1. Home
  2. EAT
  3. 本当にヘルシーなチョコレートの正体とは?

本当にヘルシーなチョコレートの正体とは?

TOKYO VEGAN

2,396

大皿彩子 Saiko Ohsara

カカオ

image via Shutterstock

バレンタインが近づいて、街で目にするようになる多くの「チョコレート」。香り高く口の中でとろける、この魅惑のスイーツの原材料は、カカオという植物です。

カカオの樹になった果実の種子「カカオ豆」。これを発酵・焙煎したものをローストし、すりつぶしてペースト状にした「カカオマス」と、カカオマスから搾り取った「カカオバター」を練り固めたものが、100%カカオのチョコレートです。

つまり、チョコレートの原型は、純植物性=Veganなのです。Veganの方にもチョコレート好きが多いのですよ! そして、カカオは栄養豊富なスーパーフードであることも見逃せません。

しかし100%カカオのチョコレートは、そのまま食べるには苦みや酸味が強すぎるため、一般的に販売されているおいしいチョコレートには、砂糖や、ミルク、生クリーム、粉乳などの乳成分を加えられ、食べやすい味につくられています。

Veganチョコレートの見分け方

チョコレート

一般的に販売されるチョコレートのなかにも、乳成分を一切加えていないVeganのチョコレートも多数あります。Veganと書かれていないことが多いので、気付かずに食べているかもしれません。製菓材料店で販売されているチョコレートで、Veganかそうでないか、見分けられるシンプルなポイントは、チョコレートの商品名です。

スイートチョコレート」と呼ばれるものは、基本的には、カカオマスとカカオバター、砂糖のみでつくられているもの、つまりVeganです。ここに乳成分が加わると「ミルクチョコレート」と呼ばれます。

「スイートチョコレート」を使った手づくりチョコレートなら、Veganのあの人にもプレゼントできるかも(「スイートチョコレート」のなかにも、一部には、乳由来の添加物を使っているものがあるので、原材料表記を確認して選んでくださいね)。

Veganチョコレートで手づくりバレンタイン

チョコレート

湯煎で溶かしたスイートチョコレートを型に流し、ドライフルーツやナッツを散らした「Veganチョコレートバー」はいかがでしょうか。

写真のチョコバーは、みかんやライムなどのドライ柑橘と、アラザン(銀色の砂糖菓子)、砕いたピスタチオとアーモンド、Veganのビスケットでつくりました。赤いドライクランベリーや、黄色いドライマスカット、黄色いレモンピールなどもきれいですね。ナッツやビスケットが入ると、チョコレートは一段とおいしくなりますよ(一部のアラザンには動物由来のゼラチンが使われていますので原材料をご確認ください)。

ハートなどお好きな形の型を選ぶのも楽しみのひとつ。ぜひ、Veganの方へも、そうでない方へも、世界中のひとと楽しめるVeganチョコレートで、笑顔のバレンタインをお過ごしください。

ヘルシースイーツあれこれ

バレンタインに渡したい! おいしくてヘルシーなチョコ5選

まもなくバレンタイン。友チョコやお世話になっている方々へのチョコレートはもう考えていますか? 今回は、罪悪感が少ないチョコレートを厳選してみました。...

https://mylohas.net/2019/01/183991buy_chocolate.html

最強の抗酸化力! Kelly流アボカドチョコムース

“アボカド編”最後は、Kelly自慢のスイーツアレンジ! ローカカオパウダーで最強の抗酸化スイーツに。

https://mylohas.net/2018/11/178478kelly20.html

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

大皿さんプロフィール写真

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

*さいころ食堂でメニュー開発を担当している「shiro」で、2019年2月2日(土)にVeganチョコレートをつくるワークショップを開催します。

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析