1. Home
  2. BODY
  3. 風邪をうつされない方法を医学博士が伝授。マスクで感染は防げる?

風邪をうつされない方法を医学博士が伝授。マスクで感染は防げる?

The New York Times

4,542

マスク

image via shutterstock

マスクをすると、空気を通じて感染する病気を予防するのにどのぐらい効果があるのでしょうか。

医学博士のリチャード・クラスコさんが疑問に答えます。

マスクで完全には予防できない

医療マスク

ペンシルベニア州アレンタウンにて、インフルエンザの流行のためにリーハイバレー病院救急室の外に設置されたテントで医師の診察を受けるインフルエンザ患者。(CREDIT: Joshua Bright for The New York Times)

最良の科学的根拠によれば、自分が病気のときにマスクを使うと他人への感染を防げることがわかっています。そして、健康なときにマスクをしていると、まわりにいる病気の人から感染する可能性も下がると考えられています。しかし、マスクの予防効果は100パーセントではありません

マスク、または医者がサージカルマスクと呼ぶものは、19世紀の終わりから手術で使われるようになりました。1918年にインフルエンザが大流行したとき感染予防のために使われ、一般に広まりました。

それから1世紀後、現代の分子技術のおかげで、サージカルマスクがインフルエンザ予防に役立つことがわかっています。

2013年には、インフルエンザ患者のまわりの空気中にあるウイルス粒子の数を数える調査が行なわれました。サージカルマスクを使うと、患者が大きなウイルス飛沫を吐く量は25分の1に減ったのです。しかし、マスクは、小さい粒のウイルス飛沫に対してはそれほど効果がありませんでした。細かいウイルス飛沫は空気中に長く漂うことができ、そのため感染力が強いので、減少度は2.8分の1でした。

サージカルマスク

image via shutterstock

サージカルマスクは、心配性の健康な人にもかなりの予防効果があります。この調査は引用されることの多いのですが、446人の看護師が対象になっており、インフルエンザに対してマスクを使った人には「respirators(レスピレーター、人工呼吸器)」と同じレベル、またはほぼ同じレベルの予防効果があったことが判明しました。レスピレーターとは、病院で使われるハイテクのマスクのような医療機器です。

オーストラリアで行なわれた研究では、シンプルなサージカルマスクの効果をあらためて支持する結果になっています。サージカルマスクを使うと、一般家庭の環境において病気になる可能性が60〜80パーセント減らせると推定されました。

しかし、残念なことには、このような予防レベルが得られるまでずっとマスクを使い続ける人はほとんどいません。CDC(アメリカ疾病管理予防センター)は、医療環境以外でもマスクを使うことについてはあいまいな立場をとり続けています。同センターのサイトには、「コミュニティ(医療現場以外の環境)でインフルエンザウイルス予防のために、合併症のリスクが高い人たちも含めて症状がない人がマスクを使うべきであるという勧告は現時点ではしていません」とあります。

もしもマスクを持っていなければ……

咳

もしマスクを持っていないなら、またはマスクをしたくないなら、病気の人から最低6フィート(約180センチ)離れていると感染の可能性は下がります。咳やくしゃみをしていなくても、患者のまわりの空気には霧状になった細かい粒子があふれているので、患者との距離は、離れていれば離れているほどいいのです。

もちろん、ひんぱんに手を洗うことも健康維持には必須です。汚れた手で目や鼻や口を触ることからも感染が起こりますから。

こまめに風邪予防

今年のインフル予防策に!? 箸や楊枝に使われる「クロモジ」に注目

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は「今年注目されるインフルエンザ予防」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝...

https://www.mylohas.net/2018/12/strategy38.html

ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

インフルエンザをよせつけないためには?もしもかかってしまった時は?対処法を医師がアドバイスします。

https://www.mylohas.net/2018/12/181188cold.html

©2018 The New York Times[原文:Ask Well: Do Face Masks Really Keep You Healthy?/執筆:Richard Klasco, M.D.(医学博士)](翻訳:ぬえよしこ)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    3. 花粉症がつらい。鼻づまりで夜も眠れない。すーっと爽やかなアイテム4選

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. 脳はもともとネガティブ? 人間関係をスムーズにする解決法

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    1. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    2. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 転がすだけでOK。肩こりも猫背も改善するフォームローラーって?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは