1. Home
  2. BODY
  3. 糖尿病にならないために、今日から実践できること4

糖尿病にならないために、今日から実践できること4

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

12,455

MYLOHAS編集部

血糖値

image via shutterstock

糖尿病の中でももっとも一般的なのが「2型糖尿病。長い期間にわたって血糖値(血中ブドウ糖)が高い状態が続いてしまう病気です。

この2型糖尿病の原因や症状、治療、合併症のことなど、知っておきたいことすべてを医師に聞きました

基礎知識編原因・症状編診断・治療編

2型糖尿病の予防方法とは?

走る女性

image via shutterstock

2型糖尿病は、遺伝があったとしても、基本的な生活習慣で発病を防ぐことができます

糖尿病予防プログラム(アメリカ国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所による助成を受けている)に参加した人は、対照となる人々と比べると、3年間で2型糖尿病のリスクが58%減ることがわかっています(※1)

このプログラムのゴールは、体重を減らすこと。そのため参加者はカロリーを減らし、運動するのです。同じやり方をすれば、糖尿病のリスクを減らせます。

糖尿病を防ぐために取り入れたい生活習慣は、以下。

01. カロリーを減らす

ダイエット

image via shutterstock

カロリー制限だけに取り組んでも、糖尿病に対してすぐに大きな効果が現れるのです。カロリーを減らすだけで、身体はよりインスリンを作れるようになり、インスリンに反応しやすくなります」と話すのは、メイヨー・クリニック内分泌学研究所所長で、糖尿病内科医のアドリアン・ベラさん(医学博士)(※2)

「前糖尿病(糖尿病予備群)の場合にも効果的です」。どの方法が一番、ということではなく、続けられる食事をすることが大事。「最終的には、カロリーが切り札なのです」とベラさん。

02. 減量する(必要な場合)

ダイエット

image via shutterstock

糖尿病予防プログラムの15年間のフォローアップによると、5~7%の減量が、糖尿病の発症を遅らせたり予防したりするといわれています。

03. 運動する

運動する女性

image via shutterstock

1週間のうち少なくとも5日は、30分の運動をします。

04. 定期的な検査をする

血糖検査

Adrian Vella, MD, head of Mayo Clinic endocrinology research

2型糖尿病は自覚症状なく進行する可能性があるので、45歳になったら定期的に血糖値検査をすること。遺伝の可能性があれば、すぐにでも検査を受けることをすすめます。

※1 National Center for Biotechnology Information ※2 Mayo Clinic

もっと知りたい糖尿病のこと

グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ

すこしでも健康について考えている方なら、2型糖尿病にならないための基本ルールはご存知かもしれません。正しい食習慣、身体を動かす、標準体重を保つという...

https://www.mylohas.net/2018/09/176069diabetes.html

天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

どんな食べ物であっても、まったく食べないようにする必要はありませんが、糖尿病の管理に役立つ食べ物とそうでもない食べ物があります。では、糖尿病の人には...

https://www.mylohas.net/2018/09/175795diabetes.html

Brittany Risher/Type 2 Diabetes: Every Important Fact to Know About Causes, Symptoms, and Treatments
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析