1. Home
  2. BODY
  3. 糖尿病にならないために、今日から実践できること4

糖尿病にならないために、今日から実践できること4

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,717

血糖値

image via shutterstock

糖尿病の中でももっとも一般的なのが「2型糖尿病。長い期間にわたって血糖値(血中ブドウ糖)が高い状態が続いてしまう病気です。

この2型糖尿病の原因や症状、治療、合併症のことなど、知っておきたいことすべてを医師に聞きました

基礎知識編原因・症状編診断・治療編

2型糖尿病の予防方法とは?

走る女性

image via shutterstock

2型糖尿病は、遺伝があったとしても、基本的な生活習慣で発病を防ぐことができます

糖尿病予防プログラム(アメリカ国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所による助成を受けている)に参加した人は、対照となる人々と比べると、3年間で2型糖尿病のリスクが58%減ることがわかっています(※1)

このプログラムのゴールは、体重を減らすこと。そのため参加者はカロリーを減らし、運動するのです。同じやり方をすれば、糖尿病のリスクを減らせます。

糖尿病を防ぐために取り入れたい生活習慣は、以下。

01. カロリーを減らす

ダイエット

image via shutterstock

カロリー制限だけに取り組んでも、糖尿病に対してすぐに大きな効果が現れるのです。カロリーを減らすだけで、身体はよりインスリンを作れるようになり、インスリンに反応しやすくなります」と話すのは、メイヨー・クリニック内分泌学研究所所長で、糖尿病内科医のアドリアン・ベラさん(医学博士)(※2)

「前糖尿病(糖尿病予備群)の場合にも効果的です」。どの方法が一番、ということではなく、続けられる食事をすることが大事。「最終的には、カロリーが切り札なのです」とベラさん。

02. 減量する(必要な場合)

ダイエット

image via shutterstock

糖尿病予防プログラムの15年間のフォローアップによると、5~7%の減量が、糖尿病の発症を遅らせたり予防したりするといわれています。

03. 運動する

運動する女性

image via shutterstock

1週間のうち少なくとも5日は、30分の運動をします。

04. 定期的な検査をする

血糖検査

Adrian Vella, MD, head of Mayo Clinic endocrinology research

2型糖尿病は自覚症状なく進行する可能性があるので、45歳になったら定期的に血糖値検査をすること。遺伝の可能性があれば、すぐにでも検査を受けることをすすめます。

※1 National Center for Biotechnology Information ※2 Mayo Clinic

もっと知りたい糖尿病のこと

グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ

すこしでも健康について考えている方なら、2型糖尿病にならないための基本ルールはご存知かもしれません。正しい食習慣、身体を動かす、標準体重を保つという...

https://www.mylohas.net/2018/09/176069diabetes.html

天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

どんな食べ物であっても、まったく食べないようにする必要はありませんが、糖尿病の管理に役立つ食べ物とそうでもない食べ物があります。では、糖尿病の人には...

https://www.mylohas.net/2018/09/175795diabetes.html

Brittany Risher/Type 2 Diabetes: Every Important Fact to Know About Causes, Symptoms, and Treatments
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    3. 花粉症がつらい。鼻づまりで夜も眠れない。すーっと爽やかなアイテム4選

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. 脳はもともとネガティブ? 人間関係をスムーズにする解決法

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    1. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    2. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 転がすだけでOK。肩こりも猫背も改善するフォームローラーって?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは