1. Home
  2. BODY
  3. 痩せたければ寝室にこれは置かないで。ぐっすり寝るだけダイエット

痩せたければ寝室にこれは置かないで。ぐっすり寝るだけダイエット

29,940

田邉愛理

フレンチブルドッグ

朝、目覚めるたびに痩せていく。そんな夢のような方法が現実にあるとしたら、試さないではいられません。

肥満治療の専門医である佐藤桂子先生の著書『ダイエット外来の寝るだけダイエット』から、「痩せホルモン」を分泌させる睡眠法についてご紹介します。

正しく眠らないと1ヶ月で1kg太る?

体重計に乗る女性

『ダイエット外来の寝るだけダイエット』は、30年間で3万人の肥満患者のダイエットを成功させたという、佐藤先生のメソッドが詰まった一冊。痩せようとしても痩せない大きな理由が「睡眠」にあるという、斬新な発想には驚かされました。

それまでダイエットに失敗し続けた人たちが、なぜ健康的に痩せることができたのか。佐藤先生のもとで痩せた人たちは、決まった食べ物だけを食べ続けたり、特別な道具を使ったわけではありません。その秘訣とは、なんと「ぐっすり眠ること」。

私たちの体は正しく眠ることができるだけで、痩せることが可能です。数字で示すと、寝るだけで毎日300kcalを消費しています。体重に換算すると、なんと1ヶ月強でマイナス1kg。半年間、正しく眠っているだけで、実に6kg以上も体重を落とすことができるのです。

(『ダイエット外来の寝るだけダイエット』19ページより引用)

これは逆に言えば、正しく眠らないと、1ヶ月に1kgずつ太ってしまうということでもあります。

食生活や運動習慣を変えてみても、今ひとつダイエットがはかどらなかった理由が「眠り方」にあったとしたら、盲点というほかありません。

寝るだけで痩せる秘密は「成長ホルモン」

犬と眠る女性

佐藤先生いわく、眠りと肥満のつながりを解くカギは、「成長ホルモン」にあるといいます。

アンチエイジングに興味がある方なら、「成長ホルモンは寝ている間にもっとも多く分泌されるため、老化を防ぐためには睡眠が重要」といった解説を読んだことがあるかもしれません。

佐藤先生によると、じつは成長ホルモンには脂肪を分解する働きもあり、1日あたり約300kcal分の脂肪を分解してくれるのだそう。つまり、成長ホルモンは「若返りホルモン」であると同時に「痩せホルモン」でもあります。

正しい眠りによって「痩せホルモン」を活性化させることが、ダイエットを成功に導くゆえんです。

基本は「3・3・7睡眠法」

目覚まし時計を止める人

本書には、ただ眠るだけで健康的に痩せていく、55の正しい眠り方が紹介されています。そのひとつが「3・3・7睡眠法」です。

  • 「3」……夜中の「3時」には眠っている
  • 「3」……眠りはじめの「3時間」はまとめて眠る
  • 「7」……1日トータルで「7時間」睡眠をめざす

(『ダイエット外来の寝るだけダイエット』23ページより引用)

「痩せホルモン」は夜10時から夜中の3時までがもっとも分泌されやすく、就寝直後の3時間にまとめて分泌されるといいます。

また、睡眠時間は7時間より短くなるほど、肥満率が上がることが米コロンビア大学の研究で確認されているとのこと。「3・3・7睡眠法」は、健康的に美しく痩せるための基本習慣といえそうですね。

寝室に置いてはいけないものは?

掃除機をかける人

眠り方だけでなく、「眠りの環境」を整えることも大切だと佐藤先生。忙しいと忘れがちですが、次の3点を守ることがポイントだといいます。

  • 1日1回、部屋のプチ掃除
  • 週に1回、寝具のクリーニング
  • 空気清浄機を導入する

(『ダイエット外来の寝るだけダイエット』75ページより引用)

ヒヤリとしたのは、「眠りの環境」を整えるためにしがちなことで、やってはいけないことがあるということ。そのひとつが、寝室に生花を飾ることです。

ベッドの上に花

佐藤先生によると、花とはいえ生ものが入っている器は、カビや雑菌など微生物が繁殖する温床になってしまうといいます。病院でも最近は、お見舞いの際の注意書きに「生花を控えてほしい」という項目を入れるところが増えているそうです。

そして同じことが、加湿器にも当てはまるとのこと。寝室に加湿器を置く場合、水のタンクを毎日使う食器のようにこまめに洗剤で洗わない限り、微生物が混ざった水蒸気を吸っていることになるというのです。

このような環境では深く眠ることができず、痩せホルモンの分泌量も多くはないはずだと佐藤先生は指摘しています。

目新しいダイエット方法を試すよりも、まずは「正しい眠り方」を知り、実践することが大切。どれも簡単なコツなので、身につけると一生役立つダイエット法になりそうです。

佐藤桂子先生のインタビュー記事はこちら

「冬だから太る」は本当? 3トン分を減量させた肥満外来ドクターに聞きました

冬は太りやすい? 「夜に食べると太る」の解決策は? 恋をすると痩せる? 30年間で3万人の肥満治療をおこない、減量させた総重量は3トンという肥満外来...

https://www.mylohas.net/2018/11/177224keiko_sato04.html

痩せたい人ほど油を食べなさい。肥満外来の医師が教える正しいダイエット

油はダイエットの敵? ファスティングやジュースクレンズは健康的に痩せられる? 朝食抜きは逆に太りやすいってホント? 30年間で3万人の肥満治療をおこ...

https://www.mylohas.net/2018/10/176842keiko_sato02.html

ダイエット外来の寝るだけダイエット

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由