1. Home
  2. EAT
  3. 疲れた肝臓や風邪予防に!たら×ターメリックのバリのアヤム風スープ

疲れた肝臓や風邪予防に!たら×ターメリックのバリのアヤム風スープ

モデルKellyのワンプレートワンボウル

1,493

MYLOHAS編集部

640_X9A7103

スーパーフードやローフードをこよなく愛し、食にこだわるモデル・Kelly(ケリー)の日常ごはん連載。今回はKelly流の魚の食べ方を4回にわたってご紹介。まずは旬のたらをアレンジした、バリのアヤム風スープ。ターメリックやしょうが入りで、風邪予防をはじめ、年末年始に飲みすぎ、食べすぎた人にもおすすめです。

640_X9A7592

低脂肪のたらを冬のタンパク源に使いこなして

冬に美味しく、手に入りやすい白身魚といえば、たら。高タンパク、低脂肪で糖質もほぼなく、クセがなく身もしっかりして、寒い季節の煮込み料理にぴったり。

そこで最近、私がハマっている「ソト・アヤム」というバリのスープ料理をアレンジしてみました。ローフードの講習会でバリに滞在したときに、大好きになったのがこのスープ。

鶏肉をターメリックなどのスパイスでマリネして煮るのが本来ですが、たらを使って昆布だしでアレンジしたら、これがおいしくてすっかり定番に!

効能の高いスパイスもスーパーフードのひとつですが、なかでも私のお気に入りのターメリックを手軽にとれることも、このスープのポイントです。

風邪予防や代謝アップに役立つターメリック

640_X9A6625

和名のうこんでもおなじみのターメリックは、ショウガ科の植物の根がスパイスとして使われます。しょうがと同様に血行促進や炎症を抑える作用があり、うこんはお酒を飲む前にいいとよくいわれるように、肝臓の代謝アップやデトックス、疲労回復に役立つといわれます

カレー粉の定番スパイスですが、ターメリックは辛みもなく、黄色の色づけにもよく使われます。私は飲みものにも入れたり、健康や美容に日常でとるようにしていますが、今回のスープは、同じく血行促進に役立つしょうがやクミンシードも使うので、しっかり体がポカポカに!風邪予防はもちろん、パーティーシーズンで疲れた肝臓を労わったり、食べすぎが続いたときも、さっぱりしておいしく食べられますよ

ターメリックを多めに入れるのがKelly流
たらのアヤム風スープ

<材料>2人分

640_X9A6615

  • たらの切り身(皮を除き、ひと口大に切る)小4枚分(約160g)
  • しいたけ 3個
  • パプリカ(カラーピーマン)小3~4個(約50g)
  • ミディトマト2個
  • もやし(洗って水けをきる)1/2袋分(約100g)
  • 緑豆春雨(乾燥)80g
  • しょうがのすりおろし小さじ1
  • バジルの葉5~6枚
  • 水5カップ
  • だし用昆布5×15㎝1枚
  • レモングラス(乾燥)少々
  • 塩・こしょう(あればレモンペッパー)各適量
  • ゆで卵(殻をむき、くし形切り)1個分
  • レモン(くし形切り)1/2個分

●たらの漬けだれ

  • レモンの絞り汁1/2個分
  • にんにくのすりおろし小さじ1
  • ターメリック小さじ1~1と1/2
  • クミンシード小さじ1
  • 塩小さじ1

<作り方>

1.たら、漬けだれの材料をジッパーつき保存袋に入れ、全体をよくなじませる。平らにならして空気を抜きながら袋の口を閉じ、冷蔵庫に15分以上おく。

640_X9A6727

640_X9A6772

2.しいたけは石づきを落とし、かさは半分に切って中心から放射状に薄く切り、軸は縦に薄く切る。パプリカはへたと種を除き、細切りにする(大きければ長さを半分に切る)。ミディトマトは半分に切る。

640_X9A6713

3.鍋に水、昆布、レモングラスを入れ、中火にかける。煮立ったら、しいたけ、たらを漬けだれごと入れて混ぜる。再び煮立ったらやや火を弱め、パプリカ、春雨、しょうがを加えて10~15分煮る。

640_X9A6881

4.全体に火が通ったら、もやしを手で軽く握りつぶしながら入れ、トマトを加えて塩、こしょうで調味する。バジルを手でちぎりながら加え、火を止める。

640_X9A7012

5.昆布を引き上げ、器に盛る。ゆで卵をのせ、レモンを添えて食べるときに絞る。

もやしやトマト、バジルは火を通しすぎないよう最後に入れて、食感や香りを残します。ターメリックは多めに入れてもOK。たらや春雨、スープがターメリックで黄色になり、白の器に盛ると鮮やかな彩りを楽しめますよ。

Kelly's ワンポイント

640_X9A6680

しいたけを放射状に切り、軸も加えるのは、食材全体をバランスよく食べるマクロビの調理法から。




Kelly(ケリー)

kelly_09_prof

ブラジル・サンパウロ出身。健康的な美しさを魅力に、モデルとして数々のファッション誌、ファッションショー、広告などで幅広く活躍中。ワークアウト、ヨガ、キックボクシング、ブラジリアン柔術などに造詣が深く、料理好きからローフードマイスター、スーパーフード & スーパーフードスポーツマイスターの資格を取得。ヘルシーなライフスタイルが女性から支持されている。[公式ブログ/インスタグラム

次回もターメリック×冬のさばで風邪予防に役立つワンプレートを。野菜や豆、キヌアを使った副菜も栄養バランスアップに必見です!

モデルKellyのワンプレートワンボウルをもっと読む

撮影 /島村緑 ヘアメイク /野口由佳 取材・文 /山崎さちこ(シェルト*ゴ)

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?