1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医に聞いた! 顔のむくみをコントロールする方法

皮膚科医に聞いた! 顔のむくみをコントロールする方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,129

顔を触る女性

image via shutterstock

翡翠ローラーは、小さいペンキローラーのような形をした天然石の美顔ツール。インスタグラムで#jaderoller と検索すると3万件以上もの投稿があり、多くの女性がシートマスクやセラムの上から翡翠ローラーを使って顔をマッサージしている様子が見られます。

心地よいマッサージを受けた後は筋肉がリラックスした状態になりますが、翡翠ローラーを使ってもマッサージと同じように肌の緊張がほぐれると、スキンケアに敏感なインスタグラマーの間で話題に。

そんな翡翠ローラーは、肌に一体どんな効果をもたらしてくれるのでしょう? 本当につやのある若々しい肌が手に入るのでしょうか? お肌のプロに、翡翠ローラーのしくみやその効果の信頼性、正しい使い方について教えてもらいました。

翡翠ローラーとは、どんなもの?

翡翠ローラー

古代中国医学から生まれた翡翠ローラーは、顔にあてて前後にコロコロ転がして使い、1回につき数分間マッサージします。翡翠ローラーの販売会社によれば、むくみが取れる、張りのある肌が手に入る、血行がよくなる、肌の炎症を抑えるなどの効果が期待できると言います。

天然石の翡翠が使われていることが大きなポイント。翡翠は、体温に触れても低温に保たれひんやり感が続きます。そのため、翡翠が本物かどうかを見分けるには、まず手のひらにのせてみるのがいいでしょう。石の温度が上がってしまう場合、翡翠ではありません。

ペンシルベニア州のモンゴメリー皮膚科に勤務する皮膚科医のエルム・イリヤス医師も、当初は翡翠ローラーを信用できなかったと言います。しかし、翡翠ローラーの効果の根拠は科学的なものです、と彼女は話します。

翡翠ローラーのしくみ

マッサージ

image via shutterstock

まず、免疫システムの一部であるリンパ系を刺激してくれます。すると、リンパ液(感染を防ぐ白血球が含まれる無色透明の液)が、全身や顔の細胞組織に流れていきます。リンパ管、そしてバクテリアなどの毒素や損傷した細胞を攻撃するリンパ節を通って、リンパ液は血液に合流します。

「リンパ液は顔や目の周りなどの柔らかい組織に蓄積することがわかっており、アレルギー、酒さ(しゅさ)、高血圧、ホルモンバランスを悪化させます。また、リンパ液が長期間同じ場所に溜まってしまうと、顔の肌質が変わってしまう可能性もあります」とイリヤス医師は説明します。

「薬とは別に、翡翠ローラーを使って、過剰なリンパ液をやさしくリンパ系に戻してあげることで、むくみをコントロールすることができます

翡翠ローラーには効き目はあるの?

マッサージ

image via shutterstock

翡翠ローラーの効果を証明する科学的研究はありませんが、皮膚科医の多くが、翡翠ローラーを使っても害はないと認めています。また、少なくとも一時的には、健康や肌の見た目を改善する効果もあると言われています。

事実、翡翠ローラーがソーシャルメディアで流行る前から、イリヤス医師は患者に、指で肌をマッサージして余分な体液を流すように指導していました。

翡翠ローラーを使えば、さらなる効果が期待できます。「翡翠は肌に触れても冷たいままなので、石を滑らせることによって、肌にしっかりと一定の圧力を与えることができ、血管の拡張を抑えることができます」とイリヤス医師は説明します。

リンパの流れはスムーズに

頭からつま先まで、手軽にほぐして流すケアグッズ

運動前後の筋肉ほぐしにはもちろん、おうちやオフィスでの肩こり・腰痛予防に。手軽に血行促進できる非家電ケアグッズとは?

https://www.mylohas.net/2017/08/063860caregoods.html

顔全体の血行アップに「くちゃくちゃぱっ」 #30日間の顔ヨガ

顔ヨガ講師・間々田佳子さんによる30日間の顔ヨガ連載。日本人の顔は圧倒的に運動不足と言われ、たるみの一因にも。「ながら」でできる表情筋トレーニングを...

https://www.mylohas.net/2018/09/173384face_yoga01.html

Jenn Sinrich/How to Use a Jade Face Roller for Younger-Looking Skin
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 東洋医学の「気」を整える発想に注目した、リトアニア生まれのアロマオイル【プレゼント】

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 運動しない人が、運動を思わず続けたくなるコツ

    9. 「折れない心」の作り方。誰でもできるストレスマネジメント

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう