too Afraid to Ask
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由