1. Home
  2. BODY
  3. 女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,280

MYLOHAS編集部

お腹を抑える女性

image via shutterstock

女性がかかるがんの中で、卵巣がんが占める割合は3%ほど。でも、女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわります

卵巣がんは、気づきにくい病気

卵巣

女性の体には、子宮の左右にそれぞれ1個ずつ、計2個の卵巣があり、その卵巣のはたらきによって、ホルモンと卵子が作られます。

卵巣がんとは、卵巣にできるがんのこと。米国では、毎年約2万人の女性が卵巣がんと診断されます。

閉経後の女性や、卵巣がんの家族歴がある女性は卵巣がんになるリスクが高くなります(※1)

リボン

一生のうちに、卵巣がんにかかる女性は75人に1人。

卵巣がんは、「サイレントキラー」と呼ばれることも。初期のうちは自覚症状がほとんどなく、加齢や閉経に伴う、何てことのない体調の変化と勘違いされやすいからです(※2)

女性がかかるがんのうち、卵巣がんが占める割合はたった3%ほどですが、生殖器系のがんのなかでは、もっとも命にかかわります(※3)

日本の最新のデータにおいては、2014年に卵巣がんと診断された女性は1万11人、2017年に卵巣がんで亡くなった女性は4745人でした。罹患率と死亡率は最近40年間にわたって上昇傾向にあります。ただし、最近10年間は横ばいに近くなってきました(国立がん研究センターがん対策情報センターの統計より)。

重要なのは、卵巣がんは発見が早ければ早いほど、生存率が高くなることです(※4)

卵巣がんにはどんな種類があるの?

がん細胞

image via shutterstock

卵巣がんには3つのタイプがあります。細胞のどの部分にがんができるかによって、次のように分けられます(※5)

  • 上皮性(じょうひせい):卵巣がんのなかでもっともよくみられるタイプ。卵巣の表面をおおう上皮にできる腫瘍。卵巣がんは上皮細胞から発生することがとても多い。
  • 胚細胞性(はいさいぼうせい):卵子のもとになる胚細胞にできる腫瘍。卵巣がんの2%ほどを占める。
  • 性索間質性(せいさくかんしつせい):卵巣の結合組織にできる腫瘍。エストロゲン、プロゲステロンを産生することも多い。卵巣がんに占める割合は、1%くらい。

卵巣がんの合併症は?

髪が抜ける女性

image via shutterstock

卵巣がんの合併症は、治療の方法によって異なります。たとえば、化学療法をすると疲労感、脱毛などの副作用がみられます。手術で両側の卵巣を取り除くと、閉経前でも早期の閉経を経験することに。

また、卵巣がんは腹部のほかの場所や、骨盤内の臓器やリンパ節にひろがることもあります(※6)

原因・症状については、次回に。

※1 CDC ※2 NCBI ※3 CDC ※4 NOCC ※5 American Cancer Society ※6 American Cancer Society

がんを早く発見するには?

乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切

「乳がん」になる人は、この40年で約7倍にも増加。いまでは10人に1人が乳がんになるといわれています。けれども、「がんについての誤った思い込み」が日...

https://www.mylohas.net/2018/11/178618breast_cancer.html

頭皮に見つけた円形脱毛、それは乳がんのせいでした

乳がんは早期発見が大切。身体は常にさまざまな方法で健康に関する手がかりを伝えていることがあります。

https://www.mylohas.net/2018/11/179087cancer.html

Brittany Risher/Ovarian Cancer: How to Keep This Deadly Disease out of Your Future
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた