1. Home
  2. EAT
  3. 本当にヘルシーなチョコレートの正体とは?

本当にヘルシーなチョコレートの正体とは?

TOKYO VEGAN

1,966

カカオ

image via Shutterstock

バレンタインが近づいて、街で目にするようになる多くの「チョコレート」。香り高く口の中でとろける、この魅惑のスイーツの原材料は、カカオという植物です。

カカオの樹になった果実の種子「カカオ豆」。これを発酵・焙煎したものをローストし、すりつぶしてペースト状にした「カカオマス」と、カカオマスから搾り取った「カカオバター」を練り固めたものが、100%カカオのチョコレートです。

つまり、チョコレートの原型は、純植物性=Veganなのです。Veganの方にもチョコレート好きが多いのですよ! そして、カカオは栄養豊富なスーパーフードであることも見逃せません。

しかし100%カカオのチョコレートは、そのまま食べるには苦みや酸味が強すぎるため、一般的に販売されているおいしいチョコレートには、砂糖や、ミルク、生クリーム、粉乳などの乳成分を加えられ、食べやすい味につくられています。

Veganチョコレートの見分け方

チョコレート

一般的に販売されるチョコレートのなかにも、乳成分を一切加えていないVeganのチョコレートも多数あります。Veganと書かれていないことが多いので、気付かずに食べているかもしれません。製菓材料店で販売されているチョコレートで、Veganかそうでないか、見分けられるシンプルなポイントは、チョコレートの商品名です。

スイートチョコレート」と呼ばれるものは、基本的には、カカオマスとカカオバター、砂糖のみでつくられているもの、つまりVeganです。ここに乳成分が加わると「ミルクチョコレート」と呼ばれます。

「スイートチョコレート」を使った手づくりチョコレートなら、Veganのあの人にもプレゼントできるかも(「スイートチョコレート」のなかにも、一部には、乳由来の添加物を使っているものがあるので、原材料表記を確認して選んでくださいね)。

Veganチョコレートで手づくりバレンタイン

チョコレート

湯煎で溶かしたスイートチョコレートを型に流し、ドライフルーツやナッツを散らした「Veganチョコレートバー」はいかがでしょうか。

写真のチョコバーは、みかんやライムなどのドライ柑橘と、アラザン(銀色の砂糖菓子)、砕いたピスタチオとアーモンド、Veganのビスケットでつくりました。赤いドライクランベリーや、黄色いドライマスカット、黄色いレモンピールなどもきれいですね。ナッツやビスケットが入ると、チョコレートは一段とおいしくなりますよ(一部のアラザンには動物由来のゼラチンが使われていますので原材料をご確認ください)。

ハートなどお好きな形の型を選ぶのも楽しみのひとつ。ぜひ、Veganの方へも、そうでない方へも、世界中のひとと楽しめるVeganチョコレートで、笑顔のバレンタインをお過ごしください。

ヘルシースイーツあれこれ

バレンタインに渡したい! おいしくてヘルシーなチョコ5選

まもなくバレンタイン。友チョコやお世話になっている方々へのチョコレートはもう考えていますか? 今回は、罪悪感が少ないチョコレートを厳選してみました。...

https://mylohas.net/2019/01/183991buy_chocolate.html

最強の抗酸化力! Kelly流アボカドチョコムース

“アボカド編”最後は、Kelly自慢のスイーツアレンジ! ローカカオパウダーで最強の抗酸化スイーツに。

https://mylohas.net/2018/11/178478kelly20.html

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

大皿さんプロフィール写真

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

*さいころ食堂でメニュー開発を担当している「shiro」で、2019年2月2日(土)にVeganチョコレートをつくるワークショップを開催します。

大皿彩子 Saiko Ohsara

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    2. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    3. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    6. ランニングと同等のカロリー消費になる、歩き方のコツ6つ

    7. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. ごっそり髪が抜けた、トイレが近い...早めに検査すべき病気の兆候10

    2. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

    3. LDLコレステロール値を下げたい! コレステロールを下げる食品&食べ方

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    9. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    10. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    7. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント