1. Home
  2. STYLE
  3. 年に2回の日食は27年ぶり! 2019年注目の天体イベントまとめ

年に2回の日食は27年ぶり! 2019年注目の天体イベントまとめ

星と暮らす

6,460

景山えりか

昨年は、皆既月食やブルームーン、火星の地球大接近など、天文の話題が豊富な年でした。それでは2019年は……早速、注目の天文現象&こよみのイベントをご紹介しましょう!

2019天体イベント

image via shutterstock

2019年注目の天体イベント

しぶんぎ座流星群(1月4日)

三大流星群のひとつで、毎年1月4日頃に活動のピークを迎えます。2019年の見頃は、1月4日の夜明け前です。月明かりの影響がなく好条件。街灯りのとどかない暗い空ならば、1時間に30個程度の流星が見られそう。夜更かし(もしくは早起き)をして見る価値アリです!

部分日食(1月6日)

太陽が月によって隠されるために、太陽が欠けているように見える部分日食が、日本全国で見られます。観察時間帯は地域によって異なりますが、食が最大となる11時前後を目安にするといいでしょう。日本で日食が見られるのは2016年3月9日以来、およそ3年ぶり

今年最大の満月/スーパームーン(2月20日)

2019年のうちで、地球にもっとも接近したタイミングで満月になり、見かけの大きさが年内最大に。俗にいう「スーパームーン」です。

ストロベリームーン(6月17日)

6月の満月をストロベリームーンと呼びます。また、夏至の日に近い満月や、初夏の赤みがかった満月をさす場合も。ストロベリームーンを見ると「幸せになれる」「好きな人と結ばれる(結婚できる)」といわれ、近年人気が高まっています。ただし、ストロベリーのように真っ赤になるわけではないので、誤解のないように。

中秋の名月(9月13日)

中秋の名月とは、旧暦8月15日のお月様のこと。昔から、1年のうちでもっとも美しい月とされ、お月見をするのが習わしです。ちなみに、満月は翌日(14日)になります。

部分日食(12月26日)

1月に続いて、2回目の部分日食です。東京付近では日食が完全に終わる前に太陽が沈んでしまいます。15時前後を目安に、西の低空が見られる場所で観察しましょう

partialeclipse

写真はイメージです。image via shutterstock

2019年は、日食に始まり、日食に終わる、まさに「日食イヤー」です。地球規模で考えると、日食は特段珍しい現象というわけではありません。しかし、自分が生活している場所から、年に2回も見られることは、非常にまれです。

離島を除いた日本本土では、1992年以来、なんと27年ぶりのめぐりあわせとなります。そういう意味で、印象深い1年になりそうです。

連載「ココロに効く新月&満月の五感セラピー 」をもっと読みたい>>

【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

いよいよ今年最後の新月です。月が見えない新月の夜は、暗闇から何かが生まれる気配がただようとき。新月の日は、ケルト人やゲルマン人の間では、もっともイン...

https://www.mylohas.net/2018/12/180425dec_newmoon.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた