1. Home
  2. BODY
  3. 走らなくてもいい。座るだけで冬の運動不足は解消できる

走らなくてもいい。座るだけで冬の運動不足は解消できる

The New York Times

4,725

寒い季節でもエクササイズを続けるためにできるシンプルなテクニックがあります。

日が短くなり寒くなると、エクササイズをする気持ちも失せてきます。しかし、最近発表された研究によると、寒い季節でもシンプルなテクニックを使ってやる気を維持することができるのだとか。

そのテクニックのひとつが瞑想だというのは意外でした。

11月がワークアウトの分岐点

瞑想

Anthony Geathers/New York Times

エクササイズの研究者や愛好家にとって、11月が分岐点と考えられています。

冬になっても活動的でありつづける献身的で経験豊かなエクササイズ実践者は大勢いますが、一方で、この時期に意欲が低下して活動量が減る人もいます。

冬は活動が11分も減る

時計

image via shutterstock

2018年の初めに発表された運動行動についての研究結果では、夏と比べて冬には活動時間が1日に平均11分少なくなることが判明しました。

11分というのが1日の活動時間の大部分を占める人もいるので、そういう人にとってこの減少はかなり大きく懸念すべきことでもあります。

しかし、季節の変化によって運動不足になる傾向への対策については、これまでほとんど研究されてきませんでした。

冬にもやる気を持ち続けるには?

リサーチ

image via shutterstock

2018年9月にMedicine & Science in Sports & Exercise誌に発表された新しい調査では、アイオワ州立大学を始めとする複数の機関の研究者たちは、アメリカ中西部の冬が近くにつれ、運動を続けるためにはどんな方法がよいのかを探ることにしました。

さまざまな理由から研究者たちは、決められたエクササイズを定期的に始める方法と、マインドフル瞑想を始める2方法にフォーカスしました。前者は、不活動に対処するためにワークアウトを使うというもので、道理にかなっています。しかし、後者のマインドフル瞑想というのは精神のエクササイズなので、体を動かすための動機にはならないようにも思えます。

しかし、この研究に関わった専門家たちは、風邪対策としてエクササイズとマインドフルネスの効果についてすでに調査していたので、どちらの方法も自分の身体に対する意識を変えて、一年中活動的でいられるかどうかに影響を与えるかもしれないと考えたのでした。

エクササイズ組と瞑想組に分けて実験をしたら

ラン

image via shutterstock

そのために、あまり活動的ではなく瞑想の経験もない健康な男性と女性、49名が集められました。参加者は夏の終わりに活動レベルを図るモニターを1週間つけ、歩行を始め日中にどのぐらい活動したかが測られました。

そのあと、無作為にエクササイズか瞑想が割り当てられました。対照群の人たちはそれまでの生活を続けました。

エクササイズのグループは1日に最低20分、理想は40分以上という目標で、毎週ウォーキングかジョギングをしました(監視はなし)。そして、週に一度、大学で指導を受けたりグループでエクササイズをして数時間を過ごしました。

一方、マインドフルネス瞑想のグループは、いまここを意識して体がどう感じているかを重視する標準的な指導プログラムを受け、瞑想のやり方を学びました。このグループは、座って静かに行なう瞑想のほかに、ボディスキャン(体のあらゆる部分への意識を向ける手法)とマインドフルウォーキングも実践しました。エクササイズ組と同様、大学で週に1度集まりましたが、ほとんどの瞑想は自宅で行ないました。

両方のプログラムは9月から11月の初旬まで、2か月間実施されました。

そして冬直前に、対照群を含む参加者は活動モニターをもういちど1週間だけつけることになりました。参加者にはこれが活動レベルを測るものだとは知らされず、風邪の調査だと思われていました。

エクササイズと瞑想の結果が同じだったんです

瞑想

image via shutterstock

しかし、活動モニターからのデータによると、エクササイズ組と瞑想組の両方に効果があったようです。一番顕著だったのは、とある対照群の男女が夏と比べて晩秋にはますます活動しなくなっていたということでした。平均で1日に18分近くもウォーキングなどの活動が減少していたのです。

しかし、ほかの2グループの男女は、エクササイズと瞑想の実験が終わったにもかかわらず、それほど不活動にはなっていませんでした。夏と比べるとすこし活動レベルは落ちていましたが、それは1日6分ほどだったのです。

体への意識を変える効果があるのでは?

身体

image via shutterstock

これらの結果には驚かされたと、アイオワ州立大学のキネシオロジー助教授のジェイコブ・マイヤー氏は述べています。マイヤー助教授は、ブルース・バレット氏ら他の研究者とともにこの研究を行なった研究者です。彼らは、エクササイズのグループが体を動かすことに慣れてきて、関心も深まるだろうと考えていたのです。ところが「マインドフルネスのトレーニングにこのような効果があるとは予想していませんでした」とマイヤー助教授。

マイヤー助教授によると、瞑想によってどうやって人びとが冬の間も比較的活動的でいられたのかは不明だそうです。

また、エクササイズのグループが同じように秋じゅう活動的でいられた理由や、エクササイズが瞑想よりも効果的ではなかった理由もこの実験からはわからないと言います。

しかし、マイヤー助教授は、どちらのプログラムも体との統合感を推し進め、自分がいつどのように体を動かしているかにもっと意識がいくようになったのではと考えています。

マイヤー助教授を始め研究者一同は、将来もっと規模の大きい研究によって、両方のプログラムのどの部分が最も効果があったのか、そして、冬になっても活動的であり続けるために、どちらか一方だけではなく、エクササイズとマインドフルネスのより効果のある組み合わせも探ることができたらと望んでいるそうです。

瞑想を取り入れてみる?

【問題】瞑想すると長生きする?|健康のウソ・ホント15

健康におけるトピックは、この世の中でさまざまな情報があります。中には、ウソかホントかわからないようなことも混在していて、素人の私たちには判断できませ...

https://www.mylohas.net/2018/11/178796.html

数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

なかなか寝付けないと辛いもの。アメリカ海軍おすすめの睡眠テクニックを使って数分以内の寝落ちを目指しましょう。

https://www.mylohas.net/2018/09/175215sleep.html

©2018 The New York Times[原文:How Meditation Might Help Your Winter Workouts/執筆:Gretchen Reynolds](翻訳:ぬえよしこ)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 悪酔い防止には、牛乳やウコンが合ってる?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 炭水化物は賢く摂る。ダイエット成功の近道4つ