1. Home
  2. EAT
  3. 材料は5つ以下。運動前のおやつにもなるデザート系の朝食9つ

材料は5つ以下。運動前のおやつにもなるデザート系の朝食9つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,424

食事とスポーツ

image via shutterstock

みなさんご存知のことですが、朝食は1日で一番大切な食事です。でも、朝の食事を抜いてしまうという人も多いはず。

しかし、栄養たっぷりのおいしい朝食を作るのは、それほど難しいことではないんですよ。シェフ、栄養士、フィットネストレーナー、フードブロガーがおすすめする朝食メニューをご紹介。

しかも、5種類以下の材料で、手早く作ることができることができます。今回は、運動前のおやつにもぴったりなデザート系の朝食を9つピックアップ

  1. プレバイオティクス・バナナ・パンケーキ
  2. パンプキンシード・シナモン・パフェ
  3. 幸せココアスムージー
  4. エナジーボール
  5. 簡単オーバーナイトオーツ
  6. ベリーのオーバーナイト・ブレックファスト・キャセロール
  7. さっと食べれる朝食アイスバー
  8. ベリーバニラスムージー
  9. ピーナッツバターのエネルギーバイツ

01. プレバイオティクス・バナナ・パンケーキ

パンケーキ

胃腸にやさしいこのパンケーキには、卵とバナナを使います。またシナモンを少し入れれば、味に深みが出ます。

ここでは、腸活の元となる善玉菌とその栄養分である、プロバイオティクス&プレバイオティクスを含んだパンプキンシードパウダーを使っています。プレバイオティクスをさらに摂取するには、ギリシャヨーグルトなどを少し加え、上にフレッシュベリーを添えてみてください。

参考:Uplift Food

02. パンプキンシード・シナモン・パフェ

パンプキンシードパフェ

このパンプキンシード・パフェはとてもおいしいので、朝食にデザートを食べている気分になります。セレブ専属トレーナーのジリアン・マイケルズさんは、「良質な炭水化物、脂肪、たんぱく質など主要な栄養素がバランスよく摂れます」と話します。

「また、ヨーグルトのプロバイオティクスも豊富なので、消化や代謝がよくなります」。さらに、かぼちゃの食物繊維やカリウムには血圧を下げる効果、シナモンには老化防止効果や抗炎症作用があります。

参考:Prevention

03. 幸せココアスムージー

ココアスムージー

こちらのチョコレートスムージーを考案したのは、プラントベース食品を提供するMoonMealsの設立者、ラフォルス・ベイカーさん。シカゴのサウス・サイドで活躍するヴィーガンシェフです。

自分を甘やかしている気分になるこのスムージーですが、罪悪感を感じる必要はありません。材料をお好みの固さになるまで混ぜ合わせてください。

材料は、絹ごし豆腐85グラム/ココアパウダー28グラム/バナナ小1本/アーモンドバター大さじ1/ココナッツウォーター1カップ。

04. エナジーボール

エナジーボール

この焼かないグルテンフリーボールは、作り置きや持ち歩きができるので便利です。味の好みや食事制限に合わせて材料を変えられるのが、このレシピのいいところです。

参考:Well Plated

05. 簡単オーバーナイトオーツ

オーバーナイトオーツ

こちらのオーバーナイトオーツは、とても簡単に作れます。牛乳、オーツ、お好みのスパイスや甘味料を混ぜ合わせ、一晩冷蔵庫で寝かすだけ。

朝にはオーツがプリンのように濃厚な味わいになっているので、フレッシュフルーツ、ナッツ、刻んだ無糖ココナッツなどをトッピングすれば完成です。1カップで、たんぱく質や食物繊維をしっかり摂取できます

参考:Cooking w/ Julie

06. ベリーのオーバーナイト・ブレックファスト・キャセロール

キャセロール

夜仕込んでおけば、朝に食べられるオーバーナイトメニューでも、甘いもの好きな方におすすめなのが、こちらのフルーツキャセロール

ベリー、パン、アップルソース、牛乳、メープルシロップを使います。朝食なのに、デザートを食べている気分!

参考:Chocolate Covered Katie

07. さっと食べれる朝食アイスバー

ヨーグルトパフェ

こちらの棒付きヨーグルトパフェを考案したのは、ブログ『The Flexible Chef』のニーリー・フィッシャーさん。デイリーフリー(乳製品不使用)のヨーグルト、フルーツ、ヘンプシード、グラノーラを使います

特に決まりはないので、好きなフルーツを選んで、クリエイティブに楽しんでみてください! 前もって作り冷凍庫に入れておけば、栄養満点のおいしい朝食がすぐに食べられます。

参考:The Flexible Chef

08. ベリーバニラスムージー

ベリーバニラスムージー

ジリアン・マイケルズさん考案の、さっと作れて持ち運べるこの万能スムージーは、長時間満足感をキープしてくれます。

レシピのプロテインパウダーには分岐鎖アミノ酸が含まれ、筋肉のメンテナンスやワークアウト後の回復を助けてくれます」とマイケルズさんは補足します。

おまけに「ベリー類には抗酸化物質が豊富に含まれるので、老化を予防し、肌を整えてくれる」効果もあるとのこと。

参考:Prevention

09. ピーナッツバターのエネルギーバイツ

ピーナツバターボール

デザートのような味わいのこのピーナッツバターボールは、さっと手軽に食べられます。

事前に作り置きしておけば、冷蔵庫で1週間まで保存できます。ジッパーにいくつか入れて持っておけば、ジムの前後のおやつにもなります。

参考:Chef Savvy

おいしい上に身体にうれしいレシピ

「さば」でダイエット&血液サラサラ対策。簡単さば缶レシピも

2018年を象徴する食材のひとつが「さば」。青魚に多く含まれるDHAとEPAに血液中の中性脂肪を減らす働きがあると言われており、その栄養価にも注目が...

https://www.mylohas.net/2018/12/181643saba.html

レンジだけで完成。低脂質な「蒸し鶏のゆず胡椒だれ」のレシピ

電子レンジだけで作れる、低脂質な「蒸し鶏のゆず胡椒だれ」のレシピをご紹介。体をあたためたり、血行促進作用のあるしょうがは、冷え対策にぴったりの食材で...

https://www.mylohas.net/2018/12/180717diet_recipe.html

Leah Groth/21 Healthy Breakfast Recipes With 5 Ingredients or Less
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    5. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン