1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が教える、食べ過ぎ飲み過ぎをチャラにしたい日のポイント4つ

管理栄養士が教える、食べ過ぎ飲み過ぎをチャラにしたい日のポイント4つ

15,198

横山智世

カップケーキを見る女性

つい食べ過ぎた……。気づいた時には後悔と罪悪感に襲われながら、なんとか過分を帳消しにしたいと奮闘したくなるもの。

そんなときに思い出したい、「管理栄養士がすすめる、食べ過ぎた翌日のリセット方法4つ」を紹介します。

1.食事は抜かないで

キッチンで料理をする女性と野菜

食べ過ぎた日の翌日は、食事を抜いて調整をしようと考えてしまう人が多いのではないでしょうか。でも、食事を抜くという行為はダイエットの点からすると、あまりよくないそう。

食事を抜くことで筋肉や代謝が落ちてしまい、体重は減ったとしても体脂肪が増えて、結果としてリバウンドを招く可能性もあります。

(「DietPlus」より引用)

では、食べ過ぎてしまった時はどんな食事をしたらよいのでしょうか?

食べ過ぎてしまった翌日以降の食事は質素な「日常食ごはん」を心がけるのが大切です。

(「DietPlus」より引用)

食事を抜くのではなく、次からの食事の内容に気をつかうことで、食べ過ぎた体をリセットしていきましょう。

2.和食は最強のダイエットごはん

ごはんと味噌汁

ダイエット中の食事ではとくに、ごはんと味噌汁を中心とした和食はしっかりと食べた方がよいそう。

食べ過ぎたり、カロリーが気になるからと、「おかずだけ食べてお米を食べない」という選択をしまいがちですが、それは間違いなのだとか。

一番抜いてしまいがちなごはんは、脂質が低く、良質なたんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富なので、ダイエット中にはしっかりと摂る必要があります。

(「DietPlus」より引用)

また、玄米や雑穀米を上手に利用することで、カロリーを変えずに栄養素をプラスすることができます。代わりに、脂質の多いおかずの量を調整しましょう。

3.カロリーよりも“質”を重視しよう

健康的な食習慣

ダイエット中に気になるのは「カロリー」だという人も多いのではないでしょうか? でもちょっと待って。本当に気にしたいのは、「食べ物の質」なのです。

いくらカロリーが低くても、脂質やたんぱく質比率の割合が高いと、太りやすくなる一方ですよ。

(「DietPlus」より引用)

カロリーが低くても栄養バランスが悪かったり、特定のものを食べ過ぎたりしていたら健康的には痩せられません。添加物を控えたり調味料の摂取量を調整したりするためにも、できる限り、自炊を意識するのがポイントです。

4.ビタミン・ミネラルを意識して摂取する

野菜とフルーツ

普段の生活の中でも、ビタミンやミネラルは十分に摂取しづらいものだそう。お酒を飲む人も要注意。

炭水化物・脂質・たんぱく質の代謝に必須なのがビタミン・ミネラルです。ビタミン・ミネラルは、普段の食事でも不足している傾向があるうえに、アルコールを摂取したときは消費が激しいので、特に意識して摂りたい栄養素です。

(「DietPlus」より引用)

野菜や果実に多く含まれているので、意識して食事に摂り入れてみてください。

紹介した4つのポイントは、食べ過ぎてしまったときだけでなく、普段の食生活で気をつけておきたいものばかり。毎日の食事に摂り入れてみませんか?

お米は実はダイエット向きの食材です

代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第二回では、代謝アップにつながる食材...

https://www.mylohas.net/2018/12/180312metabolism_meal02.html

白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第三回では、簡単代謝アップ術をご紹介...

https://www.mylohas.net/2018/12/180712metabolism_meal03.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた