1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ビタミンCだけじゃない! 乾燥に負けない、強い素肌を作るための栄養素

ビタミンCだけじゃない! 乾燥に負けない、強い素肌を作るための栄養素

ポジティブ栄養学

3,932

吉川圭美

木枯らしに吹かれる女性

image via Shutterstock

空気が冷え込み湿度が下がってくると、気になってくるのが肌のかさつき、という人も多いようです。ハンドクリームは手放せないし、さらにはどんなにクリームを塗ってもカサカサ、なんて声も……。

こうした状態にも栄養は深く関わっています。肌の栄養といえばビタミンCをイメージしがちですが、それだけではありません。今回は、栄養の視点から“肌代謝”について考えてみましょう

肌細胞ひとつひとつに栄養をゆきわたらせる

木枯らしに吹かれる女性

image via Shutterstock

わたしたちの肌は大きく分けて、3つの層に分かれています。上から約0.2ミリの薄さで皮膚の表面を覆い、異物が入ってくるのを防ぐ表皮、コラーゲンが大部分を占め、もっちり感を生み出してくれる真皮層、大部分が脂肪で構成され、クッションのように外部からの衝撃をやわらげる皮下組織の順。

各層に存在する細胞ひとつひとつの代謝がスムーズに行われることで、美しい肌を保つことができます。そのためには、細胞にとって必要な栄養が存在していることは言うまでもありません。

乾燥が気になるなら、注目したいのは表皮の部分。肌の細胞は表皮の底の部分から生まれ、分裂しながら増えていきます。そして形を変えながらぐんぐん上がっていき、最後には垢となってはがれ落ちていきます。これがターンオーバーといわれるもの

細胞分裂に深く関わる栄養

亜鉛の多い食べ物

亜鉛の多い食べ物:鮭、えび、牛肉、チーズ、ほうれん草、キノコ、ココア、カボチャの種、ニンニク、豆、アーモンドなど。

image via Shutterstock

ここで重要な仕事をするのが亜鉛とビタミンA、Dとなります。亜鉛は細胞分裂に深く関わっているため、足りないと分裂がうまくいかず、肌細胞の生まれ変わりがスムーズにいかない、なんてことに。

新しい細胞は形を変えながら押しあげられていきますが、このとき活躍するのがビタミンAやD。足りなくなると肌代謝がうまくいかずに角質がたまりやすくなり、ガサガサ肌の原因に

表皮の一番上には角層と呼ばれる層があります。ここの細胞(角層細胞)のなかにはうるおいを保つための天然保湿因子(NMF)があり、肌の水分をキープしています。さらに角層細胞と角層細胞の間にはすき間なく「細胞間脂質」というもので埋められており、うるおい保持にひと役買っています。NMFや細胞間脂質はタンパク質、コレステロール、脂肪酸からつくられています。

加えて、肌表面にはうるおいをキープするための皮脂膜と呼ばれるものがあります。これは、身体の水分と油分が混じって作られた、“天然乳液”ともいえるもの。肌を乾燥から防いでくれます。

タンパク質や脂肪、ビタミン、ミネラル……。つややかな肌のためには、これだけの栄養が必要になってくるのです。

赤いお肉が肌を美しく導いてくれる

ラム肉

image via Shutterstock

これらの栄養を一度にとるのに、私が尊敬するオーソモレキュラー実践ドクターのおひとり、柴亜伊子先生がおすすめしているのが、赤いお肉とくに牛肉やラムなど、赤い色が濃いほどよいのだそう。

わたしも以前は牛肉など年に数回、焼肉屋さんで食べる程度でしたが、オーソモレキュラーを学ぶようになって、家でもよく食べるようになりました。そんななかで明らかに違いを感じているのが冬。以前はすねや太ももがカサカサしてかゆみがひどく、保湿クリームなしではいられませんでしたが、いまはかゆみ知らずに。もちろん、顔の乾燥もいまのところナシ

体調だけでなく肌にまでうれしい変化をもたらしてくれる栄養。ちょっとうれしいなと感じているところです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析