1. Home
  2. BODY
  3. 卵巣をこえて腹部に転移する場合も。卵巣がんの診断と治療法

卵巣をこえて腹部に転移する場合も。卵巣がんの診断と治療法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,821

薬

image via shutterstock

女性がかかるがんの中で、卵巣がんが占める割合は3%ほど。でも、女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわります

基礎知識はこちら、原因と症状はこちら

卵巣がんはどのように診断されるの?

エコー

image via shutterstock

卵巣がんで医師の診察を受けると、症状と家族歴について聞かれます。

内診もあります。医師は片方の手でおなかを押しながら、手袋をつけたもう片方の指を膣に入れて骨盤内の臓器の状態を確認します。

卵巣のなかの状態をさらによく調べて問題となるところを特定するために、CTなどの画像検査や超音波検査をされることもあります。

血液検査もあります。血球数検査では、血液中の赤血球と白血球、血液を固めるはたらきをする血小板の数を測定します。また、別の血液検査で、腎臓や肝臓など臓器の機能を調べます。

3つ目の血液検査はCA-125検査。卵巣がんにかかった女性は、CA-125とよばれるたんぱく質の量が多いのですが、このたんぱく質の量を測るための検査です(ただし、ほかの条件によってCA-125の量が増えることも)。

最後に、細胞を採って調べる生体組織検査。卵巣がんの診断を確定するための唯一の方法です。手術で取り除いた腫瘍を顕微鏡で調べるというのがほとんどです(※1,2)

卵巣がんの病期(ステージ)

がんのステージ

卵巣がんは、次のように進行します。

  • ステージI:片方、あるいは両側の卵巣にがんがとどまっている状態(上図 左上)
  • ステージII:骨盤内にがんが進展した状態(上図 右上)
  • ステージIII:おなかの中(※平均的な診断による)のほかの部位にがんが転移した状態(上図 左下)
  • ステージIV:おなかをこえて、身体のほかの部位にがんが転移した状態(上図 右下)

どんな治療をするの?

診察

image via shutterstock

卵巣がんは多くの場合、手術と化学療法を組み合わせた治療をしますが、選択肢はそれだけではありません。

それぞれの治療による効果とリスクをよく考えたうえで、卵巣がんのタイプとステージにもっとも合った治療法について担当医と話し合います。治療法を決める前に、いろいろな選択肢を検討してみたいと思うかもしれません(※3)

手術

オペ室

image via shutterstock

「治療では、がんをしっかりと取り除くことが重要。そうすれば長期の生存率が高くなるということが、データで示されています」と話すのは、医師のステファニー・ウェシントンさん(※4)

医師は手術でがんの組織を摘出します。卵巣がんの手術は、次のようなものを含みます。

  • 子宮摘出術:子宮を摘出します。子宮頸部を含めて切除することも。
  • 片側卵管卵巣切除術:片方の卵巣と卵管を摘出します。
  • 両側卵管卵巣切除術:両方の卵巣と卵管を摘出します。
  • 大網(だいもう)切除術:大網を摘出します。大網とは、胃と腹部のほかの臓器をつなぐ腹膜の組織。

化学療法

点滴

image via shutterstock

化学療法では、がん細胞の増殖をおさえる薬が使われます。飲み薬の場合もありますし、静脈や筋肉に注射することも。多くは、手術の前後に行われます。

分子標的治療薬

がん細胞

image via shutterstock

分子標的治療薬では、がん細胞をねらい撃ちして、がん細胞の成長、増殖、修復のほか、ほかの細胞へのはたらきかけを阻害します。この治療は、正常な細胞に与えるダメージが少ないとされています。

※1 American Cancer Society, Mayo Clinic, American Cancer Society, American Cancer Society ※2 Mayo Clinic ※3 NOCC, CDC, American Cancer Society, American Cancer Society, American Cancer Society ※4 American Cancer Society

卵巣がんをもっと知ろう

卵巣は、“沈黙の臓器”。無症状の卵巣腫瘍をどうやって見つける?

今回は、「卵巣の腫瘍って怖い病気?!」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2018/10/strategy34.html

些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

卵巣がんは、ほかのがんに比べて全体的に少ないものの、致命的になりやすいがん。発症リスクを高める要素を知っておくこと大切です。

https://www.mylohas.net/2018/10/177766ovarian_cancer.html

Brittany Risher/Ovarian Cancer: How to Keep This Deadly Disease out of Your Future
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン