1. Home
  2. MIND
  3. 専門家に聞いた! 2019年ポジティブにスタートできる名言6

専門家に聞いた! 2019年ポジティブにスタートできる名言6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,210

MYLOHAS編集部

スイーツを食べる女性

image via shutterstock

ポジティブな言葉のよさは、選択肢が数え切れないほどあること。どんな状況、人生の転機、性格にも合う言葉が必ずあります。

ポジティブな言葉はとても力強く、私たち自身の力を取り戻させてくれます」と言うのは、コネチカット州ナイアンティックで活躍する、認定マリッジ&ファミリーセラピストのケイティ・ジスキンドさん。「ストレスで行き詰まったり、自分では変えられないことで悩んだりするよりも、自分を元気づけるポジティブなことに目を向けてください」

今回は専門家に、彼らが日々の支えとしているポジティブな言葉について教えてもらいました。口に出して言ってみてもいいですし、頭のなかで唱えたり、日記に書きこんだり、デスクに飾っても。さらに、これらの格言を参考に、オリジナルのポジティブな言葉を考えてみてもいいかもしれません。

  1. 「ゆっくりと息を吸い、ストレスと緊張を吐き出します」
  2. 「私は落ち着いていて、穏やかな気持ちだ」
  3. 「今のベストを尽くす」
  4. 「私はどんなことにも対処できる」
  5. 「“恐れ”を“愛”に変えてくれた宇宙に感謝」
  6. 「人生は不確実。デザートを先に食べて」

「ゆっくりと息を吸い、ストレスと緊張を吐き出します」

ボートをこぐ人

呼吸に集中すると力が湧く。この言葉が表している全てです。

「この言葉は、私にとても合っています。呼吸をして体を広げると、落ち着きを取り戻し、ストレスを解放することができます」と、認定マリッジ&ファミリーセラピストのトレーシー・ストラッカー博士は説明します。

彼女はインスタグラムに「Mantra for the Day(今日のマントラ)」と題して、頻繁に投稿しています。「言葉と一緒に体も動かすと、しっかり定着していきます。深呼吸するときはこの言葉を無意識に思い出すので、吐き出すときにストレスも体の外に出ていきます」

「私は落ち着いていて、穏やかな気持ちだ」

ボートをこぐ人

「少し時間をとってこの言葉を唱えることで、本当に落ち着きと平穏を取り戻すことができます」とファミリーセラピストのケイティ・ジスキンドさんは言います。

ストレスや焦りを感じたときに、この言葉を活用しているそうです。「ファミリーセラピストとして接していると、お客様は私の不安を感じ取ります。なので、時間に遅れているときも、私は落ち着いてリラックスしていると自分に言い聞かせるようにしています」とジスキンドさん。

時間がないと思うときは、数秒間だけでも立ち止まって深呼吸し、この言葉を繰り返すといいでしょう。

「今のベストを尽くす」

スイミング

目標達成が重視される社会に生きていると、先ばかりを見てしまい、今に目を向けることがなかなかありません。

今ベストを尽くせると思うことがあれば、それを先に延ばす必要はまったくありません」と、『Say It Like You Mean It: How to Use Affirmations and Declarations to Create the Life You Want』を含む7冊の自己啓発本の共著者で、認定カウンセラーのデイビッド・ベネットさんは言います。

「『昇進したらもっと寛大になるだろう』とか『一日の仕事が終われば気分がよくなるだろう』と、本領を発揮せず先延ばしにするのは簡単ですが、私は今ベストを尽くさなきゃ! と思い直すようにしています」

「私はどんなことにも対処できる」

笑顔の女性

自分を疑ってしまうと、強いストレスや不安につながります。自分には能力があると、ときおり思い出すことが重要です。

「子どもの頃から、いつも自分には足りない部分があると思う一方で、自分をもてあましてしまうこともありました」とライフコーチのダイアナ・フレッチャーさんは言います。

「自分を愛していること、そして自分が傷つくのは怒って憤慨してしまったときだけなんだと、言い聞かせてきました。こうしたリマインダーが常に必要なので、ひとりのときは声に出して言います。そのほかのときは頭のなかで繰り返したり、何度も書いてみることもあります」

「“恐れ”を“愛”に変えてくれた宇宙に感謝」

目を閉じる女性

場合によっては考え方を少し変えるだけで、恐怖などの居心地の悪い感情を、愛のような美しいもの(自分への愛や、恐怖を感じていたもの/ほかのものへの愛など)に変えることができます。

ライフコーチでマインドフルネス提唱者のジェナイ・ローズさんは、この言葉をヒーリングに使用しています。

「これらの言葉は、お客様に自信を与えます。自分でパーソナルヒーリングや日常生活の舵を握り、クリエイティブに行動できるようになります。自尊心を育てたり、考え方を変えようとする場合に、とても重要なことです」

「人生は不確実。デザートを先に食べて」

アイスを食べる女性

ポジティブな言葉というよりマグカップに書いてあるような端的なフレーズですが、『The Power of Positive DOING and Learning to Dance in the Rain』などの自己啓発本の著者であるBJギャラガーさんは、この言葉をポジティブに受け止め、毎日を最後の一日だと思って生きよう、といつも意識しているそうです。

一瞬一瞬を大事にしなければと改めて思います。チャンスがあれば飛びつかないといけません。また、小さな喜びを噛みしめるようになります。1口のチョコレートやうたたね、ばったり出会った友人とのコーヒータイム、犬がかまってほしそうなときに仕事の手を止めて休む……など」とBJギャラガーさん。

将来のことばかりに執着せず、今日の楽しみや喜びを忘れないようにすることが大切です」

ポジティブな気持ちをキープしたい

落ちこんだ時はどうすればいい? ネガティブ思考をリセットする方法

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、ネガティブな感情に支配さ...

https://www.mylohas.net/2018/09/175404.html

予約半年待ちの人気カウンセラーが教える、ネガティブな気持ちの切り替え方

慌ただしい日々を過ごしていると、体調の変化や、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いなどでも、心は揺れ動きやすいもの…。そんな、落ち込みや不安を一...

https://www.mylohas.net/2018/12/180219mind.html

Katherine Martinelli/13 Positive Affirmations for When Life Becomes Too Much
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた