1. Home
  2. EAT
  3. 使う材料は5つ以下。なのに満足感が続くバランス朝食メニュー11

使う材料は5つ以下。なのに満足感が続くバランス朝食メニュー11

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,924

MYLOHAS編集部

朝食

image via shutterstock

みなさんご存知のことですが、朝食は1日で一番大切な食事です。でも、朝の食事を抜いてしまうという人も多いはず。

しかし、栄養たっぷりのおいしい朝食を作るのは、それほど難しいことではないんです。シェフ、栄養士、フィットネストレーナー、フードブロガーがおすすめする朝食メニューをご紹介

しかも、5種類以下の材料で、手早く作ることができることができます。最後のメニューはレシピ付き!

  1. アボカドトースト
  2. 野菜のフリッタータ
  3. ベーコンエッグチーズのせさつまいもトースト
  4. グリーン・ブレックファスト・ブリトー
  5. かぼちゃのロースト、マッシュドエッグ添え
  6. ベジタリアンオムレツ
  7. 卵とワカモレの朝食サラダ
  8. ビーツトースト
  9. 朝食ローストポテト
  10. ふわふわベイクドオムレツ
  11. ゴートチーズとマッシュルームのクリーミーポレンタ

01. アボカドトースト

アドカドトースト

セレブ専属トレーナーのジリアン・マイケルズさんは、チアシード入りのアボカドトーストをすすめています。「全粒粉のトーストには良質な炭水化物が含まれており、朝の活力を与えます

アボカドには良質な脂肪が多く含まれるので、LDLコレステロールや中性脂肪の値を下げる働きも。食物繊維、葉酸、ビタミンC、E、Kなども豊富に含まれていますよ」(マイケルズさん)

参考:Prevention

02. 野菜のフリッタータ

フリッタータ

イタリア風の具だくさんオムレツ「フリッタータ」は簡単に作れるおいしい料理で、作り置きも可能です。そして、野菜のたんぱく質や食物繊維をしっかり摂ることができ、お昼まで満腹感が続きます

小分けにしてタッパーに入れておけば、そのまま朝食として持って出かけやすいもの。トマト、ピーマン、チャイブのほかに、お好みの野菜や赤身肉に替えたり、具材を追加してもいいでしょう。

参考:SweetPhi

03. ベーコンエッグチーズのせ さつまいもトースト

サツマイモトースト

朝食サンドイッチに、パンを使う必要はありません。いつものパン朝食を、スーパーフードさつまいものトーストを使って変身させましょう!

さつまいものスライスをトースターまたはオーブンで焼けば、グルテンフリーの低炭水化物トーストがあっという間にできあがります

参考:Cooking w/ Julie

04. グリーン・ブレックファスト・ブリトー

グリーンブレックファーストブリトー

朝にメキシコ料理が食べたくなった? それなら、こちらのブレックファスト・ブリトーをおためしあれ。たんぱく質と良質な脂肪がたっぷり含まれたお手軽朝食が楽しめます。

卵、ほうれん草、アボカドを挟んで、仕上げにピコ・デ・ガヨ(サルサ)をのせれば、できがあり。1個では止まらず、ついつい手が伸びてしまうおいしさです。

参考:Prevention

05. かぼちゃのロースト、マッシュドエッグ添え

ロースト・デリカテッド・スクワッシュ

伝統的な朝食はあんまり……という方には、シンプルなのに味わい深い、グルメな料理はいかが。ここではデリカタ・スクワッシュという長細いかぼちゃを使っています。

準備時間を短縮するため、スクワッシュ(かぼちゃ)のローストは事前に済ませておくといいでしょう。あとは、マッシュした卵をマヨネーズとハーブで和え、のせるだけです。

参考:The Evolved Foodie

06. ベジタリアンオムレツ

野菜オムレツ

栄養価の高いこのオムレツを食べれば、たんぱく質のほかに、玉ねぎ、赤ピーマン、マッシュルーム、ほうれん草などの野菜の栄養もたっぷり摂れます。

参考:Cooking w/ Julie

07. 卵とワカモレの朝食サラダ

サルサワカモレサラダ

朝食サンドイッチが好きなら、次は朝食サラダを試してみては?

