1. Home
  2. EAT
  3. 材料は5つ以下。運動前のおやつにもなるデザート系の朝食9つ

材料は5つ以下。運動前のおやつにもなるデザート系の朝食9つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,557

MYLOHAS編集部

食事とスポーツ

image via shutterstock

みなさんご存知のことですが、朝食は1日で一番大切な食事です。でも、朝の食事を抜いてしまうという人も多いはず。

しかし、栄養たっぷりのおいしい朝食を作るのは、それほど難しいことではないんですよ。シェフ、栄養士、フィットネストレーナー、フードブロガーがおすすめする朝食メニューをご紹介。

しかも、5種類以下の材料で、手早く作ることができることができます。今回は、運動前のおやつにもぴったりなデザート系の朝食を9つピックアップ

  1. プレバイオティクス・バナナ・パンケーキ
  2. パンプキンシード・シナモン・パフェ
  3. 幸せココアスムージー
  4. エナジーボール
  5. 簡単オーバーナイトオーツ
  6. ベリーのオーバーナイト・ブレックファスト・キャセロール
  7. さっと食べれる朝食アイスバー
  8. ベリーバニラスムージー
  9. ピーナッツバターのエネルギーバイツ

01. プレバイオティクス・バナナ・パンケーキ

パンケーキ

胃腸にやさしいこのパンケーキには、卵とバナナを使います。またシナモンを少し入れれば、味に深みが出ます。

ここでは、腸活の元となる善玉菌とその栄養分である、プロバイオティクス&プレバイオティクスを含んだパンプキンシードパウダーを使っています。プレバイオティクスをさらに摂取するには、ギリシャヨーグルトなどを少し加え、上にフレッシュベリーを添えてみてください。

参考:Uplift Food

02. パンプキンシード・シナモン・パフェ

パンプキンシードパフェ

このパンプキンシード・パフェはとてもおいしいので、朝食にデザートを食べている気分になります。セレブ専属トレーナーのジリアン・マイケルズさんは、「良質な炭水化物、脂肪、たんぱく質など主要な栄養素がバランスよく摂れます」と話します。

「また、ヨーグルトのプロバイオティクスも豊富なので、消化や代謝がよくなります」。さらに、かぼちゃの食物繊維やカリウムには血圧を下げる効果、シナモンには老化防止効果や抗炎症作用があります。

参考:Prevention

03. 幸せココアスムージー

ココアスムージー

こちらのチョコレートスムージーを考案したのは、プラントベース食品を提供するMoonMealsの設立者、ラフォルス・ベイカーさん。シカゴのサウス・サイドで活躍するヴィーガンシェフです。

自分を甘やかしている気分になるこのスムージーですが、罪悪感を感じる必要はありません。材料をお好みの固さになるまで混ぜ合わせてください。

材料は、絹ごし豆腐85グラム/ココアパウダー28グラム/バナナ小1本/アーモンドバター大さじ1/ココナッツウォーター1カップ。

04. エナジーボール

エナジーボール

この焼かないグルテンフリーボールは、作り置きや持ち歩きができるので便利です。味の好みや食事制限に合わせて材料を変えられるのが、このレシピのいいところです。

参考:Well Plated

05. 簡単オーバーナイトオーツ

オーバーナイトオーツ

こちらのオーバーナイトオーツは、とても簡単に作れます。牛乳、オーツ、お好みのスパイスや甘味料を混ぜ合わせ、一晩冷蔵庫で寝かすだけ。

朝にはオーツがプリンのように濃厚な味わいになっているので、フレッシュフルーツ、ナッツ、刻んだ無糖ココナッツなどをトッピングすれば完成です。1カップで、たんぱく質や食物繊維をしっかり摂取できます

参考:Cooking w/ Julie

06. ベリーのオーバーナイト・ブレックファスト・キャセロール

キャセロール

夜仕込んでおけば、朝に食べられるオーバーナイトメニューでも、甘いもの好きな方におすすめなのが、こちらのフルーツキャセロール

ベリー、パン、アップルソース、牛乳、メープルシロップを使います。朝食なのに、デザートを食べている気分!

参考:Chocolate Covered Katie

07. さっと食べれる朝食アイスバー

ヨーグルトパフェ

こちらの棒付きヨーグルトパフェを考案したのは、ブログ『The Flexible Chef』のニーリー・フィッシャーさん。デイリーフリー(乳製品不使用)のヨーグルト、フルーツ、ヘンプシード、グラノーラを使います

特に決まりはないので、好きなフルーツを選んで、クリエイティブに楽しんでみてください! 前もって作り冷凍庫に入れておけば、栄養満点のおいしい朝食がすぐに食べられます。

参考:The Flexible Chef

08. ベリーバニラスムージー

ベリーバニラスムージー

ジリアン・マイケルズさん考案の、さっと作れて持ち運べるこの万能スムージーは、長時間満足感をキープしてくれます。

レシピのプロテインパウダーには分岐鎖アミノ酸が含まれ、筋肉のメンテナンスやワークアウト後の回復を助けてくれます」とマイケルズさんは補足します。

おまけに「ベリー類には抗酸化物質が豊富に含まれるので、老化を予防し、肌を整えてくれる」効果もあるとのこと。

参考:Prevention

09. ピーナッツバターのエネルギーバイツ

ピーナツバターボール

デザートのような味わいのこのピーナッツバターボールは、さっと手軽に食べられます。

事前に作り置きしておけば、冷蔵庫で1週間まで保存できます。ジッパーにいくつか入れて持っておけば、ジムの前後のおやつにもなります。

参考:Chef Savvy

おいしい上に身体にうれしいレシピ

「さば」でダイエット&血液サラサラ対策。簡単さば缶レシピも

2018年を象徴する食材のひとつが「さば」。青魚に多く含まれるDHAとEPAに血液中の中性脂肪を減らす働きがあると言われており、その栄養価にも注目が...

https://www.mylohas.net/2018/12/181643saba.html

レンジだけで完成。低脂質な「蒸し鶏のゆず胡椒だれ」のレシピ

電子レンジだけで作れる、低脂質な「蒸し鶏のゆず胡椒だれ」のレシピをご紹介。体をあたためたり、血行促進作用のあるしょうがは、冷え対策にぴったりの食材で...

https://www.mylohas.net/2018/12/180717diet_recipe.html

Leah Groth/21 Healthy Breakfast Recipes With 5 Ingredients or Less
訳/Seina Ozawa

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は