1. Home
  2. BODY
  3. 女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,503

MYLOHAS編集部

お腹を抑える女性

image via shutterstock

女性がかかるがんの中で、卵巣がんが占める割合は3%ほど。でも、女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわります

卵巣がんは、気づきにくい病気

卵巣

女性の体には、子宮の左右にそれぞれ1個ずつ、計2個の卵巣があり、その卵巣のはたらきによって、ホルモンと卵子が作られます。

卵巣がんとは、卵巣にできるがんのこと。米国では、毎年約2万人の女性が卵巣がんと診断されます。

閉経後の女性や、卵巣がんの家族歴がある女性は卵巣がんになるリスクが高くなります(※1)

リボン

一生のうちに、卵巣がんにかかる女性は75人に1人。

卵巣がんは、「サイレントキラー」と呼ばれることも。初期のうちは自覚症状がほとんどなく、加齢や閉経に伴う、何てことのない体調の変化と勘違いされやすいからです(※2)

女性がかかるがんのうち、卵巣がんが占める割合はたった3%ほどですが、生殖器系のがんのなかでは、もっとも命にかかわります(※3)

日本の最新のデータにおいては、2014年に卵巣がんと診断された女性は1万11人、2017年に卵巣がんで亡くなった女性は4745人でした。罹患率と死亡率は最近40年間にわたって上昇傾向にあります。ただし、最近10年間は横ばいに近くなってきました(国立がん研究センターがん対策情報センターの統計より)。

重要なのは、卵巣がんは発見が早ければ早いほど、生存率が高くなることです(※4)

卵巣がんにはどんな種類があるの?

がん細胞

image via shutterstock

卵巣がんには3つのタイプがあります。細胞のどの部分にがんができるかによって、次のように分けられます(※5)

  • 上皮性(じょうひせい):卵巣がんのなかでもっともよくみられるタイプ。卵巣の表面をおおう上皮にできる腫瘍。卵巣がんは上皮細胞から発生することがとても多い。
  • 胚細胞性(はいさいぼうせい):卵子のもとになる胚細胞にできる腫瘍。卵巣がんの2%ほどを占める。
  • 性索間質性(せいさくかんしつせい):卵巣の結合組織にできる腫瘍。エストロゲン、プロゲステロンを産生することも多い。卵巣がんに占める割合は、1%くらい。

卵巣がんの合併症は?

髪が抜ける女性

image via shutterstock

卵巣がんの合併症は、治療の方法によって異なります。たとえば、化学療法をすると疲労感、脱毛などの副作用がみられます。手術で両側の卵巣を取り除くと、閉経前でも早期の閉経を経験することに。

また、卵巣がんは腹部のほかの場所や、骨盤内の臓器やリンパ節にひろがることもあります(※6)

原因・症状については、次回に。

※1 CDC ※2 NCBI ※3 CDC ※4 NOCC ※5 American Cancer Society ※6 American Cancer Society

がんを早く発見するには?

乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切

「乳がん」になる人は、この40年で約7倍にも増加。いまでは10人に1人が乳がんになるといわれています。けれども、「がんについての誤った思い込み」が日...

https://www.mylohas.net/2018/11/178618breast_cancer.html

頭皮に見つけた円形脱毛、それは乳がんのせいでした

乳がんは早期発見が大切。身体は常にさまざまな方法で健康に関する手がかりを伝えていることがあります。

https://www.mylohas.net/2018/11/179087cancer.html

Brittany Risher/Ovarian Cancer: How to Keep This Deadly Disease out of Your Future
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?