1. Home
  2. BODY
  3. 母や祖母がそうだったら気に留めたい「卵巣がん」のリスクと予防法

母や祖母がそうだったら気に留めたい「卵巣がん」のリスクと予防法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,937

MYLOHAS編集部

親子

image via shutterstock

女性がかかるがんの中で、卵巣がんが占める割合は3%ほど。でも、女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわります

基礎知識はこちら、原因と症状はこちら。診断と治療法はこちら

卵巣がんを防ぐには?

家系

image via shutterstock

卵巣がんを防ぐためにいちばん大切なのは、自分の体に注意を向け、家族歴を気にかけること」と医師のステファニー・ウェシントンさん。

そうすれば、症状が出たとき気付くことができます。卵巣がんを防ぐための確実な方法はないのですが、次のようなことは卵巣がんにかかるリスクの低下につながります(※1)

経口避妊薬を飲む

ピル

image via shutterstock

とくに、5年以上飲んだとき。飲むのをやめてからも、それまで服用していたことによる効果が期待できます」とウェシントンさん。

ただし、避妊薬によるリスクや副作用もあり、すべての女性にとってよいとは限らないので、主治医によく相談したほうがよいでしょう。

婦人科手術

手術

image via shutterstock

子宮摘出術や卵管結紮(らんかんけっさつ)術を受けることで卵巣がんになるリスクは減りますが、そのために手術を受けるというのはおすすめできません。

婦人科の手術は、あくまでも医学的に必要な場合にのみ行われるべき。

遺伝カウンセリング

問診

image via shutterstock

卵巣がんや乳がんの家族歴があって気になるときは、遺伝カウンセリングを受けることもできます。遺伝子検査によって、BRCA1やBRCA2などの突然変異の遺伝子を受け継いでいるかどうかを調べることができます

遺伝カウンセリングでは、個人や家族の既往歴を専門知識のあるカウンセラーが精査して、遺伝子検査を受けるリスクと利益について一緒に考えてくれます。

その情報をもとに、遺伝子検査を受けるかどうか判断することができます。医師が遺伝カウンセラーを紹介することも可能です(※2)

※1 CDC, American Cancer Society ※2 American Cancer Society, CDC

もっと卵巣がんのことを知りたい

女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわると言われる卵巣がん。そのリスクや種類を知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/12/182179ovarian_cancer.html

些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

卵巣がんは、ほかのがんに比べて全体的に少ないものの、致命的になりやすいがん。発症リスクを高める要素を知っておくこと大切です。

https://www.mylohas.net/2018/10/177766ovarian_cancer.html

Brittany Risher/Ovarian Cancer: How to Keep This Deadly Disease out of Your Future
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析