1. Home
  2. BODY
  3. 運動時間、半分でOK! 複数の筋肉を同時に鍛える「コンパウンドエクササイズ」って?

運動時間、半分でOK! 複数の筋肉を同時に鍛える「コンパウンドエクササイズ」って?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,871

MYLOHAS編集部

時計を切る

image via shutterstock

コンパウンドエクササイズとはいったいなんでしょう? この運動はふたつ以上のエクササイズをひとつにまとめたもので、同時に複数の筋肉群を鍛えることができます

コンパウンドエクササイズなら、ワークアウトの時間を最大限有効に使って確かな結果が得られます。わずか6種類のコンパウンドエクササイズを行うだけで、主要な筋肉群すべてを動かすことができますよ。

このコンパウンドエクササイズ・ルーティンでは、マットとハンドウェイト1セットが必要です。ダンベルはご自身のレベルに合わせて、軽いもので1キロ、重いもので7~9キロ程度のものを使用してください。筋力トレーニングを少しずつ始めたいという初心者の方は、ダンベルなしで行っても構いません。

最初は完璧にできなくても構いません! 身体を鍛えることと同じくらい大切なのが、脳を鍛えることです。

コンパウンドエクササイズにはコツのいる難しい動きもあるので、一回でマスターするのは難しいかもしれませんが、呼吸を忘れずに笑顔で、楽しみながら行ってみてください。一連の動作すべてを、休憩を挟まずに2回続けて行うのが目標です。

寝ながらできるコンパウンドエクササイズ3つ

チェストプレス&ダブルレッグプレス

チェストプレス&ダブルレッグプレス

  1. 仰向けに寝て、腕を横に開いてL字型(直角)に曲げます。足を揃え、膝を90度に曲げて脚を上げます(テーブルトップポジション)。
  2. 腕を天井に向かって持ち上げ、チェストプレスします。同時に、足をまっすぐ伸ばして押し上げます。スタートポジションに戻ります。
  3. 10~12回繰り返します。

腕と足のウォーキング

腕と足のウォーキング

  1. はじめに、片足を曲げて体に寄せ、もう一方の足を遠くに伸ばします。曲げた足側の腕を横に伸ばし、反対側の腕は上にまっすぐ伸ばします。
  2. スキップするように、左右交互に行います。背中が床についているので、コアも意識しながら動いてください。
  3. 10~12回繰り返します。頭、首、肩を起こして行うと、コアをさらに鍛えられます。

骨盤ブリッジ&ハグアツリー

骨盤ブリッジ&ハグアツリー

  1. 仰向けになり、膝を曲げ足は床につきます。胸の上で、大きな木を抱くように腕を伸ばします。腕の位置は顔の上でなく、必ず胸の上にくるようにしてください。
  2. 背中を持ち上げながら、腕を体の横に開いていきます。手のひらは上向きにします。
  3. 10~12回繰り返します。余裕のある方は、背中をマットにつけずに少し浮かした状態で繰り返してください。

エクササイズは簡単なのがいい!

すっきり引き締まった腕を手に入れるウェイトトレーニング

スタイル抜群のジェニファーガーナー。彼女の引き締まった腕をキープするためのワークアウトについて詳しいことを教えます!

https://www.mylohas.net/2018/12/180683jennifer.html

トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

ダイエットするなら目指したいのはフラットに引き締まったおなか。余分な脂肪を落とすおすすめの方法を専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/01/182536waist.html

Chelsea Streifeneder/6 Compound Exercises That Cut Your Workout Time in Half
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由