栄養士のジャッキー・ニュージェントさんが考えたのが、こちらのレシピ。ワカモレ、葉物野菜、ピコ・デ・ガヨ(サルサ)、トルティーヤチップスを混ぜ、卵を添えるだけで、完璧なメキシコ料理の完成です。

参考:Jackie Newgent

08. ビーツトースト

ビーツトースト

アボカドトーストにしばしお別れをして、ビーツスプレッドの朝食を楽しんでみて。調理済みのビーツ、オリーブオイル、タヒニペースト(練りごま)を使って作るスプレッドは、朝を始めるのに最適。卵をのせれば、たんぱく質も摂取できます。

参考:Hello Fresh

09. 朝食ローストポテト

ローストジャガイモ

ときどき食べたくなるのが、おなじみのハッシュブラウン(ハッシュドポテト)。こちらのレシピではフライパンの代わりにクッキングシートを使うので、おいしさはそのままに、ヘルシーに楽しめます

参考:Cookies + Kate

10. ふわふわベイクドオムレツ

ふわふわオムレツ

既製のパイシートを使えば、調理時間をさらに短縮できます。

卵、細切りチーズ、お好みの野菜(おすすめはブロッコリー)を混ぜ合わせて卵のフィリングを作ります。混ぜ合わせた卵を、オーブン皿にしいたパイ生地の上にのせます。オーブンで20~30分焼けば、できあがりです!

参考:A Spicy Perspective

11. ゴートチーズとマッシュルームのクリーミーポレンタ

ゴートチーズ

卵は使いたくないけれど、甘いものよりしょっぱいものが食べたいという方には、こちらのポレンタ(とうもろこし粉を練って作る北イタリアの料理)がおすすめ

ニューヨークのアストリアにあるレストラン「Via Vai」のオーナー兼料理長が、特別に考案したレシピをご紹介しましょう。

ポレンタ、マッシュルーム、牛乳、ゴートチーズを使って、15分もかからず作れます。卵も食べたいという方は、上にのせてももちろんOKです。

ゴートチーズとマッシュルームのクリーミーポレンタ

<材料>

  • 牛乳 4と1/2カップ
  • インスタントポレンタ粉 140グラム
  • ゴートチーズ(ヤギのチーズ) 140グラム
  • マッシュルーム 227グラム、オリーブオイルで炒めておく

<作り方>

  1. 中くらいの鍋に、牛乳と塩ひとつまみを入れ、沸騰させます。ポレンタを加え、泡立て器でポレンタと牛乳を混ぜ合わせます。
  2. ポレンタがよくなじみ、ダマがなくなったら、ゴートチーズを入れ、泡立て器で全体を混ぜます。生地はクリーミーな状態になるようにしてください。液体状でも固すぎてもいけません。固すぎる場合は牛乳を、液体状になってしまう場合にはポレンタ粉を加えます。5分間煮込みます。
  3. 深めの丸皿に盛り、炒めたマッシュルームをのせます。パルミジャーノレッジャーノチーズをトッピングすれば、風味豊かに仕上がります。

栄養たっぷりな元気になるレシピ

貧血予防とストレス対策に。15分で作れる、ほうれん草の淡雪スープ

貧血予防とストレス対策をサポートしてくれる、「ほうれん草の淡雪スープ」のレシピ。15分で手早く作れます。

https://www.mylohas.net/2018/10/177614diet_recipe.html

冷えた体がポカポカに! 生姜を使ったクリーミーパンプキンスープ

身体の芯から温まるパンプキンスープ。こちらのレシピでは、今が旬の野菜のパワーがギュッと詰まっており、生姜のピリッとした辛さを残しながら、野菜の甘さも...

https://www.mylohas.net/2018/11/179718pumpkinsoup.html

Leah Groth/21 Healthy Breakfast Recipes With 5 Ingredients or Less
訳/Seina Ozawa

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?