1. Home
  2. STYLE
  3. 7年間走り続ける理由は? 「旅×ラン」は人生を変えるかもしれない

7年間走り続ける理由は? 「旅×ラン」は人生を変えるかもしれない

1,836

MYLOHAS編集部

旅行ランニング

image via shutterstock

旅先でランニングを。

きっとランニング未経験者の多くは「なんでわざわざ旅先で走る必要があるの?」と、きっと理解しがたいことでしょう。それが旅先でのランニングおよびマラソン大会となると、もっと意味不明かもしれません。

そこでランニング歴7年にして、初めての地方マラソン大会に出走した副編Hが感じたことは?

それぞれで異なる旅の楽しみと走る楽しみ

okayama_castle01

「おかやまマラソン2018」出走の前日に立ち寄った岡山城。image via shutterstock

国内外を問わず、旅行はその人の人生を豊かにするものだと思います。見慣れた土地であっても、訪れた季節が違えば新しい発見もありそうです。初めて訪れる土地ならば、伝統工芸や食など、その土地ならではの文化に触れることで、年齢に関わらずいつでもココロを育むことができるはず。

いずれにしても、旅行は人を成長させる“何か”があると思いますし、アウトプットばかりの日々に、インプットの瞬間を与えてくれる貴重な時間です。だからこそ、日帰りでも泊まりでも、国内外問わず旅行好きな方が多いのではないでしょうか。

okayama_marathon02

image via shutterstock

そして、同じくらい人生を豊かにすると信じているのがランニングです。

よく勘違いされますが、7年間ほどランニングを継続している理由は、決してスピードを競うためではありません。もちろん、速いタイムを記録した時はうれしいですが、継続している本当の理由は他にあります。

ランニングを続けている理由

  • 加齢や運動不足により、体力が落ちないようにしたい。
  • 痩せずとも、太らないようにしたい。
  • 常にフレッシュな気持ちでいたい。
  • ひとつくらい習慣化できることを持っておきたい。
  • 自分にとって本当の限界がどこにあるのか見たい。
  • 1杯のビールをよりおいしく飲みたい。

上記のように、続けている理由はいろいろです。

また、7年間それなりに走り続けていて気づいたことが、いつでも気持ちが前向きになることでした。

あらゆる局面において、それができるか、できないかは、前向きなモチベーションが重要です。メンタルが安定していないと、なかなか難しいと感じている中で、もともと自他ともに認めるポジティブ人間ですが、走り始めたあの頃を境に、より前向きになったと感じます。

好きなものをミックスさせてみたらどうか

okayama_marathon10

好きな旅とランニングを掛け合わせてみたら……。image via shutterstock

好きな食べ物をミックスしたら失敗しがちですが、「コト」の場合は、ちょっと違う気がします。旅行とランニングをこよなく愛する私は、単純にそのふたつをミックスしたらどうか?と、いつの頃からか考えるようになりました。

初めて走った旅先でのランニング(略して旅ラン)は、沖縄にあるホテルの敷地内を2〜3周(5km程度)でした。これを、2日間やってみたところ、朝食前にサクッと走っただけなのに、すごい充実感! 旅先なので、感受性が120%ほどアップしていたかもしれませんが、とにかく旅そのものがもっと楽しくなり、頭も心も、不純なものが何ひとつなく、とても清々しかった記憶があります。

それ以降、旅行カバンには必ずランニングシューズとウエアが欠かせなくなりました。そして、地方のマラソン大会に出てみたいと思うようになったのはとても自然なことでした。

そして、いつか出てみたいと思っていた地方のマラソン大会に出る機会をいただいたのです。初の地方大会出走し気づいたこととは?(17日公開予定の記事に続く)

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析