1. Home
  2. BODY
  3. 家族に糖尿病の人がいたら早めに検査すべき。糖尿病の診断法&治療法4

家族に糖尿病の人がいたら早めに検査すべき。糖尿病の診断法&治療法4

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,929

MYLOHAS編集部

筋トレ

image via shutterstock

糖尿病の中でももっとも一般的なのが「2型糖尿病」。長い期間にわたって血糖値(血中ブドウ糖)が高い状態が続いてしまう病気です。

この2型糖尿病の原因や症状、治療、合併症のことなど、知っておきたいことすべてを医師に聞きました

基礎知識はこちら、原因と症状はこちら

2型糖尿病の診断方法

糖尿病

image via shutterstock

2型糖尿病は病気特有の症状がないため、一般的には血液検査により診断されています」と話すのは、マサチューセッツ総合病院、糖尿病センターディレクターの医学博士、デイビット・ネイザンさん。

2型糖尿病であるかを調べるときに、医師からは症状も聞かれるかもしれませんが、2型糖尿病を正しく診断するためには血液検査が必要に。

2型糖尿病を診断するためには、主に3種類の検査が行われます。特に一般的なのは、空腹時血糖とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)。医師によっては随時血糖を使うことも。

たとえば、空腹時血糖値検査を行うためには、少なくとも8時間は絶食し、それから血液をとり血糖値を測定します。「45歳以上である場合、あるいは家族に2型糖尿病の人がいる場合はもっと早い年齢から、毎年検査します」

どの検査であっても、ほかの薬を使っているか医師に伝えることが大切。ステロイドにより血糖値は一時的に高まりますし、非定型抗精神病薬は、2型糖尿病の発症リスクと関係性があるからです。「値が変化しづらい点から、HbA1cの測定は効果的といえます」(ネイザンさん)。(※1)

2型糖尿病の治療法は?

薬

image via shutterstock

2型糖尿病は、生活習慣の見直しと薬物療法で治療します。

運動に取り組む、より健康的な食事にしていくといった心がけで、体重を減らしたり、血糖値を正常にしたりすることもできます。こうした対策がうまくいかない場合には、医師が薬やインスリンを処方することになります。

2型糖尿病を治療するための生活習慣の見直しには、次のものがあります

運動

ウォーキング

image via shutterstock

できるだけ毎日の30分以上の運動を心がけます。激しい運動でなくてもよいのです。

有酸素運動(散歩、水泳、ダンス、自転車)と筋力トレーニング(ヨガ、ウエイトリフティング、トレーニングチューブの使用)を組み合わせると片方だけに取り組むよりも血糖値を正常にするためには効果的。

これから運動を始める方は、はじめはゆっくり、徐々に慣れていくとよいでしょう。

ダイエット

食事

image via shutterstock

“糖尿病ダイエット”などという方法はありません。だから、流行のダイエットになびかないことが大切です。

重要なのは、カロリーを減らし、生活を変えていくこと。野菜やフルーツ、全粒穀物、脂肪の少ないたんぱく質、健康によい脂肪、甘すぎない飲み物をとりいれます。

自分に合ったプランのためには、糖尿病を専門とする栄養士に相談するとよいでしょう。

血糖値の測定

血糖値

image via shutterstock

医師は、定期的に血糖値を測定するように求めるかもしれません。指先に針を刺し、血液を測定器に入れることで、血糖値を測定することが可能です(※2)

薬物療法

インスリン

image via shutterstock

メトホルミン、スルホニルウレア(SU薬)、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬、インスリン療法などがあります。

生活習慣の見直しや薬物療法の組み合わせも含めて、治療法については医師としっかり話し合うことが大切です(※3)

予防については次の記事で。

※1 NIH, CDC, MedilinePlus ※2 CDC, NIH ※3 American Diabetes Association, NIH

糖尿病で気をつけたい食べ物は?

ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

どんな食べ物であっても、まったく食べないようにする必要はありませんが、糖尿病の管理に役立つ食べ物とそうでもない食べ物があります。では、糖尿病の人には...

https://www.mylohas.net/2018/09/175790diabetes.html

天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

どんな食べ物であっても、まったく食べないようにする必要はありませんが、糖尿病の管理に役立つ食べ物とそうでもない食べ物があります。では、糖尿病の人には...

https://www.mylohas.net/2018/09/175795diabetes.html

Brittany Risher/Type 2 Diabetes: Every Important Fact to Know About Causes, Symptoms, and Treatments
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?