1. Home
  2. PRESENT
  3. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器【プレゼント】

ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器【プレゼント】

12,397

加湿器

空気が乾燥する地域が増える冬。

空気が乾燥すると、口や鼻の粘膜も乾燥します。するとウイルスなどの感染に対する防御機能も低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります厚生労働省によると、インフルエンザ予防には、湿度を50%~60%に保つことが効果的だとか。空気を適度にうるおすことで、健康を守ることができるのです。

それと同時に、空気中のうるおいは、美容にも重要。乾燥すると、髪はパサつくし、肌はカサつくし、さらに酷くなると肌が痒くなることも。もちろん保湿クリームやリップも役立つけれど、その前にまずお部屋の空気もうるおしましょう。

加湿器病にご注意を!

細菌

image via Shutterstock

お部屋の空気をうるおすために、便利なのが加湿器。でも加湿器は使い方を誤ると、加湿器病を招くことも

正式名は「過敏性肺臓炎」、アレルギー性の肺疾患です。 つい掃除がおろそかになりがちな加湿器ですが、掃除せずに使うと、加湿器から部屋の空気中に放出されるカビなどの細菌類を吸い込むことになります。そうして発症するのが、加湿器病。

乾いた咳や発熱、息切れ、全身倦怠感などの症状が現れるそう。なので、使う都度、きれいな水に取り替えてタンク内の清掃を怠らないのが重要です。とはいえ、忙しさにかまけてついつい面倒になってしまうことも。そこで使えるのが、菌を寄せ付けない加湿器です。

「エクリア ミスト」は、カビや菌が繁殖しやすいタンクに銀系抗菌剤を練りこんでいるため、半永久的にタンク内を99.9% 抗菌できて、おすすめです。

1年中、安心して使える加湿器

加湿器

さらに、抗菌製品技術協議会の掲げる基準を満たす製品に認証されるSIAA認証も取得。このSIAA認証を取得している超音波式は、「エクリア ミスト」だけです(2016年9月当時。エレコム調べ)。

噴霧量はオフィスの電子機器も、隣の人も気にならない量です。またロック機能搭載で、水がこぼれにくいのもうれしいですね。

タイプは2種類。USB給電で、連続使用最大7時間のタンク容量80ミリリットル タイプ(ホワイト・ピンク)。ACアダプター電源でベッドサイドのナイトライトとしても使え、ミスト量の強弱切り替えもできる連続使用最大 14 時間のタンク容量 200ミリリットルタイプ(ブラック・ホワイト)から選べます。

このアロマ加湿器を使って空間をキレイにうるおし、快適に過ごしてみませんか?そこで今回は、「エクリア ミスト」ホワイト(タンク容量80ミリリットルタイプ)を3名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

  • 当選者数:3名様
  • 応募締切 2019年1月13日(土)
  • 当選発表 2019年1月15日(火)
  • プレゼント提供: エレコム株式会社

【商品詳細】

  • 商品名:エクリア ミスト(タンク容量80ミリリットルタイプ)
  • 内容量: 80ミリリットル
  • 価格:5,530円(税込)

↓応募はこちら↓

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン