1. Home
  2. MIND
  3. 【今週のお悩み】ママ友と上手につき合うためのアドバイスをお願いします

【今週のお悩み】ママ友と上手につき合うためのアドバイスをお願いします

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

3,291

TETUYA

kon6

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。「ママ友と上手につき合うためのアドバイスを教えてください」という質問がきました。

今まで紹介させてもらった相談なら、今までのキャリアから得意気に答えさせてもらっていましたが、今回は「ママ友」。また独特のコミュニティ

男のTETUYAさんには無理だろ?と思ってる人絶対いますよね(苦笑)。そう、僕はママをやったことないし、実際、そのコミュニティに入ったことがないのでわからない部分は多いのが本音。

だがしかし、私には2人息子をもつ嫁がいます(笑)。彼女はとても上手にママ友コミュニティに参画してます。

傍から見てもよくわかる。そんな嫁へのちょっとインタビューと、観察した僕なりの分析からアドバイスしたいと思います。

ママ友のコミュニティは利用する価値あり

「人間関係が面倒臭いからママ友なんていらない」と、はじめから、あきらめてる人がいたら、それはとても勿体ないことですよ。もちろん、どんなコミュニティでも人が交わる以上、面倒なことはある。

ただ、それ以上のメリットもある。嫁を見ていて思うことは、ママ友と交わっていることで、子供からは絶対知りえない学校の情報や、習い事などの有益な情報を入手しています。

「今の時代、ネットがあるじゃん」と思う人もいるかもしれません。ただネットではたどり着けないディープな情報がリアルなコミュニティには眠っているんです。そういった意味でも、ママ友のコミュニティは上手く活用すべき

ママ友のコミュニティは広く浅くが基本

嫁を見ていて思うことは、ママ友たちと広く浅くつきあっているなと(笑)。「広い」とは色んなグループに属しているということ。

kon6

はじめて妊娠したときの市が開催したセミナーのママ友、幼稚園の各○組のママ友など、おそらく6グループに属して色んな情報を仕入れてる。

「浅い」というのは、旦那の仕事は何、あまり自分のプライベートの話はせずに、極力、子供の話を中心にしかしないと言ってました。

相手のママを信用しきって深い話をしすぎると、いつか子供どうしのもめ事が起こったときに、関係性が悪くなって、周りのママに色んな話が洩れちゃうリスクもあるからと。

そもそも、ママ友同士の「ここだけの話」ここだけに終わりません。ママコミュニティに多く属している分、ママたちの夜の飲み会も増えます。お酒が入ると話が深くなるし、そんな飲み会行くのは嫌な人もいるでしょう。

そこの回避の仕方は、「うちの夫がNGで」と夫のせいにするのが一番。うちの嫁は皆勤賞で参加してますけどね(笑)。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

イラスト/古荘風穂

実用的なコミュニケーション術をもっと見る

【今週のお悩み】苦手な上司とうまくやっていくためにはどうしたらいい?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2018/12/181335.html

【今週のお悩み】忙しい相手を食事に誘いたいときはどうすれば?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係…あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2018/11/179696.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由