1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 目の下のクマ、顔のこわばりに。翡翠ローラーのメリットと使用法

目の下のクマ、顔のこわばりに。翡翠ローラーのメリットと使用法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,926

MYLOHAS編集部

翡翠ローラー

image via shutterstock

翡翠ローラーは、小さいペンキローラーのような形をした天然石の美顔ツール。

お肌のプロに翡翠ローラーの仕組みやその効果の信頼性、正しい使い方を教えてもらいました

基礎知識編はこちら

翡翠ローラーに期待できる5つのこと

むくみを軽減してくれる

鏡を見る女性

image via shutterstock

睡眠不足、塩分の摂りすぎ、ホルモンの変化、ただ泣いただけでも、肌や目の下が腫れてしまうことがあります。

「いずれの場合も、血管が拡張して、体液が肌の表層部分に蓄積してしまっています。肌が赤くなり、毛穴や小じわが目立つようになります」というのは、ペンシルベニア州のモンゴメリー皮膚科に勤務する皮膚科医のエルム・イリヤス医師。「翡翠ローラーを使えば、余分な体液を肌から排出してリンパ系に戻してくれます

目の下のクマが改善される

コンシーラーをつける女性

image via shutterstock

老化の原因の多くは、目の周りの柔らかい組織に体液が溜まってしまうことにあります。これは、アレルギーやアイメイクによる刺激、目をこすること、睡眠不足などによって引き起こされます。

「一度、目の周りの柔らかい組織に体液が貯留してしまうと、長い間そこに留まります」とイリヤス医師は言います。

「翡翠ローラーの小さい方の石で目の周りの柔らかい組織をやさしくマッサージして体液を流せば、刺激を与えすぎずに、肌を傷つけることなく適度にケアできます」。

顔の筋肉をほぐしてくれる

マッサージ

image via shutterstock

肌のマッサージには鎮静効果があり、こわばりをほぐしてくれます。特に目の周りや額は、筋肉が皮膚にじかに接しているため効果的です」とイリヤス医師。

老化を防いでくれる

初老の女性

image via shutterstock

翡翠ローラーにはアンチエイジング効果があるとよく言われますが、これは肌の老化をもたらす余分な体液を減らしてくれるからです。

さらに、イリヤス医師によると、顔の筋肉(主に額や目の周り)の緊張を一時的にほぐすことで、ストレスが軽減されるため、見た目も若々しくなるそうです。ただ残念ながら、翡翠ローラーにはシワを消す魔法のような効果はありません。

翡翠ローラーを効果的に使うには

冷蔵庫

目の下の腫れやクマを解消したいという方は、肌をマッサージする前に、翡翠ローラーを冷蔵庫で冷やしておくことをおすすめします。

また、翡翠ローラーを長時間水に漬けたままにしないでください。結晶の質が損なわれ、金属部分が錆びる可能性があります。

「マッサージする前に、素肌にアイセラムとフェイスセラムを塗ってください。重量の1000倍の水分を保持できるヒアルロン酸が含まれているものが理想的」と、ニューヨークのDeep Blue Med Spaでメディカルエステティシャンのリーダーを務めるボビー・デル・バルゾさんは言います。

保湿シートマスクをしてから、翡翠ローラーでマッサージしてもいいでしょう。

翡翠ローラーを使ったマッサージ

顔マッサージ

image via shutterstock

リンパ液の排出を促すにはテクニックが必要です」とイリヤス医師は言いますが、長くても数分でできる簡単なものです。

  1. 顔の一番下、あごの真ん中から始めます。あごに沿って、耳の方へ転がしていきます。同じように下から上へ動かしながら、頬の方へ近づけていきます。
  2. 次に、鼻の近くから頬を通って、耳の方へ転がします。
  3. 翡翠ローラーの小さい方の石を使い、目頭からこめかみに向かって、目の下の柔らかい皮膚をマッサージします。
  4. 眉間にローラーをのせて、眉に沿って外側に転がします。少しだけ上に動かして、もう一度同じように転がします。最後に、眉間から髪の生え際に向かってまっすぐ上に転がします。

結論:翡翠ローラーは、洗顔料や保湿クリームのようにスキンケアに必須のものではありません。でも、自分へのご褒美としてお肌に愛情を注いであげたいという方、特に肌のむくみに悩んでいる方にはおすすめ。毎日の習慣として取り入れれば、うれしい効果が期待できそうです。

マッサージで血行促進を

メーガン妃、美しさの秘訣は「口の中から顔をマッサージされるエクササイズ」

だれでも最初に見られるのは顔。だから、できるだけスベスベの若々しい肌でいたいと少しばかりこだわるのも当然です。それは、結婚してサセックス公爵夫人にな...

https://www.mylohas.net/2018/07/170302meghan-markle.html

2分動画でレッスン。美しい首もと、デコルテのかなえ方

年齢をごまかしにくいと言われる「首もと」や「デコルテ」のケア法を紹介。紫外線や乾燥、加齢による肌ダメージに悩んでいる人も多いはず。首もとのしわや、デ...

https://www.mylohas.net/2017/10/065155basis.html

Jenn Sinrich/How to Use a Jade Face Roller for Younger-Looking Skin
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