1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が教える、食べすぎ飲みすぎをチャラにしたい日のポイント4つ

管理栄養士が教える、食べすぎ飲みすぎをチャラにしたい日のポイント4つ

15,248

横山智世

カップケーキを見る女性

つい食べ過ぎた……。気づいた時には後悔と罪悪感に襲われながら、なんとか過分を帳消しにしたいと奮闘したくなるもの。

そんなときに思い出したい、「管理栄養士がすすめる、食べ過ぎた翌日のリセット方法4つ」を紹介します。

1.食事は抜かないで

キッチンで料理をする女性と野菜

食べ過ぎた日の翌日は、食事を抜いて調整をしようと考えてしまう人が多いのではないでしょうか。でも、食事を抜くという行為はダイエットの点からすると、あまりよくないそう。

食事を抜くことで筋肉や代謝が落ちてしまい、体重は減ったとしても体脂肪が増えて、結果としてリバウンドを招く可能性もあります。

(「DietPlus」より引用)

では、食べ過ぎてしまった時はどんな食事をしたらよいのでしょうか?

食べ過ぎてしまった翌日以降の食事は質素な「日常食ごはん」を心がけるのが大切です。

(「DietPlus」より引用)

食事を抜くのではなく、次からの食事の内容に気をつかうことで、食べ過ぎた体をリセットしていきましょう。

2.和食は最強のダイエットごはん

ごはんと味噌汁

ダイエット中の食事ではとくに、ごはんと味噌汁を中心とした和食はしっかりと食べた方がよいそう。

食べ過ぎたり、カロリーが気になるからと、「おかずだけ食べてお米を食べない」という選択をしまいがちですが、それは間違いなのだとか。

一番抜いてしまいがちなごはんは、脂質が低く、良質なたんぱく質・ビタミン・ミネラルが豊富なので、ダイエット中にはしっかりと摂る必要があります。

(「DietPlus」より引用)

また、玄米や雑穀米を上手に利用することで、カロリーを変えずに栄養素をプラスすることができます。代わりに、脂質の多いおかずの量を調整しましょう。

3.カロリーよりも“質”を重視しよう

健康的な食習慣

ダイエット中に気になるのは「カロリー」だという人も多いのではないでしょうか? でもちょっと待って。本当に気にしたいのは、「食べ物の質」なのです。

いくらカロリーが低くても、脂質やたんぱく質比率の割合が高いと、太りやすくなる一方ですよ。

(「DietPlus」より引用)

カロリーが低くても栄養バランスが悪かったり、特定のものを食べ過ぎたりしていたら健康的には痩せられません。添加物を控えたり調味料の摂取量を調整したりするためにも、できる限り、自炊を意識するのがポイントです。

4.ビタミン・ミネラルを意識して摂取する

野菜とフルーツ

普段の生活の中でも、ビタミンやミネラルは十分に摂取しづらいものだそう。お酒を飲む人も要注意。

炭水化物・脂質・たんぱく質の代謝に必須なのがビタミン・ミネラルです。ビタミン・ミネラルは、普段の食事でも不足している傾向があるうえに、アルコールを摂取したときは消費が激しいので、特に意識して摂りたい栄養素です。

(「DietPlus」より引用)

野菜や果実に多く含まれているので、意識して食事に摂り入れてみてください。

紹介した4つのポイントは、食べ過ぎてしまったときだけでなく、普段の食生活で気をつけておきたいものばかり。毎日の食事に摂り入れてみませんか?

お米は実はダイエット向きの食材です

代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第二回では、代謝アップにつながる食材...

https://www.mylohas.net/2018/12/180312metabolism_meal02.html

白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第三回では、簡単代謝アップ術をご紹介...

https://www.mylohas.net/2018/12/180712metabolism_meal03.html

Diet Plus

image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの