1. Home
  2. BODY
  3. 花粉症ケア&インフルエンザ対策は、ビタミンDの力を借りて

花粉症ケア&インフルエンザ対策は、ビタミンDの力を借りて

ポジティブ栄養学

5,950

吉川圭美

くしゃみする女性

image via Shutterstock

お正月も終わり、気づけば花粉症のシーズンはすぐそこ。今年の飛散量は全体的に去年よりやや少ないものの、例年に比べてやや多め、といった様子のようです。2月中旬あたりから飛びはじめるといいますから、いまから予防を少しずつ始めておきたいところです。

そんなとき、ぜひ知ってほしい栄養素がビタミンD。驚くべきパワーについてご紹介していきましょう。

免疫の過剰反応を抑えるビタミン

鼻をかむ女性

image via Shutterstock

ビタミンDは脂で溶けるビタミンの一種で、D2からD7まで6つの種類があります。なかでも人間の身体に必要なのはビタミンD2とD3の2種類。Ⅾ2はきのこ類など植物性のものに、Ⅾ3は鮭など動物性のものに多く含まれています。ビタミンに分類されてはいますが、そのはたらきぶりは身体の機能をコントロールするホルモンさながら。もともとは骨に関する栄養素として知られていましたが、改めて注目を浴びている栄養素です。

その仕事のひとつが免疫のバランスを整えること。細胞の遺伝子に直接、抗菌ペプチドを作りなさいという指令を出します。抗菌ペプチドとは、細菌やウイルスを攻撃するようはたらくタンパク質。ビタミンDが免疫力を高めるようはたらきます。

また、免疫の要といわれる腸にもアプローチ。腸粘膜を丈夫にして抗体の生産やはたらきを正常にしたり、異物でないものに反応しないようにする機能(腸管免疫寛容)を調整したり……。免疫の過剰反応をおさえてくれます。

そもそも身体には外敵から身を守るため、細菌などの敵が入ろうとするとシャットアウトする仕組み(免疫)が備わっています。しかし花粉など、身体にとってそれほど有害ではないものを敵とみなしてしまい、誤作動を起こすことがあります。これが花粉症。くしゃみや鼻水、涙などで花粉を身体の外に出そうとするのです。そんな免疫システムを整えてくれるのがビタミンDなのです。

おすすめは“25(OH)ビタミンD3”のサプリ

ビタミンDの食べ物

image via Shutterstock

ビタミンDが含まれる食材は、鮭やしらす、いわしといった魚介類、しいたけやきくらげといったきのこ類。一方、紫外線の力を借りて皮膚で作ったりもしています。紫外線の一種、UV-Bは、衣服やガラスを通ることができないので、寒いからと外に出ない生活が続くと、体内で作られる量は目減りすることになります。紫外線ダメージが気になるなら、手のひらを日に当てるといった方法もあります。

私のおすすめはサプリメントの活用です。それは、一定量を毎日とるのが容易だから。このときのポイントは、25(OH)ビタミンD3を選ぶことです。私たちの身体に入ったビタミンDはさまざまな反応を経て25(OH)ビタミンD3という形となり、必要な分だけ活性化され、使われています。そのため、活性化される前の25(OH)ビタミンD3でとるのが望ましいのです。ボトルの成分表示は必ずチェックを。

どのくらいの量をとったらいいかわからない方、どのサプリを選んだらいいのかわからないという方は、オーソモレキュラー栄養医学を実践するドクターに相談するのもひとつの方法です。

鼻水を押さえる女性

image via Shutterstock

周りでも「鼻水がぴたっとおさまった」など、喜びの声の多いビタミンD。薬のように眠くならないうえ、インフルエンザ予防にもなるというおまけつきです。本番の時期が来る前に意識するのもよさそうです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?