1. Home
  2. PRESENT
  3. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器【プレゼント】

ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器【プレゼント】

12,584

知恵子

加湿器

空気が乾燥する地域が増える冬。

空気が乾燥すると、口や鼻の粘膜も乾燥します。するとウイルスなどの感染に対する防御機能も低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります厚生労働省によると、インフルエンザ予防には、湿度を50%~60%に保つことが効果的だとか。空気を適度にうるおすことで、健康を守ることができるのです。

それと同時に、空気中のうるおいは、美容にも重要。乾燥すると、髪はパサつくし、肌はカサつくし、さらに酷くなると肌が痒くなることも。もちろん保湿クリームやリップも役立つけれど、その前にまずお部屋の空気もうるおしましょう。

加湿器病にご注意を!

細菌

image via Shutterstock

お部屋の空気をうるおすために、便利なのが加湿器。でも加湿器は使い方を誤ると、加湿器病を招くことも

正式名は「過敏性肺臓炎」、アレルギー性の肺疾患です。 つい掃除がおろそかになりがちな加湿器ですが、掃除せずに使うと、加湿器から部屋の空気中に放出されるカビなどの細菌類を吸い込むことになります。そうして発症するのが、加湿器病。

乾いた咳や発熱、息切れ、全身倦怠感などの症状が現れるそう。なので、使う都度、きれいな水に取り替えてタンク内の清掃を怠らないのが重要です。とはいえ、忙しさにかまけてついつい面倒になってしまうことも。そこで使えるのが、菌を寄せ付けない加湿器です。

「エクリア ミスト」は、カビや菌が繁殖しやすいタンクに銀系抗菌剤を練りこんでいるため、半永久的にタンク内を99.9% 抗菌できて、おすすめです。

1年中、安心して使える加湿器

加湿器

さらに、抗菌製品技術協議会の掲げる基準を満たす製品に認証されるSIAA認証も取得。このSIAA認証を取得している超音波式は、「エクリア ミスト」だけです(2016年9月当時。エレコム調べ)。

噴霧量はオフィスの電子機器も、隣の人も気にならない量です。またロック機能搭載で、水がこぼれにくいのもうれしいですね。

タイプは2種類。USB給電で、連続使用最大7時間のタンク容量80ミリリットル タイプ(ホワイト・ピンク)。ACアダプター電源でベッドサイドのナイトライトとしても使え、ミスト量の強弱切り替えもできる連続使用最大 14 時間のタンク容量 200ミリリットルタイプ(ブラック・ホワイト)から選べます。

このアロマ加湿器を使って空間をキレイにうるおし、快適に過ごしてみませんか?そこで今回は、「エクリア ミスト」ホワイト(タンク容量80ミリリットルタイプ)を3名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切 2019年1月13日(土)
  • 当選発表 2019年1月15日(火)
  • プレゼント提供: エレコム株式会社

【商品詳細】

  • 商品名:エクリア ミスト(タンク容量80ミリリットルタイプ)
  • 内容量: 80ミリリットル
  • 価格:5,530円(税込)

↓応募はこちら↓

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由