1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が伝授。ストレスと闘う3つの栄養素って?

管理栄養士が伝授。ストレスと闘う3つの栄養素って?

8,548

オムレツ、ブロッコリー、レモネード

知らず知らずのうちに溜まっていくストレス。上手に付き合うためにも、毎日の食事がストレス解消に役立ったらいいと思いませんか? 管理栄養士直伝のヒントを紹介します。

ストレスを感じると体はどうなる?

顔に手を当てる女性

人はストレスを感じると、交感神経が高まりアドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

これらのホルモンは、血管の収縮や血圧上昇、消化管の活動を抑制させます。更にグルココルチコイドというホルモンが脳下垂体から分泌され、たんぱく質を分解したり、血液中の血糖値を上昇させるのです。そのため、ストレスを受けるとエネルギーやたんぱく質の必要量が増加すると言われています。

(「DietPlus」より引用)

だからこそ、食事はストレス解消にとても重要な役割を持つと言えそうです。忙しい中でも3食しっかり食べて、ストレスに対抗できる栄養を取り入れましょう。

ストレスと闘う3つの栄養素

1.ビタミンE

ビタミンEが多い食品

抗酸化作用や免疫機能回復作用があると言われているビタミンEは、ストレスで免疫力が低下したときこそ意識して摂取したい栄養素です。

ビタミンEはナッツ類(無塩のもの)に多く含まれています。しかし脂溶性ビタミンのため、多く摂りすぎないように適量を心がけましょう。

(「DietPlus」より引用)

2.ビタミンC

ビタミンCが多い食品

風邪のときや美肌のために摂取したくなるビタミンCですが、ストレス対抗ホルモンを作り出す材料になる栄養素でもあります。

ビタミンCはホルモン生成に関与しているので、ストレス状態では多く消費されます。(中略)特にパプリカやブロッコリー、柿やいちごに豊富です。

(「DietPlus」より引用)

ストレスを感じると大量に消費されてしまうそうなので、積極的に摂りましょう。

3.カルシウム

カルシウムが多い食品

ストレスを感じると、実はカルシウムが不足しがちになるのだとか。

カルシウムは神経や筋肉の興奮を抑制、調整する働きがあります。ストレスはカルシウムなどのミネラル類の排出を促進するので、ストレス状態には不足傾向となります。不足すると骨などから補給して、体内では一定量に保とうと働くため、骨粗鬆症などの病気に繋がる可能性があります。

(「DietPlus」より引用)

牛乳などの乳製品、小魚、干しエビ、ごまなどに多く含まれるカルシウム。カルシウムの吸収を助けるビタミンD(魚介類、卵類、きのこ類に豊富)と一緒に摂取することをおすすめします。

ストレスはどうしても避けられないからこそ、毎日の食事から意識して解消していきましょう。

ストレスと上手に付き合っていきましょう

不足しがちなビタミンD、上手に取るための方法15

ビタミンDは日光に当たると体内で作られることから“日光ビタミン”として知られます。 でも、Preventionとサプリメント会社セントラムの調査...

https://www.mylohas.net/2018/05/166142vitamind.html

ストレスが原因で臭ってるかも。緊張すると皮膚ガスが出るそうです

人は性別や年齢に関係なく、初対面の人との対話やプレゼンといった心理的ストレスがかかると「ストレス臭」が出てしまうんですって! しかも、このニオイは、...

https://www.mylohas.net/2018/10/177292stress_odor.html

Diet Plus

image via shutterstock

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン