1. Home
  2. EAT
  3. こぐれひでこさんが約20年間、毎朝飲み続けているものは?

こぐれひでこさんが約20年間、毎朝飲み続けているものは?

30日間の「あの人に聞く健康の秘訣」

2,641

MYLOHAS編集部

いつも元気なあの人が、元気でい続けられる秘訣はなに? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者の方々に、「体調管理に欠かせないもの」を教えていただきました。30日間、毎日ひとり1アイテムを紹介していきます。

人気長寿連載、こぐれひでこの「ごはん日記」で毎日のすてきな食卓を披露してくださっているイラストレーター、エッセイストのこぐれひでこさん。その元気の秘訣は?

にんじん

毎朝、欠かさないにんじんジュース

約20年間、毎朝にんじんジュース(リンゴと柑橘も一緒に絞る)を飲んでいる。現在稼働中の3代目ジューサーは栄養価の高いジュースが作れるというスロージューサー。

「朝ににんじんジュースを飲むなんて、血糖値が上がっちゃうからダメですよ」

つい最近、そう言われたけれど、私たち夫婦はにんじんとの相性がいいのか、血糖値には問題がない。

「健康維持にはあれがいい、これは悪い」というようなことは基本考えておらず、そのとき心身が欲しているものを摂取する。これが健康には一番効くんじゃないかと思っている。

朝、このジュースを飲むと「さ、新しい1日が始まるよ」と背中を押されたような気がする。これっていい効果なのでは? 写真はにんじんジュースに欠かせない、にんじん。

30日間の「あの人に聞く健康の秘訣」をもっと見る

こぐれひでこの「ごはん日記」を読む

こぐれひでこさん

こぐれひでこさん

イラストレーター&「食」「暮らし」に関するエッセイストとして「読売新聞」 「きょうの料理/三浦だより」「MYLOHAS/ごはん日記」などに執筆中。


    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

    3. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    4. 栄養士がおやつに推薦! ビタミンE&タンパク質たっぷりなアーモンドの栄養

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. 心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣

    7. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    8. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    9. おうちアイテムをリーズナブルに。イオンならキッチングッズも大充実【プレゼント】

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた