1. Home
  2. STYLE
  3. 気づいたら雑菌だらけ。汚れを見落としがちなキッチンアイテム11

気づいたら雑菌だらけ。汚れを見落としがちなキッチンアイテム11

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,899

MYLOHAS編集部

キッチン

自分の子どもやペット以外にも、家賃も払わず、あなたの大切な家に住んでいるものがいます。

そんなことを言われたらびっくりするかもしれませんが、家の中のあらゆる場所、それに掃除用具や遊び道具などにさまざまな菌が生息しています。

風邪やインフルエンザ、そのほかの病気を予防するためにも、清潔に保っておきたい11の場所・モノをご紹介します。

  1. キッチンシンク
  2. 食器用スポンジ
  3. まな板
  4. 塩とコショウの容器
  5. 水筒
  6. 弁当箱
  7. 電子レンジ
  8. 食洗機
  9. レンジのつまみ
  10. 冷蔵庫
  11. コーヒーメーカー

01. キッチンシンク

シンク

大腸菌やサルモネラ菌がキッチンのシンクに? 嘘でしょう?

残念ながら、菌がついている食材や、細菌の温床となっている食器用スポンジが付着する場所ならどこも汚染されます。

不愉快な物体の多くは排水溝に溜まるので、シンクの表面を洗浄するだけでは不十分です。

02. 食器用スポンジ

スポンジ

まさしくお皿を洗うのに使っているスポンジが、大腸菌やサルモネラ菌など多くの細菌の温床になっているかもしれません。

03. まな板

まないた

木製かプラスチック製かを問わず、まな板は食中毒の原因となる菌がよく付着している場所

いつも完全に清潔を保つこと。生肉や野菜を切ったあとは、特に入念に。

04. 塩とコショウの容器

塩コショー

食事の味付けついでに、ライノウイルスやインフルエンザウイルスも振りまいてないですか?

うっかり塩をこぼしたことを心配するより、容器を清潔にするよう気にかけて。

05. 水筒

ジャグ

ジムや学校、会社から持ち帰った水筒にどのくらい多くのばい菌がいるか知ったら、口から思わず飲み物を吹き出しちゃうこと間違いなし。

水筒を使った後は毎回食洗機へ。

06. 弁当箱

弁当箱

菌が繁殖した食品や学校の汚れた机などに触れていたお弁当箱は、細菌がよく好む場所

07. 電子レンジ

電子レンジ

いざ電子レンジを掃除するとなると、「電子レンジの中はそのままにしておこう」と考える人が多いみたい。そんなことでは具合が悪くってしまうかも。

残り物を大腸菌と一緒に食卓に出したくなければ、電子レンジの庫内も清潔にしておきましょう

08. 食洗機

食洗機

食洗機も無菌ではありません。

食べ物の残りかすや水気があるので、細菌が好んで繁殖します

09. レンジのつまみ

ガスレンジ

食べ物がある場所の表面には、細菌がたっぷり付着している可能性があります。

コンロのつまみでさえも細菌が繁殖しやすいのです。

10. 冷蔵庫

冷蔵庫

食品を細菌汚染から守るものとして一般的に思い浮かべるのが冷蔵庫ですが、大腸菌やサルモネラ菌、リステリア菌などが繁殖しているかもしれません。

特に、野菜室や扉のハンドルに注意。廃棄すべき食品を入れていた場合は、庫内全体をきれいに掃除することが非常に重要。

11. コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

まだ目が覚めないですか?

では、コーヒーメーカーのタンクには、ブドウ球菌、連鎖球菌、セレウス菌をはじめとする細菌が生息しているかもしれない、と聞いたら目が覚める?

菌の繁殖に注意

風邪やインフルエンザ対策。あなたの手洗いに関する知識、本当に合っていますか?

風邪やインフルエンザの予防で重要な手洗い。その手洗い、合ってる?手洗いに関する知識が本当に正しいものなのか、この記事を読んでチェック!

https://www.mylohas.net/2018/11/179445wash.html

ウイルスや病気に負けない。免疫力を高める6つの健康習慣

マスクや予防接種をしていても、インフルエンザや風邪に罹る人と罹らない人がいます。その違いは「免疫力」。40代では半分まで減るという免疫力を高める生活...

https://www.mylohas.net/2018/02/immunity.html

Alex Watt /26 Sneaky Spots In Your Home That Are Probably Full Of Germs
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5