1. Home
  2. BODY
  3. 糖尿病にもつながる睡眠障害。ぐっすり眠る方法は?

糖尿病にもつながる睡眠障害。ぐっすり眠る方法は?

3,545

知恵子

ディフューザー

睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が低かったり。睡眠不足は、イライラや落ち込みを招き、心身ともに不調に陥ってしまいます。

睡眠の質の低さは、無意識に蓄積するストレスも大きな原因。長時間のデスクワークによる頭の疲れや、PCやスマホのブルーライトによる体内時計の乱れといったストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンの分泌も乱れ、血行不良で体温調節が難しくなり、さまざまな睡眠障害を引き起こすのです。

ただ、そうは言っても生活習慣を改善させるのは簡単ではありません。睡眠の質を改善するよい方法はないのでしょうか?

良質な睡眠は、美と健康のカギ

眠っている女性

image via Shutterstock

睡眠の質を上げるためには、まず「睡眠のどのような悩み」を改善したいのか、改めて考える必要がありそう。睡眠の5大悩みと言えるのがこちらです。

  1. 寝ても疲れがとれない
  2. 夜中に何度も目が覚めてしまう
  3. 朝、すっきり起きられない
  4. 寝つきが悪い
  5. 眠りが浅く、睡眠時間が少ない

睡眠専門医である白濱龍太郎先生によると、このような睡眠障害は、5大疾病(※)の原因となる可能性が非常に高く、逆に深い睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、美しい肌を作り出すのだとか。

そこで、睡眠障害を軽減するために活用したいアイテムが、「精油」です。精油の専門家でもある医学博士の塩田清二先生によると、睡眠の質の向上や睡眠障害の軽減には、芳香療法が有効だそう。また睡眠中に精油の香りを継続的に吸引できるディフューザーには大きな可能性があるのだとか。

(※がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)

スペシャリストたちによる共同開発

ラボ

睡眠に徹底フォーカスし、白濱先生と塩田先生、植物療法士がタッグを組んだ「ザ パブリック オーガニック スーパーディープナイト ホリスティック精油ディフューザー」。約800種の精油を保有する専門のラボで企画・開発された、睡眠の5大悩み別に香りを選べる、“寝室用”の精油ディフューザーです。

疲れを癒す快適な睡眠がほしいなら「レストフルスリープ」。爽やかなベルガモット精油と清涼感のあるユーカリ精油のブレンドです。夜中に何度も目が覚める人には「クオリティスリープ」。睡眠ホルモン・メラトニンの分泌を促し、脳のはたらきを鎮めます。

たっぷり寝ても朝すっきり起きられないのは、交感神経が優位になりにくいからかも。朝、心地よく目覚めたい人にオススメなのは「クリアアウェイク」。体を休めつつ脳を徐々に覚醒します。

心身の興奮・緊張状態を緩和し、リラックスさせてくれるのは「フォールアスリープ」。自然と健やかな眠りへ誘います。眠りが浅く、睡眠時間が少ないときは、自律神経の調節機能が低下している状態なので、「ディープスリープ」がおすすめです。

こだわりの100%天然精油を高配合

ラベンダー畑

専門家とタッグを組み、科学的な根拠の下、たしかな結果を出す香りづくりにこだわったという精油ディフューザー。

製品中30%という高濃度で配合された精油は、合成香料は一切排除した100%天然精油。AOP認証を受けた上質なトゥルーラベンダーと、屋久島産のスギの精油は、5つのブレンドすべてに共通して使われています。

より精油のチカラをダイレクトに感じられるディフューザーで、2019年は、ぜひ良質な睡眠習慣を手に入れて。

商品名:ザ パブリック オーガニック スーパーディープナイト ホリスティック精油ディフューザー
種類:「レストフルスリープ」「クオリティスリープ」「クリアアウェイク」「フォールアスリープ」「ディープスリープ 」
容量:すべて180mL
価格:すべて16,200円(税込)

[THE PUBLIC ORGANIC]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由